*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

おいしいもの

筍の季節

IMG_1999


筍の季節だ、と、あちこちのSNSで見かける。

我が家は、オットが、産直市で買ったと、
筍を一つ持ち帰った。

「なんでぇ〜、こんな忙しい時に、筍!?」と、言ってしまった。

なので、オットは、自分で筍を茹でるからと・・・と、茹で始めた。
といっても、人生初の筍茹で・・・

この鬼監督が、目を光らせ、
「あーせい、こーせい・・・」と、言う。

・・・

筍って、一旦茹でてしまうと、後は、簡単に使える。

忙しい時に〜っと、思ってしまったが、
忙しい時、こそ、筍を茹でて冷蔵庫に保存していると、便利がいい。

あ〜、まずは、何をつくるかなぁ〜〜〜?

忙しいんだけど、筍がゴロゴロ入った、中華ちまきが好き。
豚の角煮も作って、角煮と筍がゴロゴロ入れて、蒸したの、
大好き。









豆苗のクミン味

IMG_1958


先日行った、大好きな居酒屋さんのメニューのまねっこ。

鶏ムネ肉は、お酒と塩をして、チンして、細かくさく。
豆苗は、ザクザクと大きめに切って、鶏ムネ肉のボウルに入れておく。

フライパンに、太白ごま油(サラダ油でも)を入れ、
クミンシードを加え、火にかける。
いい香りがしてきたら、ボウルに入れる。ジュッと音がする。

IMG_1959


塩とブラックペッパーで味つける。
味にパンチが足りないので、顆粒コンソメを、ほんの少し加える。

IMG_1961


おー、ほとんど居酒屋さんの味!
こりゃ、簡単でいいわ。

IMG_1960


切った豆苗は、もう一度収穫する。
光の当たる場所において、毎日、水を変える。

次の豆苗は、ひょろひょろするから、こちらはお味噌汁用。

鶏ムネ肉をチンして作り置きしていたら、
もっと簡単にできる・・・じゃないか!





久しぶりのお気に入りの店

IMG_1932


イワシの炙り、塩としょうがで食べるのが、おいしい。

IMG_1933


合わせるお酒は、こちら。
キリッとした飲み口が、好み。

IMG_1931


今年初めての、筍の木の芽和え。

IMG_1934


豚と大根の煮たの。
薄味だけど、味が染み込んでいる。
上に乗っかっている、刻みネギがきれい。

IMG_1935


こちらのお店の、サッポロ黒ラベル生は、さいこー!
泡が甘い。
一人2杯ずつ飲む。

IMG_1936


豆苗とささみのクミン和え、これ、毎回頼む、大好物。

IMG_1937


砂ずりの唐揚げ、ビールがグングン進む味。

IMG_1938


葉ごぼうのごま和え。
ごま、ちゃんとすり鉢で擦っているので、味が濃厚。

一人3,000円程度(飲み物・税込)

・・・

土曜日、夕方、ウォーキングついでに、友だちの家に届け物。
その後、ぶらぶらと桜を見て回る。

近所の桜、早く咲く桜と、遅く咲く桜がある。
昨日は、遅く咲く桜を見て回る。

川沿いの遅く咲く桜の下では、お弁当を食べているカップル。
もう一つのカップルは、小さなコンロで何か焼いている。
二組、50メートル以上の距離感。安心な花見!

そんな花見を横目で見ながら・・・
予定はしてなかったが、お気に入りの店を覗いてみる。

まだ、開店してない。
尋ねると、もうすぐ開店ということで、少し待つ。

仕切りのある奥の席。
安心して飲める。

ここのお店、最近のお気に入り!

とはいえ、コロナ禍、今回が3回目。
近くだから、本当は、月2回は行きたいところだけど・・・

お店の混み具合を見ながら、お店に入るかどうか決めている。
丁寧な仕事の人気のお店なのでしょう。
なかなか空いているときは、ない・・・ 








実家の炭水化物

IMG_1892


九州の実家に行った時、うどん屋に行った。

うどん屋さんだけど、食べたのは、ちくわ天そば。
太い青ネギが、太目に切られていて、それがいい感じ。

メニューを見ると、ネギ多めってのもある。30円増し。
次は、肉そばのネギ多め、これがいいな、なんて思った。

IMG_1889


実家で食べた、握り寿司。

母が、何を作ろうか、と、パニックになるので、
握り寿司を買ってきた。

実家では、どちらかといえば、炭水化物率が高い。
のでので、体重にひびく・・・

IMG_1898


実家から帰ってきて、買い物に行ってないので、
冷蔵庫はカランカラン・・・

あるものを集めて、なんとか、かんとか、お弁当を作る。

今日は、なんとか、かんとか、どにもならない。
のでので、
買い物必須だ。



チューリップとぐるぐると器

IMG_1862


仕事で銀行に行く途中、チューリップが咲いている。
ピンクのチューリップが、たくさん。

春だね。

IMG_1857


春だから、わけぎの「ぐるぐる」を作る。

この「ぐるぐる」が、なかなか上手にできない。
昔、博多のもつ鍋屋さんで食べた「ぐるぐる」
それは、それは、見事なぐるぐる具合だった。

家なので、その辺りは、適当でいいこととする。

たこと冷酒を添えて、春の一皿。

・・・

仕事で銀行に行った帰り、いつもは通らない裏通り。
ガレージに、器やグラス類が並べてある。

「長年お世話になりました。ご自由にお持ち帰りください。」

え〜っと、思って見てみる。
レトロ感ある器が並んでいる。

ガラスのソーメン鉢とか、懐かしい〜感じ。
オバール型のお皿、あ〜、洋食屋さんみたいだ。

と、全体を何気なく見ていたら・・・

たち吉の赤絵の器がある。
カブの模様で、美しいたたずまいの、四角の器。

昨日のメニューの、タコとわけぎの「ぐるぐる」を盛り付けたら、
料亭みたいな感じになる・・・

手に取ってみる。
4枚ある。

う〜ん、いただいて帰るかな!?!?!?

と、その場で考える。少し考える。

いやいや、今、モノも器も減らしている。
それなのに、これ以上の器は、必要なのかと考える。

「お金を払ってでも、これを買うか?」と、自分に問いかける。

お金を払うなら、もう少し小さめの小鉢の方が、
使い勝手が良さそうだ・・・

その場で、うんうんと10分ほど悩んだが、
お持ち帰りは、やめた。

昼からも、うんうんと悩んだが、やはりやめておく。











記事検索
Profile

kinotable

Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ