*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

好きなこと

八角蓮

FullSizeRender


あー、忘れた。
この花の名前、すっごく変わった名前、だった。

ですが・・・
コメントで、おしえていただきました。
⭐️Gさん、 ありがとうございました。

八角蓮です!

FullSizeRender


大きな葉っぱがあって、その下に小さな花が7個咲いた。

これ、鍼灸院の先生に、正しくは、そのお父様に頂いたもの。

玄関先に咲いていた花、あまりにもかわいくて、
何度も何度も、かわいい〜〜〜ですね〜〜〜って言ったら、
一鉢分けてくださいました。

いや〜あ、かわいい〜〜〜を、少しばかりしつこく言いすぎたかも^^;

頂いたのは、去年。
花は、ほんの少しの間だったけど、葉っぱは長く楽しめた。

そして、今年の春先、芽が出てきて・・・
大事に、大事に、水やりしたら、花が咲いた!

鉢を一回り大きい鉢に替えただけで、
後は、何もしなかったんだけど、かわいい花、そして葉っぱが。

もう、花は散ったけど、葉っぱは、元気いっぱい。
しばらくは、また、葉っぱを楽しむ。


お気に入りの番組

IMG_2873


いくつかのお気に入りのテレビ番組の中で、
たぶん、今、一番好きな番組が、「チョイ住み in ○○」

世界の街に、一週間程度、住むように滞在するって番組。

滞在するのは、キッチン付きのアパート。
そこに、世代の違う二人が住む。

先日放送された、「ちょい住み in キューバ」
これ、今まで観た中で最高〜♪

☆今まで、6回放送されたけれども 2回は見逃した。。。残念。

今回は、
57歳の料理研究家・土井善治さんと、
22歳の俳優・野村周平くんのコンビ。

今までの中で、一番好きなコンビ。

キューバのアパートで、初対面の二人。
なんとなくぎこちない・・・

そこが、日を追うごとに、すごくいい感じになってきて・・・

なんだか、癒された〜〜〜

詳しくは、こちらから ←

好きだったポイントは・・・

今までは、年上の大人が、いい意味ではあるが、
上から目線の感じがした。
今回は、お互い、持ちつ持たれつ、対等な感じがいい。

土井善治さんの、大阪弁のイントネーションも心地いいし、
なんたって、きっちりしているけど、おおらかな大人余裕がいい。

そういえば、

最近出た「暮らしの手帳」の中に、土井善治さんの連載が始まった。

「汁飯香のお話」というタイトル。

毎日のご飯は、
汁(具だくさんの汁もの)・飯(ごはん)・香(お漬物)
基本、この3つがあれば、いいでしょ。というお話。

土井さんの言葉を借りれば、
「ご飯、味噌汁にお漬物、基本はこれでよろしいやん。」

なるほどなぁ・・・

少しばかり、今までのご飯に対する心構え、違っていたかも。。。

でも、土井さん、キューバでは、いろいろガッツリ作っていた。
そうかっ! 
キューバは、非日常だから、だったからかな?

それにしても、キューバの豚肉、おいしそうだった。。。

やっぱ、わたしは、汁飯香+何かほしいなぁ・・・



グリーンと本と

IMG_1816


ランチコーナーに、ちっちゃなグリーンを置いた。
だんだんとお気に入りのコーナーになっていく。

ひとりのお昼ごはん、家から本を数冊持ってきた。

「トヨタの片づけ」は、だいぶ前に買った本。
お片づけの本の中では、ベスト3に入る本。

わたしのいる会社は、トヨタなどとは比べられないぐらいの、
零細よりも小さな会社。

しかし、参考になることは、いっぱいある。

昼休み、ふんふんとうなずきながら読んだ。
昼から、30分だけ、お片づけをしよう〜っと!

眺めて、使って

P1100978


夏は、ガラスがきれい。

ガラスは、光を通すから、それが涼しく感じる。

P1100980


手作りのステンドグラスのトレイ、
ここにガラスの箸置きを入れている。

小さなガラスのリスは、昔,息子が買ったもの。
それも、ここに入れている。

同じトレイ、少しサイズの小さめのがある。

P1100983


こちらには、小さなカードが入っている。

P1100984


孫のみぃ〜ちゃんがくれた、「おてつだいけん」
まだ、数枚残っている。

何に使うかな〜〜〜

トレイも、おてつだいけんも、お誕生日にいただいたもの。
眺めて楽しんで、使って楽しむ。
ちょっとうれしい、お誕生日プレゼント。

・・・

雨続きの週、と、思っていたら・・・

昨日は、期待してなかった晴れの一日。

朝から、家中の洗濯をした。
シーツも洗濯して、クッションカバーも洗濯して、
あ〜、ありがたい。

梅干しの土用干しは、まだ無理だけど、
とりあえずの、洗濯物は、全部終了した。

洗濯、今の時代のことだから、乾燥機もある、浴室乾燥もある。
でも。
やっぱり、青空の下で乾かすのが、一番好き。



年中定価が好き

IMG_0861


お釜でひとつひとつ炊き上げるごはん。
おいしかった〜〜〜!

でも、量が多すぎる。

次は、絶対にジップロックの入れ物持参で行くっ!
って、次行くときは、忘れるんだろうなぁ。。。

・・・

先日、パルコに行った。

パルコが目的地ではなくて、カット&カラーに行くため、
一番近いパーキングがパルコだから,駐車のため。

えらく人が多い・・・と思ったら、バーゲン初日だった。
知らなかった。

カットの帰り、パルコの中の「大日本市」に行った。
ここで、靴下とふきんを買うために。
残念ながら、ここはバーゲンはやってない。

まあ、ある意味、年中同じ値段だから、
必要なときに、必要なものを、必要な量買える、という、
安心感がある。

年中定価って、いいなぁ〜〜〜って思うのは、わたしだけ!?

・・・

バーゲンを横目で見ながら、
バーゲンって、そんなにお得なのかな〜?と考える。

例えば、定価1000円のもの。
バーゲンで半額になったとする。500円だよね。

☆計算できないから、消費税は考えない(苦笑)

例えば、100個の商品があるとして、
6割は定価で売れて、6万円。
4割りはバーゲンで、2万円。
合計8万円。

もしも、もしも、これが、
全部定価で売れたとしたら、800円の定価でもいいことになる。

つまり、定価で買ったお客さんは、
バーゲン分の「損失」を200円分請け負っていることになる。

なんて、考えは、おかしいのか!?

お惣菜コーナーのお惣菜だって、全部売れるわけではない。
パン屋のパンだって、全部売れるわけではない。

だから、だから、その損失分を定価に上乗せしているはず。

そう考えたら・・・

例えば、ホテル代だって、何だって、そう、全てのものは、
損失分を考えて、儲からない時期を考えて、
その分を、売れるときの値段に転嫁してるってこと!?

いやあ、経済の仕組みがわからないから、この辺り?だけど、
どうなのかな?

だからって、
定価で買うよりも,バーゲンで買った方がいいということでもない、
と、わたしは思うが・・・

必要なときに、必要なものを、必要な量買うのが、
一番いいような気がするけど、
どうなのかな・・・

☆パルコ、心がゆらゆら揺れるものも見えたけど・・・
 バーゲンに寄らずに帰った。

☆今欲しいものリスト
 素足ではけるサンダル
 ちゃんとした夏パンツ






Profile
Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ