*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

あちこち(国内)

熊本ショッピングモール

IMG_3562


カフェでランチを頂くこと・・・ほとんど、ありません。

普段は、お弁当。
ランチを食べるなら、和風定食。
または、お蕎麦やおうどん。たまには、中華もいい。

昨日は、オットの仕事で熊本へ。
オットの仕事中、
わたしは、熊本の郊外にあるショッピングモールに行った。

ランチ、昨日は、お腹が和食って雰囲気ではなくて、
めったに行かないカフェ、それも、パイのカフェに行った。

IMG_3560


薄いパイ地の上にジェノバソース。
トマトと鶏肉が乗っかっているパイ。
それに、少しのサラダ。紅茶はアッサムをチョイス。

期待よりも、うんと美味しかった。

ショッピングモールは、春休みのためか、
平日なのに大勢のお客さん。

でも、カフェは、家族連れには難しいのか!?
ほとんどの人は、フードコートへ行ったようです。
だから、このカフェは、ガラガラ。

・・・

仕事をしていると、いやいや、仕事をしてないときから、
いわゆるウインドショッピングは、まずしない。

しかし、昨日は、時間がゆっくりあったので、
まずは、スポーツ店で、ヨガで着る半そでTシャツを買った。

買ってしまったなぁ〜と思わないように・・・笑
しっかりと試着しました! 

特に襟ぐりの大きさをチェック。
開き過ぎず、つまり過ぎない襟のラインを見極める。

その後、まだ、時間がたっぷりあったので、
「ユニパト」へ。

「ユニパト」って、最近知った言葉。
ユニ〇ロをパトロールする、ユニ〇ロにある商品チェックのこと。

久しぶりのユニ〇ロでした。

ちょっと気になるTシャツがあったので、こちらも試着。
買ってしまったなぁ〜と思わないように・・・苦笑

もちろん襟ぐりのチェックは怠らない。
数枚試着して、1着買うことにした。

レジに持っていくと、1,620円という。
思ったよりも値段高め・・・

まだ、時間があったので、ふらふらとあちこち。
ショッピングモールには、比較的値段のお安い、
いわゆるプチプラのお店がいっぱい。

つい、つい、ふら〜っと買ってしまいそうになる。
が、
買ってしまったなぁ〜と思わないように、慎重に!

試着まではしなかったけれども、
鏡の前で、顔に当ててみたりしたもの数点。

その中で、ちょっと迷ったものもある。

8,000円ぐらいの春ものソフトな感じのコートジャケット。
ひざ丈、色も形もいい感じ。

ではでは、何回着るかなぁ〜と考える。

3月の残り、4月いっぱいが限度かな・・・
15回ぐらい着るかな〜ぁ。1回は576円かぁ・・・ 
がんばって着て20回だと432円。いや、20回はないね。

☆一回当たりの値段は、今、計算機でちゃんと計算。
 店頭では、適当な計算。それでも判断基準になる。

秋には、きっと着ない。がんばって着ても3回。
来春にも、きっと着ない。たぶん、気持ちが変わる。

となると、買うには、高すぎる。

最近、買ってしまったなぁ〜シリーズを書くことにより、
いろいろ考えるようになった。


温泉 サイコー

FullSizeRender


先週、木曜日の夕方から、オットの仕事で宮崎へと。
広島から運転して5時間、
午後9時に宮崎県延岡のビジネスホテル着。

金曜日、オットは日向の東郷で仕事。
わたしは、例のだご汁屋さんに行く。

金曜日の夜は、小林にある「神の郷」という温泉へ。
ここの温泉、九州の中では、我が家のベストスリーに入る。

今回は、離れのログハウス、露天ぶろ付きのお部屋。
大人二人ゆっくり入れるサイズの温泉。

FullSizeRender


24時間、源泉かけ流しの露天風呂。

FullSizeRender


冬だから、利用はしなかったけれども、こんなデッキも付いている。
結構広めのデッキ。
子どもがいたら、喜びそう〜

季節のいい時だったら、温泉上がりにビールを飲んでもいいかも。

FullSizeRender


晩ごはんは、バイキング。
好きなものを好きなだけいただける。

↑左から時計回りに、
ほうれん草と野菜のお浸し・白菜の煮もの・鳥刺し
季節の野菜のてんぷら・春巻き・鶏南蛮

オットと二人分を取ってきて、少しずついただく。

他にも、おでん・豚しゃぶ(自分でしゃぶしゃぶする)
筑前煮・野菜のグラタンなどなど、
地元野菜を使った料理がたくさん並ぶ。

1650円で、地元の芋焼酎の五合瓶を頼み、
ロックやお湯割りで楽しむ。残りは持ち帰り。

おしゃれで豪華な食事とは違うが、
お野菜中心のなかなかの品ぞろえに、
オットもわたしも大満足。

露天風呂付離れ一泊二食付き、一人9000円程度。
旅行サイトのポイントがあったから、今回はもっとお安く泊まれた。

値段も庶民的だし、お風呂はサイコー!だし、
お料理も良心的。

あ〜、近くだったら、3カ月に一回ぐらい行きたいなぁ〜〜〜

宮崎県小林 神の郷  





だご汁

FullSizeRender


宮崎県日向市東郷にある、「だご汁」のお店に電話する。

「今日、お店、開いてますか?」

電話の返事は、

「今、お店に向かっていて、
12時半過ぎにはお店に着きます。」

開店時間は、11時のはずだけど・・・

このお店、まず、人が行かないような場所にある。

それに、電話をしたのは、先週の金曜日。
南国宮崎の日向というのに、遠くの山には雪雲がかかっている。

場所も場所なら、天候も天候。
だから、冬場は開いてないかもと思い電話。

1時過ぎ、お店に着く。

人懐っこい店主さんが迎えてくれる。
お客さんは、わたし一人。

だご汁を注文する。

FullSizeRender


だご汁にサイドメニュー、全部、店主さんの手作り。

ちょうど陽が差してきて、縁側の席に座る。
だご汁と同時に、店主さんも縁側にやってきて、
いろいろお話をする。

お店、というよりも、親せきのおばちゃんの家に来たみたい!?

あまりにも人通りもなく、辺鄙な場所だから、
思わず聞いてみる。

「お客さん、来るんですか?」と。

なんでも、12月は、2組のみ・・・
1月は、わたしが最初のお客さんみたい・・・

え〜、それでもお店やっていけるんですか・・・と聞きたかったが、
さすがに、聞かなかった。。。 聞けなかった。。。

この景色が好きで、そう、窓から見える景色が好きで、
この家を買ったという。

せっかくだからと、だご汁屋さんを開店。
でも、お客さんは、めったに来ない、というお店。

「それでも、わたし、自由にやろうと思って。
 お客さんに合わせるのは、もうやめたの・・・」と言われる。

ふぅ〜ん、いろんなやり方、生き方があるんだね。

そろそろ帰ろうとすると・・・

「ねぇ、フキノトウ取りに行かない!?」とのお誘いが。

え〜っ、フキノトウ!?

FullSizeRender


そう言うと、さっさと用意をし始めた。

外に出ると車に乗り、わたしの後に付いてきてと言う。
わたしも、車に乗り、後を走る。

すぐ近くの家の敷地。
なんでも、この村の歴史のある人の、もと家らしい・・・

鎌を渡されて、フキノトウを取れと言う、けど・・・
生まれて初めてのフキノトウ取り、
どこにフキノトウがあるのか、見当もつかない。

こんなところだよと、教えてもらいながらも、
10個ばかり収穫。

季節的に、まだ早かったみたいだね・・・と言われた。

この家の入口には、この家の、いわれの看板が立っている。
なんでも、この人が頼んで作ったらしい。

せっかくの歴史のある場所だから、説明が欲しいと思って。
これ作るのに6万5千円かかったの。

それでね、春になるとフキがいっぱいできるから、
それで、フキの佃煮を山ほど作って売ったの。
6万5千円分売ったんだよ〜と。

まあ、何とも、不思議な人でした。

「坪谷の貫太郎」というだご汁屋。
もし、行かれるときは、必ず電話連絡してから・・・^^





お気に入りの沿線

IMG_3220


年末、だけど、またまた九州。

夜は、カウンター席8席ぐらいの小さな餃子屋さんに行く。
これは、水餃子。

IMG_3219


ぷりっぷり!

つるんつるんとお腹に落ちていく〜〜〜笑

IMG_3218


ここは焼き餃子がメイン。
一人前、20個。

皮はご主人さんの手作り。
奥さんが具を入れ包む。

ここのメニューは、いさぎよい。

餃子   600円
ビール  500円
焼酎   100円
コーラ  100円

これだけ。

焼き餃子2人前、水餃子1人前、ビール2本。
合計2800円。

広島にあったら、たぶん、週一ぐらいで行きたい。

大分県日田市にある「一品香」 保証付きの旨さ!

・・・

日田からの帰り、大分県の中津にあるラーメン店、
ここもまた、おすすめのお店。

クリスマスだったから!? 焼豚ラーメンとチャンポンを頼む。
1350円。

ここも、広島にあったら、週一来たいお店。

他の人が食べている、炒飯がおいしそう。
中華丼もおいしそう。

でも、ラーメンとチャンポンも外せないし・・・
炒飯までは、なかなかいきつかない。

こちら、大分県中津市にある「宝来軒」
いくつかの支店があるみたい。

本店がおいしいらしいが、われわれは通り道にある吉富店に行く。

・・・

日田と中津を結ぶ道路沿いにある、温泉にお気に入りがある。

なかまの湯、なんでも地元の人が共同出資して作ったらしい。
6回券で1500円。

とろとろのお湯。

pHが日本でも何番目かぐらいに高いらしい。
だから、とろとろ〜のお湯。

地元の人のお風呂だから、しゃれっ気はない。
でも、今、一番のお気に入りの温泉。

・・・

なかまの湯の斜め前にある、から揚げ屋さん「とり福」

ここも、お気に入りのお店。
100グラム130円で買えちゃう。

・・・

日田と中津を結ぶ国道。
ゆ〜ったりした沿線に、お気に入りのお店数件。
いずれも庶民的なところが、よりお気に入りの理由。

あ〜、また、行きたい〜です。





すべり台

IMG_3171


先日行った、折り鶴タワー、
下りは、エレベーターか、または、徒歩。

そして、もう一つの選択がある。

すべり台〜♪♪♪

すべり台、大好き〜っ!

見るとすべりたくなる。
ただし、普通の公園のすべり台は、お尻が入るか微妙^^;

折り鶴タワーのすべり台は、避難用のすべり台。
何かがあった時、すべり台で避難できるらしい。

IMG_3169


これが、けっこうな急!

するっ〜ん、するっ〜ん、って見事に滑るの〜〜〜

もう、おもしろくて、おもしろくて、たまんないっ。

FullSizeRender


サトちゃんやリーガを見ながら、する〜んと滑る。

折り鶴タワー、一日に3回行ったけど、
その3回とも、すべり台を滑って降りた。

あ〜、楽しかった〜〜〜^^

すばらしい見晴らし

FullSizeRender


先週の日曜日、折り鶴タワーに行った。
↑写真真ん中の最上階

IMG_3143


高さにして13階。
登ることもできるけど、13階だから、エレベーターで直行。

IMG_3148


エレベーターは12階に到着。
階段を1つ上がると・・・

IMG_3157


こ〜んな景色が現れる。

FullSizeRender


他の角度ではこんな感じ。

IMG_3154


原爆ドームが真下に見える。

IMG_3155


左手遠くに見える山、あれは、宮島。
世界遺産2つを同時に見ることが出来る。

IMG_3160


反対側にある、旧市民球場では、消防の演習が。
はしご車が高い。同じくらいの目線だから、13階ぐらい!?
一番上、高くて風で揺れそう・・・

ちょうど、放水したところ。
瞬間だけど、消防放水の虹が見えた。

IMG_3164


オットが携帯で写真を撮っている。
天気がよくて、遠くまで見える。

IMG_3165


原爆資料館もきれいに見える。

IMG_3167


広電の電車もよく見える。

・・・

間違いなく言える。
ここの眺めは、すばらしい!
お天気がよければ、サイコー!

季節ごとに来たいところ。
でも、そう、簡単には来られない・・・

入場券、大人一人1700円!

たまたま、オットは招待券を持っていた。
だから、わたし一人分だけの入場券を買った。

二人分だと3400円は、ちょっと(かなり)ツライ。。。

一度券を買うと、その日は何回でも入場できる。

だから、3回行った。(元を取らなくちゃ・・・笑)

夕暮れ時も素敵だった。
それは、また、次に。


ピッピの冒険旅行

FullSizeRender


先週末、土日月と仕事で九州へ。

二日目の夜は、実家に泊まる。
母の電話では、もつ鍋を用意しているという。
うれし〜期待〜

夕方6時、実家に着く寸前に携帯が鳴る。
母から、買い忘れたものを買ってきてコールかな?
と思う。

電話は、横浜の息子から。

「今から、すぐ来て!」とのこと・・・ え〜っ!

九州ですもの・・・
調べてみても、その日に着く新幹線はなし・・・

次の日一番の新幹線に飛び乗る。
九州からだから、5時間程度かかって横浜に着く。

息子一家、風邪でダウン。
子どもたちがもらってきた風邪がうつったみたい・・・

行くそうそう、息子の車を借りてドラッグストアへと行く。
消毒液とか、マスクとか、うがい薬とか、使い捨てペーパーなど、
いろいろ買う。

まずは、部屋中の消毒。
あちこちを消毒液で拭いて回る。

部屋の中には、山ほどの洗濯物の山。
洗って乾いているけど、たたんでないもの・・・

そして、洗濯機の近くには、山ほどの洗濯物が・・・
とにかく、洗う、たたむ、干す、洗う、たたむ、干す・・・

その間に、おかゆを炊いたり、うどんを作ったり。

一番ひどかったお嫁さんが少し元気になったので、
水曜日の夕方、全部の洗濯物を取り込み、たたみ、
食べられそうなおかずを、数品作り込み、新幹線に飛び乗る。

月曜日から水曜日、2泊3日の強行日程・・・疲れたぁ。。。

・・・

上のお兄ちゃん、ピッピは、一番元気。
元気が余り過ぎて、家では退屈気味。

かといって、病み上がりだし、それに少し寒かったから、
お外遊びもちょっと心配。

とりあえず、そのあたりを散歩しようと、家を出る。

2歳8か月のピッピは、大の電車好き!
電車を見ると興奮する。

ではではと、電車に乗ってみた。
まずは、駅で切符を買う。
切符が自販機から出るのが楽しくてしょうがない。

その切符を、自動改札に入れるのが、これまた楽しい。

☆パパやママは、suicaで乗るから、たぶん切符は買わない。
 わたしは、急なことだから、suicaを持ってこなかった。

快速は人が多いから、乗るのは各駅停車の電車。
目的地などないから、切符の値段ぶん乗るだけ。

電車では、靴を脱いでお外を見ている。
電車とすれ違うと、電車ー!っと大声。

横浜辺りは、電車だらけ・・・
だから、しょっちゅう電車ー!って叫ばないといけない。

横浜にいた間、東神奈川と町田の間を、数回に分けてあちこちした。

ピッピとばばの小さな冒険旅行なのでした!




雨の九州

IMG_3057


先週末の九州行、雨、雨、雨。

ちょっとうっとおしかったけれども・・・
旅館のお庭に木々が雨に濡れてきれいでした。

仕事で、熊本から小国というところに移動します。
ミルクロードという阿蘇山の外輪山のふちを走ります。

普段はのんびりとした道路です。
周りには牧場があり、牛たちが草を食んでいます。

雨でしたが、牛たちは普段通りです。
が、一部、濃い霧で、ヘッドライトを点灯しても、
前の車のライトがやっと見えるぐらいです。

今回、その道路、かなりの交通量になっています。
熊本の地震で、一部の国道が通れなくなり、
こちらが迂回路として使われているようです。

たまにドライブがてらに通るには、素敵な道です。
が、一般道として通行するには、少し大変な道です。
ここを通らなければいけない人、物流の人は大変でしょう。

国道の復旧が一日も早く望まれるところです。




耶馬渓の景色

IMG_3007


週末は、仕事がらみで九州へ。

帰り道、ガソリンスタンドに寄ったら、
あれ〜、前は、すごい景色!

FullSizeRender


写真をアップすると・・・

わかりにくいかもしれないけれども、
ここは、耶馬渓の青の同門。

人力で作ったトンネルがある。

菊池寛の「恩讐の彼方に」って本で有名だけど。
わたしが小学生のころは、確か、教科書に載っていたような気がする。
もちろん、子どもが読める、うんと簡単バージョンだけど。

数年前行ったけれども、すごいところでした。
その様子は、こちらから






鉄輪とびっくりする話し

IMG_2782


この前行った、別府鉄輪温泉。

晩ごはんの後、お腹いっぱいで、夜のひとり散歩。
地面から、湯気がもうもうと立っている・・・
その上に立つと、暑い、暑い、暑い。

IMG_2783


いで湯の坂あたりをぐるぐると。

IMG_2791


あちこちから、温泉が湧き出ている。

FullSizeRender


地獄釜かな!?
誰でも使っていいのかしら?

蒸し芋でも作ったら、おいしいだろうなぁ・・・
今の季節だったら、トウモロコシ、枝豆もいいかな・・・

IMG_2784


とにかく、あちこち、もくもくと温泉。

IMG_2805


次の日の旅館の朝ごはん。

見た目、じみぃ〜だけど、美味しかった。
旅館というよりも、ちゃんとしたお家ごはんって感じ。

いい旅館でした。

・・・

7月1日、わたしの独り立ち記念日、「わたしの独立記念日」
この日を祝って!? かどうかは?だけど・・・

6月の終わりごろ、オットが九州の温泉に行こうって言った。
6月の終わりから7月のはじめ、仕事のことで少しばかり忙しかったから、
旅館を予約するのを躊躇していた。

7月1日の金曜日の朝、オットに聞いた。
この週末、本当に九州に行ける?って。
答えは、イエス!

7月1日金曜日、午後、会社の仕事がひと段落着いたとき、
別府の小さな旅館をネットで予約した。

すると・・・

10分も立たないうちに、旅館の女将さんから電話があった。

その内容は・・・驚きのものだった。

7月1日から、九州復興割り引きが使えます。
うちの旅館のネット予約では、その割引が使えません。

だから、まず、うちの旅館のネット予約を取り消してください。

そして、大手旅行予約会社から、予約してください。
トップページの九州復興割りから入って、予約してください。

急がないと、数に限りがあるから・・・急いでね、と女将さん。

え〜っ、そんな話し、なんとなく聞いたことあるようなないような。
でも、わたしとは関係ない話しだと思っていて・・・慌てる。

女将さんの言われたとおりにした、結果・・・
うんと安くお泊りができた。

もう、びっくり!

宿についたとき、女将さんに、お礼を言った。

女将さんの話しによると・・・
復興割り引きがある話し、予約が入るたびに電話したらしい。

中には・・・
ネットが使えないから、わからないから・・・
安くならなくてもいいというお返事もあったという。

わたしたちは、安くなって、正直うれしかったけれども、
でも、なんだか、腑に落ちない話しでもある。

今、九州の高速道路が安くなる。
でも、これも、ネットで予約する必要がある。
パソコンかスマホ予約が。

これも、使える人と、使えない人、いるよね・・・

どうして、一律に安くできないのかな・・・?

わたしとしては、中途半端に気持ち、わるい・・・

IMG_2803


今回、いろいろお世話になったのは、こちらの旅館。
小さな地味な旅館でしたが、くつろげました。

次、
冬、それも、うんと寒〜い時に行けたらと思う。

こじんまりした宿の豪華食

IMG_2779


今回の宿は、こじんまりした宿。

孫のお宮参りや何かで、懐がさみしいので・・・
お財布に負担があまりかからないようにと、
お手軽なお値段のお宿。

のつもりだったが・・・

お値段の割には、立派なおご馳走でした。
お刺身は、2種類も出て、食べきれないぐらいの量。

IMG_2780


温泉のお湯パワーで蒸しあげた、地獄蒸し。

残念だけど、お腹がいっぱいで・・・
やっとこさ、サザエとサツマイモをいただいた。

お芋が、甘い〜〜〜

IMG_2781


ステーキは、もう無理でした。。。

オットが、なんと2枚食べました。すごいっ!

食後、おなかがぱんぱんで・・・
そのあたりをお散歩。

オットを誘ったけど、オットは、動けない・・・と。
夜の鉄輪散歩、楽しかったです。


鉄輪温泉

IMG_2775


わたしの独立記念日祝いなのか・・・

オットが、九州の温泉に行こうって言った。
バタバタ予約して行ったのは、こちら↓

IMG_2777


東九州道が開通したから、別府まで近くなった。
その別府でも、一番定番な温泉、鉄輪(かんなわ)温泉。

IMG_2774


お湯掛け聖人だったかしら!?

自分の痛いところに(治療したいところ)お湯をかける。
わたしは、肩と手と背中にお湯をかけた。

オットは、頭にかけていた。
頭を治療したいのかな・・・?

お気に入りフレンチ

IMG_2676


岐阜から、ひとり運転。
静岡に着いたのは、1時前。

以前、長男が静岡に住んでいたから、
静岡は、少しばかり、土地勘がある。

早速、車を駐車して、お気に入りのフレンチレストランへ行く。

夜は予約必須のお店だが、ランチの予約はとってない。
つまり、行って席があれば入れる。

1時ごろだったためか、席がある。やったー!

IMG_2672


前菜、トマト味のキッシュがおいしい。
これは、さっそくまねっこで作ってみたい。

下にひいてあるソースは、ロマネスコのソース。
上品でおいしい。

ここの料理は、野菜が素晴らしい。

IMG_2675


メインは、お魚にした。

ラビコットソースの上にムニエルしたスズキ。
魚の焼き具合が、どんぴしゃの素晴らしさ。
ラビコットソースのさっぱりした味に、よく合う。

付け合わせのラタトゥイユも、野菜がいいのか、おいしい。

・・・

静岡の息子のところに長男が生まれたとき、手伝いに行った。

その時、このレストランに、夜3回来た。
2回はひとりで。1回はオットとともに。

その3回、そして、今回のランチ。
どれも、素晴らしいお料理だった。

なんでも、本店は、富士宮にあるらしい・・・
あ〜、行ってみたい。

レストランビオス 富士宮






湯河原の宿

FullSizeRender


湯河原の宿。

長男一家とゆっくりしました。
が、写真がほとんどない・・・

夕食、熱く熱した石が来た。
この上で、お肉を焼いて食べる。
☆これだけは、面白くて写真を撮った・・・

今話題の湯河原。
我々の泊まったのは、相模湾が見渡せる高台の宿。
伊豆半島も見えた。

話題の知事さんの別荘は、内陸の湯河原温泉中心地に近いらしい。

今回の宿は、温泉街から離れて静かな場所。

部屋には、小さな露天風呂が付いていたから、
息子たち一家は、何回も入っていた。

お料理も部屋出しをお願いした。
おかげさまで、ゆっくりできました。

午前11時のチェックアウト。
息子たちは、横浜へと。
我々は、広島へと。

夜9時30分、無事広島へと着く。


静岡への道

FullSizeRender


静岡のお気に入りの店。
ビールのヨコタ。

ここのオーナーは、カープファン。
だから、カープの試合が観られます。

静岡に行った日は、黒田投手が投げた日。
お寿司屋さんに行った帰り、ビールのヨコタでビールを飲みつつ、
オットは、テレビにかじりついていた。

・・・って、静岡だから、他のお客さんは興味ないみたい(苦笑)

・・・

静岡へは、車で行った。

木曜日、広島の次男が、車で岐阜に、仕事で行った。
帰り、岐阜羽島の新幹線駅に車を置き、新幹線で広島に帰った。

金曜日の朝から、わたしは岐阜羽島へと新幹線で向かう。
駅で、車をピックアップして、ひとり静岡へと運転する。

名古屋を通り抜け、東名を走り静岡へと。
途中のジャンクションは少しばかり緊張したけれど・・・
ナビがしっかりと案内してくれる。

休み休みの2時間50分のひとりドライブ。
無事、静岡に着いた。

あ〜、よかった。

オットは、仕事を済ませ、新幹線で静岡に来た。

☆次男やオットは、仕事で時々岐阜に行く。
 その時、車で行ってもらって、車を岐阜羽島に置いてもらって・・・
 その車を利用して、あちこち行くっていう旅パターンもありかな!?
 

富士宮の宮参り

FullSizeRender


静岡のお気に入りにお店、なるかわ。
清水港が近いからか、こちらは、やっぱりマグロ中心。

・・・

横浜の息子のところに次男が生まれて、
先週末、宮参りをするということで、富士宮に行った。

なぜ富士宮かというと・・・

長男の宮参りを静岡の浅間神社でしたので、
次男の宮参りは富士宮の浅間神社にしようという、ことで。

現地10時待ち合わせだったけれども、
息子たちが、事故渋滞に巻き込まれ、来るのが遅れるという。

IMG_2696


ぼーっと神社で待つのもねぇ・・・

10キロ先にある、「白糸の滝」に行った。
思ったよりも、ずっとすごい。

IMG_2687


6月は、月に数度しか見えないと聞いていた富士山。

見えました。ラッキー!

無事、宮参りも済みました。

バタバタしていたため、宮参りの写真を忘れた・・・
息子がカメラで撮っていたから、送ってもらうことにしよう。

その後、お寿司屋さんでランチ。
こちらも、マグロ、マグロ、マグロ中心。
ネタがでかいっ!

4貫食べて、おなかがいっぱい!

その後、湯河原の温泉へと行く。
久しぶりに、長男一家と温泉に浸かり、ゆっくりする。

夕暮れの素敵な美術館

IMG_2538


連休に行ったところ。
素敵だったから、ブログにアップ。

島根県立美術館
宍道湖湖畔に建つ美術館。

もう、その建物自身が、芸術品。

ここで、ポーラ美術館所蔵の美術展があった。
モネ・マティス・シャガールなど、印象派の作品中心。

所蔵として、若冲も一点あるし、浮世絵もある。
なかなか楽しめる美術館。

FullSizeRender


ここは、夕暮れ時がいいらしい。
美術館湖畔に日が沈むらしい。

この日は、まだ、夕暮れ前。
オットがスマホで写真を撮っている・・・

夕暮れ、ということは・・・泊りで来たい。

松江城も、最近国宝になってすごく人気みたい。

次は、松江にお泊りして、ゆっくりと松江を散策してみたい。

尾道と向島

IMG_2567


昨日は、仕事をかねての尾道方面へ。

休日はなるべく一般道を走るようにしている。
平日、仕事の時は、時間が大切だから高速利用だが、
休日の時は、急がないので一般道。

道の駅で、こごみを見つける。
さっとゆでて和えただけ。

久しぶりの瓶ビールとともに、春をいただく。

春だけど・・・ 栗の箸置き(苦笑)
これは、昨日、向島の雑貨屋さんで見つけたもの。

FullSizeRender


お友達に教えてもらった雑貨屋さん。

しまなみ海道がブームなのか、たくさんの人。
ランチもここでいただくつもりだったけど、
満杯の人、人、人。

雑貨店のほうは、それなりのお値段のもののためか、
人は、ちらほら。

オットが、買ってほしいものがあるという。
なんと、しゃもじ・・・

我が家にも、しゃもじはあるんだけどなぁ・・・

「でも、カエデの木のしゃもじはないでしょ。」と言う。

確かに、我が家のは桜の木のしゃもじ。
それで用は足りているんだけど・・・

30分のみなとみらい

IMG_2515


横浜のイメージは、海、ランドマーク、ベイブリッジ。。。

息子が住んでいるのは、新横浜。
思っているような横浜のイメージは、まったくない。

広島に帰る前日、みんながお昼寝したので、
ひとりドライブに出かけた。

15分も車を走らせると、赤煉瓦倉庫。
なんでも、みなとみらい、というらしい・・・

IMG_2512


以前来たときは、こんな観覧車、あったかなぁ・・・
ランドマークに上った記憶はあるけど。

IMG_2516


そういえば、こんなホテル、見たことあるような。

赤煉瓦倉庫のお店をちょっとだけ見る。
おしゃれだねぇ・・・

着心地のよさそうななんでもないTシャツ。
ふだんに履いたらいいような、つっかけサンダル。
キッチンで使いたいティータオル(皿ふきん)

どれもこれも素敵すぎる。

が、お値段が、びっくりするお値段。
わたしの感覚の約3倍のお値段。

さすがだわ・・・

夕方が迫っていたので、さっさと帰ることにする。
30分の駐車料金、500円なり・・・こちらもいい値段。

帰りは、桜木町、神奈川県警などの前を通って帰る。

また、ゆっくり来たいと思いつつも・・・
ふところがゆったりしてないとだめだわね・・・と思う。

若冲展

IMG_2526


生ビールです。

東京です。

どこで飲んでも、ビールは、うまいっ!

特に、今日はうまいっ!!!

IMG_2525


横浜に行った帰り、東京へと行った。
新横浜から、新幹線でわずかの18分。近いっ!

どうしても行きたかった、「伊藤若冲展」へ。

東京駅から山手線に乗って上野まで。
近いっと思ったが・・・

着くと、平日2時過ぎなのに、50分待ち。
まあ、東京だもんなぁ〜、しょうがないかと待つ。

やっと待って会場に入ったはいいが・・・
デパートの初売り状態以上の人混み。
絵を観るなんて状態ではない。

人の頭越しに、その向こうのガラス越しに若冲を観る。
絵は見えるが、鑑賞するって感じではない。

すべてを観ろうなんて考えは捨てた。
人が少なそうなところだけの絵をじっくり観た。

出口の売店、レジは、なんと1時間待ち。
それでも並んでいる人々を見て、
東京の人って、忍耐強いと思った・・・

外に出て、冷たいものでも飲みたかったが・・・
上野の森のスタバには、またまたの行列。

↑カフェがあったので入った。
こちらは3人待ち。
おまけに、スタバにはない、生ビールもある。

IMG_2527


やっとありついた生ビールを飲みつつ、
カフェのテラスで、ほっとする。

遠くには、スカイツリーがぼーっと見える。
あれに上るにも行列だろうなぁ・・・と、ため息。

東京駅近くの丸ビルでもふらっとして新幹線に乗る予定だったが、
もう、へとへと・・・

ビールを飲みつつ、スマホで新幹線の予約、30分後に変更。

上野から駆け足で東京駅の新幹線乗り場へ。
お土産も何も買う暇もない。

それでも、
ホームで、お弁当とお茶と、もう一本の缶ビールを買った。

そこに新幹線が滑り込んできた。

席について、ビールを飲んで、はぁ、やれやれ・・・





花びら餅

FullSizeRender


熊本、人吉のお気に入りの旅館、2度目です。

今回は、一月ということで、お正月を意識したお膳でした。
↑お吸い物は、花びら餅をイメージしたものでした。

餅の部分は大根です。
ごぼうの部分は、大根と人参。
中の味噌餡は、しんじょでした。

今回もお料理、器ともども、素晴らしかったです。

・・・

オットの仕事を手伝い始めてから、家の生活まで一変した。
どこからどこまでが、会社なのか、家なのか・・・

ときどき、心から疲れたぁ・・・と思うときがある。

夕飯の時も、話題は仕事の話が断然多くなってきた。
ほとんど「業務連絡」をしている状態・・・

以前、晩ごはんで、どんな話をしていたんだろう!?と思う。

少なくとも、「業務連絡」の話はしていないはずだけど・・・

オットが、今回、ぜひとも人吉の旅館に行こうと言った。
毎日、毎日、オットのほうも、「業務連絡」に疲れていたのかも。




黒酢と桜島

IMG_2216 - コピー


宮崎、オットが都城で仕事の間、さて、どこに行くか?

思い切って、桜島を見に行こうと思った。
一般道の田舎道を1時間ばかり走る。

途中思いついて、黒酢を買いに行こうとネット検索。
あたったのがここ。
黒酢の瓶がいっぱい並ぶ向こうには、桜島。

IMG_2229


観光バスが多く入るようなお店を想像していたけれども・・・
ちょっとスタイリッシュなお店。

IMG_2218


レストランも併設されていたので、ランチを頼む。

FullSizeRender - コピー


シェフおすすめのメニュー。
どれにも黒酢が使われているという。

テーブルには黒酢が用意されていたので、
それをどぼどぼかけていただく。

黒酢がいい感じ!

IMG_2226


デザートは、黒酢のゼリーにアイスクリーム。

IMG_2228


カスタード入りの揚げ春巻き!?のようなもの。

帰りにお店に寄る。
黒酢使いの商品がいっぱいだけど・・・
黒酢だけを買う。

IMG_2230


おなかがいっぱいになったところで、少しドライブ。
桜島の頂上付近は、雪で少し白い。

帰り、また、一般道を走る。
時間が余ったので、本屋によって本を買う。
それを読んでいたら、オットから電話。

なかなか楽しい、ドライブだった!

宮崎の一押し

仕事で宮崎に行った。
ビジネスホテルにチェックインして、
さて、晩ごはんはどこに行くかと思案する。

老舗らしい酒屋があったので、そこで焼酎を買う。
そして、美味しいお店情報を聞く。

いいお店を紹介してくれたんだけど・・・
あいにく、3件中2件は予約でいっぱい。

もう一軒のお店は、外から見た感じ、空席がいっぱいある。
けど、う〜ん、好きになれない感じ・・・

店先に、○祭の空瓶がいっぱい並んでいる。
うちの店は、日本酒のセレクトがいいですよ〜って・・・
そんな雰囲気が、ちょっと気に障る。。。
(勝手な思い込みかもしれないけど・・・)

困ったなぁ・・・と思った。

オットが、大通りに面した大きな寿司屋に行こうって言う。
なんだか、こちらも好きになれない感じ。

そこで、路地中を歩く。
そこに小さな寿司屋を発見。
すると、そこの店から、お兄さんが煙草を吸いに出てきた。

「すみませ〜ん、このお店美味しいですか?」と聞く。

そのお兄さん曰く、初めて来るお店だからわかんない・・・
で、地元の人かどうかと、わたしたちに聞く。

いえいえ、広島からきて、おいしいお店を探しているんですと答える。

ではではと、故郷がいいですよ〜。トリオもいいですよ〜と。
でも、一押しは、故郷です〜!

場所は、うんとわかりにくいです・・・が・・・
わたしのスマホを操作してお店を見つけてくれる。
地図アプリまで出してくれた^^

ありがとう〜♪と、お礼を言ってお店を目指す。

途中電話をすると、カウンターで2名分席が空いているという。
やっと探して店に入る。

厨房も併せて6畳くらいの可愛いらしいサイズのお店。

カウンターはぎゅうぎゅう詰めでやっとこさの4人。
座るところもおしくらまんじゅう状態でやっとこさの6人。

カウンターには、威勢のいい、体格のいいお兄ちゃんが二人。
お兄ちゃんとくっつきそうになりながら、座る(笑)
こんばんは!と、挨拶する。

お店を一押しててくれたお兄ちゃん、直々のおすすめのメニューを頼む。

お刺身・おでん・鶏南蛮の三つ。

隣のお兄ちゃんが、地元の人!?って聞く。
違うと答えると・・・

いやいや、このお店のおすすめ3品をす〜っと頼んだけど、
言葉が宮崎じゃないみたいだし・・・と。

道で出会った人に、ここのお店を紹介してもらったんですよ、と説明。

お店の人も、いったい誰がこのお店を紹介したのかしら?と疑問顔。

そして、さすがの一押しのお店!
お刺身がおいしい。おでんも薄味の正直な味。鶏南蛮もグー!

隣のお兄ちゃん二人、そしてお店のご夫婦と話しながら、
いいお店に来たなぁ〜と思う。

このお店、なんでも・・・

以前、五郎丸さんたちラグビーチームが来たと言う。
へぇ〜なんでぇ・・・?

で、五郎丸さんは、カウンターに座ったらしい。
記念写真も見せてもらった。

大きな人たち、よくこのお店に入ったわね・・・

威勢のいいお兄ちゃんたちに、焼酎をおごってもらって、
楽しい話もいっぱいした。

あ〜、宮崎、サイコー!!!

☆お会計、二人でビール飲んで冷酒飲んで、焼酎はおごってもらったけど、
 おなかいっぱい、二人で6,000円ぽっきり!

☆以下、おまけ・・・↓








FullSizeRender

九州の餃子

IMG_2083


ちょっと前、九州で食べた餃子。
これが、すっごくおいしかった〜〜〜

おじちゃんとおばちゃんが二人でやっているお店。
メニューは、餃子のみ。焼き、または、水餃子。

飲み物は、瓶ビール。
それに、焼酎とコーラだけ。

ごはんもないっ!

皮をくるっと伸ばして、具を詰めて焼く。
その手際のいいこといいこと。

この店でお隣に座った人から、いろいろ教えてもらった。

他のお客さんが水餃子を頼んだ時、
「水餃子、頼むなら、今だよ」とタイミングを教えてもらった。

焼き餃子は、ぱりっぱりっ!
水餃子は、トゥルトゥル〜っ!

ここは、また行くと思う。

問題は・・・
カウンターだけの席で、それも10人も座れるかなぁ〜!?
前回は、少し遅めの時間だったから、座れたけど・・・

持ち帰りもできるらしいので、次は、持ち帰りかな・・・

仕事で地方に行っておいしいものにあたると、ラッキー!
もちろん、はずれ、大はずれもあるけどね。


理想の朝ごはん

IMG_2057


旅館の朝ごはん、洋食と和食があれば、和食をチョイスする。
パンがすごくおいしそうなところでは、洋食の時もあるけど。

ちゃんとした出しのお味噌汁だと、すごくうれしい。

いんげんの胡麻和え、いんげんの茹で加減がいい。
少しシャキッとしているのが好き。

ブロッコリー、酢味噌和えだった。
これは、お家に帰ってから、すぐにまねっこ。

☆酢味噌は、自家製を作っておくと便利。
 昨晩は、白ネギの青いところを茹でて酢味噌和え。
 和えるだけでいいので、楽ちん^^

IMG_2059


納豆に、刻んだオクラとニラが入っていた。
どちらも、さっと茹でて刻んだもの。

納豆には、ネギ! と思っていたけれども、
違うものでおいしい、と、新たなる発見!

家に半分残った春菊がある。
あれをさっとゆでて、納豆で和えるかな!?

IMG_2058


自家製の柚子胡椒(左)と柿酢は、オプションで。
柿酢、あれこれにかけて食べた。
やっぱり、うまい。

IMG_2060


自家製のヨーグルトも付いてきた。

リンゴは、自家製で煮たもの。
皮付きを刻んで、シャキシャキした触感を残した煮方。

う〜ん、参考になるぅ・・・

家では、紅玉をやわやわなペースト状にするんだけど、
こんな風に、シャキシャキのもいい感じ。
クラッカーにも合いそう。

IMG_2061


飲み物は、紅茶をチョイス。

カップが好き〜

紅茶は、聞かなかったけれども、和紅茶かな・・・?
九州に行くと、時々見かける和紅茶。
ストレートでも、ミルクティーでもいい。

朝から、おいしい朝ご飯を食べると、元気が出る。

・・・

最近、ほんの少しばかり、ほんの少しだけど・・・
晩ごはんを、腹8.5〜9分目にしている。

腹7分とか、腹八分とかいうけど・・・
どうも、そのあたりでは止まらなくて・・・

中途半端だと思うけれども、
おなか一杯食べることだけは、少し控えている。
少しだけどねぇ・・・苦笑

すると、朝から、おなかがすく、おなかがすく。

起き抜けに、おなかがグーグーなることもあって、
そんなときは、朝ご飯前に、温め牛乳を飲む。
これで少しお腹を落ち着かせて、お弁当と朝ご飯の用意。

昔、若いころは、お腹ぱんぱんに食べるのが幸せ〜〜〜だった、
けど・・・

今は、お腹ぱんぱんに食べると、苦しくて苦しくて。
反省するころは、もう遅い・・・

まあ、今でも、週一でお腹ぱんぱんになることもあるけど、
以前よりは、うんと少なくなった。

歳をとったということでしょうか。



大人な旅館

P1120145


器とお料理の素敵な旅館。
内装も、かなり凝っています。

材木を輪切りにしての「飛び石」ならぬ「飛び木」!?

P1120138


カッシーナの椅子とかもさりげなく置いてあります。
このライトも、有名なライトです。

ライトと言えば、受け付けの木の一枚板のカウンター、
ここにあるライトは、ポール・ヘニングセン。おしゃれ〜〜〜

P1120146


一つ一つが絵になります。

部屋の中の時計ひとつとっても、そつがない・・・
すべてのものに、ポリシーを感じます。

P1120134


障子の建具も、すんばらしい・・・

もう、言うことなしです。

・・・

以前、山口の阿知須にある、デザイナーズ旅館と言われるところ、
ここに泊まったことがあります。

ロビーのデザインとか、部屋のデザインとか、素敵なんですけど・・・

へっ!?っていうところに、信じられないものが置いてあって、
全体コーディネートの点から、「おしい!」を通り越して、
残念以上の、これがデザイナーズ旅館!?との疑問あり。

人吉の旅館、こちらは、気配りの行き届いた、
「大人の旅館」だと言ってもいいでしょう。

久住の思い出

P1120227


11月に入ってのこと。
いつものように、オットの仕事で九州。

ふら〜っとドライブに行ったら、道に迷った。
迷ったついでにどんどん走ったら、景色のいい場所に。

こちら側には、阿蘇が一面に。
反対側には、久住が。

誰〜もいなかった。が、お馬さんがいた。
餌が100円で売っていたので、餌をあげた。

P1120230


もう少し走ると、より綺麗に、阿蘇が見えた。
この写真じゃわかりにくいけど・・・

P1120234


反対側には、久住がより近くに見える。
すご〜い景色。

ここも、誰もいない・・・

P1120233


久住は、右から2番目の山だった。

昔、昔、そのむかし・・・
高校3年の時、学校の行事で久住に登った。
2泊3日のキャンプだった。

忘れもしない、赤川キャンプ場。

一つのテントに10人ぐらいの人数で寝た。

わたしは、高校3年の時に転校した。
そのテントには、仲のいい友達もいなくて・・・
テントでは、端っこに寝た。

その当時のテントは、帆布で出来たようなテント。
二晩とも、夜、雨が降った。
雨は、テントの布を通して、滲み出てくる。

端っこの隅側から、雨が漏れてくる。
それが身体を濡らし、寝られない二晩だった。

そして、久住への山登りは辛かった・・・
もくもくと登った記憶が。

そんな中、ほとんど話したことがないクラスメートが、
レモンを半分差し出してくれた。

レモン!?と思ったけれども、それをかじると元気が出た。

酸味がよかったのか、その気持ちが嬉しかったのか、
よく覚えてないけれども、半分のレモンは記憶にしっかりと残っている。

お風呂にも入れなく、夜は寒くて濡れて・・・

あれが、アウトドアが大っ嫌いになった、きっかけだったのかも。

今、久住さんを見上げ、登ったんだなぁ〜って・・・

そこに山があっても、
もう二度と登りたくない・・・

山は、下から眺めるのが好き^^





今、ほしいもの

IMG_2030


先日の宿。

日本酒を頼んだら、こんなにオシャレ!
猪口がいいなぁ〜〜〜〜〜(写真じゃ、よくわかんないけど^^;)

いいお猪口で飲むお酒は、よりおいしい。

我が家のお猪口は、ちょっと情けないかも・・・

IMG_2039


焼酎を頼んだから、こんな素敵なグラスに!

ぽってりとしたグラス。
大きすぎるぐらいのサイズだけど・・・

大きめの氷を入れて、焼酎の水割り。

家じゃ、こんなに大きな氷ができないから、
もう少し小さなサイズのグラスで十分。

・・・

我が家のグラス類は、ちょっと悲しいかも・・・
何せ、ビールのグラスは、モルツのおまけグラスだから(苦笑)

でも、このグラス、ビールがおいしくいただけるの。
だから、疑問も持たずに使ってきたけど・・・

いい酒器でのお酒、あこがれる。
欲しいなぁ〜〜〜

・・・

欲しいといえば・・・こちらは、もっと切実に欲しいもの。

日曜日、やっと衣替えをした。
普段使いの棚には、まだ、夏物があって・・・

クローゼットの奥から、セーターを一枚、また一枚と、
引きずり出しながら、日々過ごしていたんだけど・・・

やっとやっと、片づけた。

最近は、以前にもまして、服を買わないから、
本当に少なくなってきた。

でも、それでも、どうにかなる。

でもでも、ボトムパンツは買わないと、ちょっと厳しいかも。

今、本当にほしいボトムは・・・

昔、昔、そのむかし、自分で作っていたジョッパーズパンツ。
おなかの周りはぶかぶかたっぷり、裾は細くなっているタイプ。

今の仕事は、座り仕事だから、きついパンツはいや。
そして、外の掃除もあるから、裾の長くて太いのもだめ。

だから、一番の理想は、昔のジョッパーズパンツ。

あ〜、一日頑張ったら、たぶん縫い上げると思うけど・・・
その一日が、ちょっとない。

でもでも、ほしい、昔のジョッパーズパンツ。



裏見の滝

P1120215


九州、小国〜黒川辺りは、仕事でよく行くところ。
その近くに、こんな素敵な滝があること、
知らなかった・・・

P1120195


「おーいお茶」のCMで有名になった、鍋が滝。
こんなところにあるとは、本当に知らなかった・・・

P1120203


「裏見の滝」といって、滝の裏側に回って見ることだできる。

P1120204


滝の真後ろから見たところ。

P1120212


個人的には、真後ろからよりも、やや後ろの方が好き。

P1120210


滝の表側から見たところ。

P1120218


秋、少しばかりの紅葉も。

季節により、雨量により、水量が変わり、
滝の表情も変わるらしい。

仕事の旅だけど、ほんのちょっとだけの楽しみを見つける。
それが、今の楽しみ。

階段の下は温泉

P1120148


先日泊まった宿のお風呂。

フロント前のから、見たところ。

階段を少し降りて、中断が脱衣所。
そこから、また、少し階段を下りてお風呂。

P1120149


ここがお風呂。

小さな旅館だから、お風呂も小さいけれども、
木をふんだんに使った、気持ちのいいお風呂。

露天風呂ではないけれども、窓を開け離しているから、
準・露天風呂のような気分がする。

実は、こちらは男性浴場。
この左手が、女性浴場。

変に作り込んでない、あっさりとした作りのお風呂だけど、
すごく落ち着く温泉。

立ち寄り湯もできるみたい。


Profile
Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ