IMG_9698


ポテサラ論争、なるものが、あるらしい。

なんでも、
スーパーのお惣菜コーナーで、ポテサラを買おうとしていた、
子ども連れのお母さん。

彼女に向かって、初老の男性が、
「母親なら、ポテトサラダぐらい、作ったらどうだ」と、
言ったらしい。

おじさんの真意は、たぶん、
母親なら、愛情込めて、子どものためにポテサラを手作りすべき・・・

それに対しての論争、それを、ポテサラ論争と言うらしい。

・・・

わたしが、ポテサラを作るのは、
時間と、心に、余裕があるとき、だけ・・・

特に、心がゆったりした気分でないと、
ポテサラ作りは、ハードルが高い。

正直、作るの、めんどくさい。
そして、
せっかく作った、その割には、付け合わせのポテサラ、だ。

ポテサラは、メインには、ならない。
だから、
とんかつ、唐揚げ、豚の生姜焼き、などのメインがいる。

晩ごはんのメニューとして考えるなら、
とんかつ、なら、これにパン粉を付けて、
付け合わせのキャベツを千切りにして、
ポテサラを添える。

でも、これだけじゃ、なんか、食卓がさみしい。
ので、もう一品、豚汁、あーこれも手がかかる・・・
せめて、なすの煮たの、ほうれん草の胡麻和え、など、何かいる。

忙しいときなら、冷奴かな!? 笑

ま、一度でも、ポテサラを作ったことある人なら、
メインにならない割に、手のかかるって、わかる。

おじさん、ポテサラ、作ったことないんだろうね。
ましてや、台所に入ったことないのかも。
もしかして、おじさんの食卓のポテサラ、買ってきたのかも!?
本人が、知らないだけ、だったりして・・・笑

・・・

わたしが、ポテサラを作る理由は・・・
愛情でも、なんでも、ない。

ただ単に、ケチ、なだけ!

ポテサラの原価を考えると・・・
買うのを、躊躇してしまう・・・

スーパーの惣菜コーナー、夕方、
ポテサラの前で、うんと悩んでいる、63歳のおばさんを見かけたら、
それは、わたし、です。

1パック248円のポテサラが、高くて、高くて悩む。
ほんの5口で、食べ終わる量のポテサラ、248円に!

だから、時間と心に、余裕があるとき、ポテサラを作る。

4連休だったから、ポテサラを作った。
作ると、3回分ぐらいできて、材料費は200円ぐらい。
やっぱ、家で作ると、経済的だわ。

 ここに、愛情の「あ」の思いも込めない。
 おじさん、ポテサラと愛情は、な〜んの相関関係もないんだよ。
 手間とお金のバランスなんだよ。
 
IMG_9700


休みの日の朝ごはん。
ポテサラが、ちょっと添えられていると、いいよね。
別に、これが、買ってきたポテサラでも、いいんだよ。

ちなみに、ウインナーは、ご褒美ウインナー。
少々お高いけど、ご褒美の味がする、イェ〜イ