*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

パリ

英語飛び交う教室

2004年イギリス・フランス0162_1











↑写真は、パリのお料理教室。

ふとしたことで見つけた、お料理教室。
1日でも参加できる、お料理教室。

思い切って、メールをしてみた・・・カタコト英語で。
フランス語は全くダメだったから・・・

メールのお返事は英語。
なんでも、先生は英語が話せるということ。
レシピはフランス語で書いてあるけど、
英語でも説明してあげるから、いらっしゃい、というメール。

まあ、どうにかなるだろう、ってお料理教室に参加した。

先生の英語は!?・・・ そりゃないだろう・・・っていう程度^^;

その時のわたしのフランス語も、
ウィ(はい)ノン(いいえ)ボンジュール(こんにちは)
メルシー(ありがとう)シルヴプレ(すみません・・・)
これだけ^^;

参加者の中に日本人の若いお嬢様がいた。
彼女、少しフランス語ができるみたい。
って、日本語で話しかけると、露骨にいやな顔をする。。。

あ〜あ〜、おフランスに来たんだもの。
おフランスの雰囲気を大切にしたいのね。
わたしみたいなのが日本語で話しかけると、イヤなのね。

と、妙に納得して、日本語で話しかけないようにした・・・というか、
その日は、帰るまで、そばにも寄らないようにしたし、
一言も話しかけなかった・・・

裏の方で、下準備をしていたアシスタントの人、
あれ〜っ、日本人じゃない!?
彼女、やっぱりここのアシスタント。
でも、忙し過ぎて、いろいろ聞けそうにない・・・

もう一人、フランス語のわからない人がいた。

この人アメリカ人。日本で英語の先生をしているという。
カタコトの日本語で、わたしに話しかけてくる。
って、本当にカタコトで、日本語がほとんどわからない^^;

わたしの英語の方が、ちょい「まし」程度だったので、
彼女とは英語で話す。
でも、フランス語は、どうにもならないな〜、って困っていたら・・・

フランス人の男性参加者、チョイ悪オヤジ風のパリジャンおっさん、
彼が、英語で助け船を出してくれた。
レシピや作り方などなど、英語で説明してくれる。

やれやれ、パリジャンおっさんの説明で、
英語の先生とわたしはなんとかついて行く。

その日は、イタリア人の人もいて、
教室は、フランス語、イタリア語、英語が飛び交い、
もう、インターナショナル〜というよりも、ぐちゃぐちゃ状態。

そのうち、日本人のアシスタントの人、
この人は、ロンドンに5年ほど住んでいたそうで、英語が堪能、
彼女も英語で話し始めた。

イタリア人の人も、めちゃくちゃイタリアンな英語で参入。
というか、英語単語の羅列・・・
でも、すごく存在感のある英語!

イタリアンイングリッシュと、フレンチイングリッシュと、
ジャパニーズイングリッシュと、アメリカンイングリッシュと、
不思議な英語が飛び交う。

そのうち・・・
ドイツの人、スイスの人、この人たちも英語で参入。

そのみんなの英語・・・
まあ、このわたしが言うのもなんだけど、へたくっぴな英語。
でも、しゃべる、しゃべる・・・

わからない単語だけ、自国語を入れるから、
みんな、そこらをお互い突っ込みながら、大笑いしながら、
しゃべりまくる。

お料理は、この日は、ぜひぜひ作ってみたかったスフレ。
↑写真は、スフレの材料を、スフレ型に入れているところ。

不思議な英語が飛び交う中、スフレも無事にできた。
テーブルクロスをひいて、お料理を並べて、ワインを抜いて、
みんなで乾杯。

食事中も、摩訶不思議!?英語で盛り上がる。

あ〜あ〜ごめんね、おフランスの雰囲気を楽しみたかった彼女。
全くおフランスの、その雰囲気なかったね・・・
最後まで、ふくれっ面の彼女でした・・・


☆本日のレッスン!
 英語なんて、単語の羅列で十分コミュニケーションできるんだ!
 ジャパニーズイングリッシュなんて、かなりいい方だ!
 イタリアンイングリッシュなんて、わかんないもん・・・笑

 このお料理教室、数回参加した。
 海外からの参加者の方が多いということが判明。
 だから、いつも、最後は不思議英語が飛び交うことになった。
 
 日本人のアシスタントの人、手際がよかった〜。
 そして、包丁使い、彼女とわたしが断トツで上手だった。
 サラダに入れるにんじんの千切りを包丁で切ったら、
 一同「ビューティフル!」(すばらしい)と。
 ほかのみんなの切ったにんじん、割りばしみたいに太かった・・・
 
 











再び

フランス語












昨年ちょっと始めていたフランス語、
引越しやら何やらで、秋から冬にかけてお休みしました。

今年の春、重い腰を上げて、再び挑戦。

もう一度始めからやり直すつもりで、日仏協会へと行った。
ところが、
同じこと始めからやるなんて、もったいないでしょう。
頑張って前のクラスに入ってくださいね。

なんて、なんて、言いくるめられて(失礼!)
前いたクラスに入りなおしました。

ところが、このクラス、当たり前だけど、当たり前だけど、
私がいない間、進んでいました。それも、かなり。。。
レッスン8までしか私は勉強していないのに、
今回はレッスン17からです。

先日は、第二回目。
もう、過去形に入っています。
現在形もよくわかんないのに、過去形です。

これはもうかなりの勉強をしないと追いつきません。

やるしかない! それも、独学で!

頑張らなければ、頑張らなければ、くやし〜。

次にパリに行くときは、メニューぐらい読めるぐらいになりたい。
カフェで、注文できるぐらいにはなりたい。
できれば、資材やさんで、いろいろな布地など相談しながら買いたい。

must、shouldでは、勉強は楽しくない。

wantの世界で頑張ろう。

お気に入りの文庫本

パリの美術館











本、がんばって、がんばって整理しています。
単行本、絶対に捨てられなかった一冊、それが、

「パリと七つの美術館」 星野知子著です。

女優以外にも多方面で活躍の彼女、
彼女のパリのマイナーな美術館案内です。
ご自分で撮られたカラー写真も載っていて、
パリではこの本を片手に、いくつかの美術館に行きました。

ピカソ、クリュニュー、マルモッタン、モロー美術館は、
前回までのパリ行きで回りました。

モロー美術館なんて、もう、迷って迷って、ようやく到着。
だれもいない美術館を一人でゆっくり堪能。

次は、残りの美術館、
ドラクロワ、サルヴァドール・ダリ、ブルーデル美術館、
これに行ってみたい。

だから、この本だけは、唯一残った単行本です。

はじめました

a9875ac8.JPG








昨日から、フランス語の教室に通い始めました。

大学4年のときに、1年間勉強したフランス語、
卒業後一年しか経っていないのに、
ほとんど忘れている・・・

まあ、身についてなかったということでしょう。

日仏学院のフランス語会話気箸いΕラス。
先生はフランス人で、授業は全てフランス語。
日本語ができない「ふり」をしているけど、
私の目はごまかせない。
日本語能力は「かなりあり」と見て取ったなり。

「話せない振りしてっさー、本当はすんごく日本語うまいんでしょ〜!」

これを、フランス語で、ぱっと、さらっと言えるようになりたい。

さて、ABCのアルファべからスタート。
来週のレッスンまでは、アルファべを完全マスターしたい。
台所に、アルファベ表を貼って覚えよう。

フランス語全くわからなくって悔しい思いをしたパリ。
次に行くときは、せめてメニューでも読めるようにしておこう。
ちなみに、menuは、ムニュって感じに読んだような???

パリのおいしい

4f865306.JPG














昨日、パリ在住の方のブログのページを発見。
おいしいものの報告をパリから発信されています。

パリ、おいしいもの、いいなあ。

ブログのURLは
ただいま、許可を得ています。

11月2日、
許可をいただきました。
リンクでも紹介していますが、
「食べ物中心。パリ生活。」です。

http://farafel.cocolog-nifty.com/escargot/


写真は、パリ、ベルヴィル公園からの眺め
右の遠くに、エッフェル塔がかすかに見えています。
Profile
Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ