*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

そのほか

72回目の朝

暑い夏が、8月が、原爆の日が近づくと思い出す話しです。

以前、このブログに書いたことです。
原爆の日の朝、広島から、同じ内容をお伝えします。

・・・

爆心地近くの原爆ドーム、
原爆前は、「産業奨励館」というモダンな建物でした。

そして、この付近、原爆前は、広島市一番の繁華街でした。
多くの人が住んでいました。

Sさんも、ここで生まれここで育ちました。

戦争中、まだ小学生だったSさん、学童疎開で田舎へと疎開しました。
8月6日、広島で何か大変なことが起こったという噂が届きました。

そして、終戦へと。

終戦になり、学童疎開していた子どもたちのところへと、
親が子供を迎えに来ました。
ひとり来て、ふたり来て、次々と子どもたちは親元へ帰りました。

Sさん、広島からの迎えの人が話すのを聞きました。
とにかく、普通じゃない大変な爆弾が落ちたということ。

8月の終わりになっても、Sさんは誰も迎えに来ませんでした。

そして、9月になって秋風が吹くころ、Sさんは子ども心に悟りました。
家族みんなが、あの爆弾で亡くなったんだということを・・・

わずか10歳の少年でした。

9月も半ば過ぎ、Sさんに迎えが来ました。
遠い親戚の人だったそうです。

う〜んと遠い昔の話しだけれども、
8月が終わって、ちょっと涼しい風の吹く9月の初めになると、
あの時の思いが、今でも、胸に迫ってくると。

ひとりになったんだ・・・と。

Sさんの話しぶりは、不思議なことに、怒りを伴わない話しです。
淡々と切なかった思いを静かに話されます。

10歳の男の子、ギャングエイジの男の子、いたずら盛りの男の子、
どんなにつらかったでしょうか。

また、その子を置いて一瞬のうちに亡くなった、ご両親、
どんな思いを残したのでしょうか。

8月6日が来ると、毎年思い出す話です。

ストレッチおじさん

IMG_4127


我が家のテレビ前。

ヨガマットは、たいていひきっぱなし。
すぐに、ごろんとストレッチができるように。

右の薄紫のは、ベルト。
身体の固いわたしは、これを足先に引っ掛けてのストレッチ。
ぐぅ〜んと引っ張って気持ちがいい。

白いのは、ウェーブリング。
これは、お尻の下にひいたりして、ゴロゴロ。
または、背骨を挟んでゴリゴリ。

黄色のボールは、空気が抜け気味のボール。
お尻の下に引いて、足を上げたり下げたりの、
こちらは、軽い腹筋運動。

まー、たいていの場合は、テレビを観つつの、
簡単なストレッチで、真剣にはしない。
むしろ、それがいいと思っている。

・・・

どこにもいるもんだなぁ〜って思う。

ストレッチおじさん!

以前行っていたフィットネスクラブに一人いた、ストレッチおじさん。
そして、今行っているフィットネスクラブにもいる、ストレッチおじさん。

二人は、ぜんぜんの別人なんだけど、共通点が多い。

まずは、すごく身体が柔らかいの。
それが、自慢で、自慢で、自慢なの、たぶん。

わたしがいつ行っても、ストレッチマットの上で、ストレッチ。
すごぉ〜く曲がるんだよ〜って、全開のストレッチ。

身体の固いわたしから見れば、もー、超ーうらやましい限り。

だが、そんなそぶりは、ひと固まりも、一粒たりとも、見せない。

なぜなら・・・

ストレッチおじさんは、ストレッチの指導をしたくてしたくて、
うずうずしているから、なのだ。

前フィットネスクラブでは、こちらが頼みもしないのに、
わたしを勝手に指導し始めた。

その時は、ていねいに、そして、きっぱりとお断りした。
わたしは、わたしのスタンスで、ペースでやりたいのだ。

今のストレッチおじさんは、人の身体を押すから、質が悪い。

この前、ひとり、おばちゃんが餌食となっていた。
今のところ、わたしは、「ノーサンキュー」オーラを全開しているからか、
まだ、関わってこない。

それにしても、わたしが1時間ほどのフィットネスクラブ滞在時間中、
ず〜っとストレッチしてる。

あれだけ体が柔らかいんだから、ストレッチの必要はそれ以上はないと思う。
それよか、筋トレでもしたら、いいんじゃないっ!?





長靴

FullSizeRender


久しぶりのレインブーツ。

ヨガの先生が履いているのが素敵で、聞くと、クロックス。
へぇ〜、あのサンダルのクロックスの長靴!?

先生の長靴を履かせてもらった。
サイズと、フィット感がわかったから、
ネットで買うことにした。

検索すると、色により値段が違う・・・
茶が一番安かった・・・人気がないのかな?

なので、茶を選んだ! とても素敵な色!
3,000円から、それなりのおつりがくるぐらいの値段。

先日の雨の日、ヨガに行くのに履いて行った。
一体型成型なのか・・・よくわからないけど、
雨が全然しみ込んでこないから、安心して水たまりも歩ける。

軽いし、快適だし、安いし・・・これは、いい!

ちなみに、サイズは、
普段は23センチ、冬のブーツとかは23,5センチ、
これは、余裕の24センチを買った。
少々ぶかぶかだけど、する〜っと履けて、いい感じ。

・・・

60年前の昨日、わたしは生まれた。
生まれたのは、大分県の日田市。

今、大雨が降って大変なことになっている。

わたしが生まれる前、
日田で、大水害が起きたと、母が話していた。
調べると、昭和28年の水害だ。64年前のこと。

あの頃に比べると、護岸は整備され、ダムもでき、
水害に関する環境はだいぶ変わってはいるはずだが・・・

しかし、降り続く雨には、人間の手は、及ばない。

わたしを生んで育ててくれた街、
少しばかりの義援金を送ろうと思う。

日田、うきは、南小国、などなど、
オットの仕事でよく行く場所。
山と川の多い、風光明媚な場所で、大好きな場所。

ですが、その山、川が、大変なことになっているようです。
これ以上の被害が出ないことを祈ります。






花の「ちから」

FullSizeRender


事務所でずっと座って仕事をするのは、正直辛い・・・

それに、整体の先生によると、
30分に一回は、立った方がいいらしい。

立って特別なことをしなくても、立って、机の周りを歩く、
それだけでも、ず〜っと座り続けているよりいいらしい。

もちろん、簡単なストレッチとかした方がもっといいんだろうけど。

事務所では、一日に一回は、銀行に行くようにしている。
3つの用事、3日に分けてでも、毎日銀行。

無駄な時間の使い方のような気もするけど・・・
気分転換と、運動とをかねて、わたしのわがままとしてやってる。

銀行への道すがら、今は、いろいろなお花が咲いている。
あちこちの花から、さあ、がんばるぞ〜との「ちから」を頂いている。

FullSizeRender


このバラはすごい。
5メートルぐらいのフェンスいっぱい、ピンクのバラ。
中心はピンクで、外の方は淡いクリーム色。

今、一番のお気に入りの場所。

全体の写真を撮りたいけど・・・
お家が特定されても、迷惑!?と思って、あえての部分写真。

FullSizeRender


これは、学校の塀の外。
こちらは、裏側なんだけど、お花がいっぱい。
表側は、こちら以上にお花がいっぱい。

・・・

事務所の隣は公園。

公園の角っこのところ、草がぼーぼーに生えていた。

道路沿いだから、ついついって感じなんだろうけど、
缶やペットボトル、ファストフードの食べた後のゴミなどなど、
捨てていく人がいて、ゴミの山。

ゴミを片づけ、片づけても、また、次の日はゴミ・・・

1年以上その繰り返し。
冬の間は、雑草が少なくなるので、ゴミの隠し場所がなくなるのか!?
ゴミを捨てる人が少なくなった。

う〜んと考える。

ゴミって、隠す場所があるから、捨てたくなるのかな・・・?
ではでは、隠す場所をなくせばいいのかな・・・?

春、雑草が生えないうちに、去年の枯草を処分。
その一角に草がないように、草を抜いた、抜いた、抜いた。
少しずつ、少しずつ、1週間以上かかった。

そして、連休後、花の苗を植えた。
一番上の写真の花と同じ種類。
色は、白にオレンジにピンクにと、目立つ色を選んだ。

すると・・・

最近、ゴミを捨てる人がいない。
皆無とは言えないが、激減。

やったねっ! 花の「ちから」だねっ!

今、朝からの水やりが、結構大変・・・
でも、花が根付いてしっかりしたら、たぶん、毎日じゃなくても大丈夫。

近所の人が声をかけてくれた。

「きれいになりましたね。」と。

見てくれている人もいるんだね。
水やり、もう少し、がんばらなくちゃ、ねっ!




日常へと

FullSizeRender


連休が終わった。
日常生活に戻る。

いつものように、近所の路地を歩いて銀行へ。
少し錆の出た門、その脇を歩く。

・・・

今回の連休は、倉庫の片づけ、お掃除はしたけれども、
家のことは、超簡単なお風呂掃除と、常備菜を作る程度。
これっと言って、何もしなかった。

まあ、こういう連休もあっていいのかなと思う。




Profile
Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ