*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

そのほか

メイドの手帖を読んで

IMG_0159


「メイドの手帖」 ステファニー・ランド 著

 最低賃金でトイレを掃除し「書くこと」で自らを救った
 シングルマザーの物語

・・・

ステファニーは、シングルマザー、メイドをして生計を立てている。
家族とはギクシャクしていて、心安らぐ頼りになる人がいない。
やっとのことで、ホームレスシェルターを出たとしても、
不安定な住居に住み、心安らぐことがない。

メイドの仕事は、誰にも見えない。
大抵の場合、掃除をする家の住人がいない間に、掃除をするからだ。
誰かに気付いてもらうことも、声をかけてもらうこともない。

そんな孤独なステファニー、常に誰かの愛を求めている。
しかし、彼女が満たされる場所はない。

そんな中、彼女は、いつか小説家になりたいという夢を追う。
コツコツと一人勉強をし、大学へ行く道を探る。

・・・

本の最後に解説がある。

日本人の解説者がアメリカに移住したとき、
カルチャーショックを受けたのが「掃除」に対する感覚の違い。
家で自らトイレを掃除していたのを、幼稚園の娘の友達に見られる。

そこで言われたのは、
「あなたの家は、貧乏なの?」
「お母さんがトイレ掃除をしているけど、
 それは、クリーニングレディー(掃除婦)がやることだよ」

日本人の解説者は、
自分のトイレの掃除を他の人にさせるなんて、失礼!と思うし、
自分でやった方が気楽だと、自分でトイレ掃除をする。

アメリカでは、周りを見回しても、
掃除婦を雇ってない家は、ほとんどいない。
「経済的に成功した女は自分でトイレ掃除をするべきでない」
という考えが、あるのだ。

日本の「トイレの神様」なんて歌・・・わかんないだろう・・・

トイレには、女神様がいて、トイレをピカピカにしたら、
べっぴんさんに、なるんやで〜♪

日本では、どのくらいの人が、メイドを雇っているんだろうか?

わたしは、もちろん、自分の家のトイレも、事務所のトイレも、
何の疑問もなく、わたしが掃除をする。

仕事で、事務所周りの掃除、アパートの階段の掃除もする。
事務所周りの草抜きもする。
公園の葉っぱの掃除もする。

アメリカの人から見たら、わたしは掃除婦だと思われるだろう。
そして、
お茶には呼ばれない(お茶に呼ばれる資格がない)かも、しれない。

その辺り、アメリカに住んだことがないから、全くわからない。

・・・

ホテルに泊まったら、なるべくきれいにして部屋を出る。
ゴミは、紙ゴミ・プラスチック・資源ごみと分別して・・・苦笑
タオル類は、全部、バスタブのところに置いて、
お風呂も、さ〜っと流して・・・
テレビのリモコンなど、あった所に戻す。
ベッドや布団も、それなりに片付けて。

以前、外国で、チェックアウトした部屋を掃除しているのを見た。
その、部屋の汚さに、びっくりした。
ゴミや食べたもの、缶などが、そこらへんに、投げ散らしていた。

いやだな、と、思う。

掃除をしてくれる人のことを思うと、いやだなと思う。
この辺りの考えが、根本的に違うのだろうなと思う。

「メイドの手帖」
決して読みやすい本ではないと思うが、
アメリカに行く予定、住む予定のある人は、読んでみるのも、ありかも。









守るべきところと大丈夫なことろ

IMG_9218


↑ う〜んと前の夏に行った、椎葉山荘、いいところだった。

「どこか行きたいなぁ〜」と、オットがぽつり。

GO TO トラベル、などと、言われても・・・
ど〜なんかねぇ・・・

感染者数は、どんどん増えるし、
お盆の帰省も控えるようにと言う、地方自治体の長もいるし、
でも、GO TO なんだよね・・・

国のお偉い人は、その辺りどう考えているんだろうか?
本音の部分が、見えてこない。。。

庶民代表みたいな、この、わたしは、

「どこまでが守るべきところで、どこからが大丈夫なのか」

正直、サッパリ・・・   わ・か・ら・ん!

暑さで、頭も働かんし、いや、働いてもわからん、ね。

それでも、ちょいと下心のある、わたしは、
旅行サイトを覗いてみた。

GO TO の割引できる、割引率の高いのは、もうなかった・・・
って、それって、みんな早々と申し込んだの!?

行きたいのは山々だけど・・・大丈夫かな・・・ビビリ、

でもぉ〜

5万円のが半額になるって、いいよね・・・欲の塊

でもぉ〜

やっぱり、怖い。

でもぉ〜

やっぱり、安い、お得、行きたい!

なんて、ぐじゅぐじゅしている内に、GO TO クーポン!?
なくなってしまった

自分で決められない、ビビリのわたしは、ある意味ほっとしている。
(しかし、ある意味、出遅れた自分に腹を立てている)

なんだかなぁ〜、なんだかなぁ〜、なんだかなぁ〜〜〜










ご褒美の餃子

IMG_9627


餃子の王将には、大阪王将っていうのがあるって、
知らなかった・・・

その大阪王将の冷凍餃子の大袋をいただいた。
大袋だったので、我が家で食べる分 ↑
それだけ取り分け、あとは、息子一家へ。

うんと昔、餃子の王将の店舗に行ったけど、
今回いただいた冷凍のを焼いた方が、おいしい!

・・・

事務所併設のアパート、そこの住人のおばちゃんが来た。
台所の天井の電気が、チカチカしている〜って。
急いで様子を見に行く。

これは、サークラインが寿命かな!?と思った。
確か、事務所に1本、あったはず・・・

事務所に帰ると、1本あった。
ので、それを持っていって、交換する。
天井の長〜いサークラインだから、交換は少し大変。。。

しばらく奮闘して、やっとこさ、交換終了。

おばちゃんは、70代後半ぐらいかな!?
天井のサークラインを付け替えるのは、
ちょっと無理かな、と思ったので、こちらでやった。

ご褒美に、オレンジアイスキャンデーを1本もらった。
ありがとう〜って、事務所に帰った。

しばらくすると・・・

次は、大阪王将の餃子の大袋を持参。
「え〜っ、こんなものは、もらえないよ〜」って言うと・・・

「嫌い!? 餃子、嫌い!?」って聞くから、

「大、大、大〜好き〜ぃ!」と、正直に答えた。

「そんなら、もらっときなさい。」と、おばちゃん。

そんな訳で、大阪餃子の王将の、冷凍餃子が、我が家の食卓へ。

ごちそうさまでした!








ショックです

8b452572-s


大好きな旅館、人吉の旅館です。

人吉は、仕事で何回も行きました。
その内、宿泊したのは、記憶にあるもので、5回

ゲストハウス、歴史旅館、そして、この↑ 大人な旅館、
どこも、楽しい思い出があります。

・・・

球磨川の氾濫、ショックでした。

まだまだ、雨が降り続くと、天気予報では言っています。
これ以上の被害がないことを、祈るだけです。


自転車処分とゴミ問題

IMG_9502


乗れなくなった自転車を、全て処分場へ。
月曜日、やっと、完了!

・・・

事務所併設の小さなアパートにある、自転車置き場。
パンクしたり、錆びていたり、と、
明らかに乗らないような自転車が、何台もあった。

乗らない自転車は、処分してくださいと言っても、
なしのつぶて・・・

なので、今回、処分代はこちら持ち、と言うことで、
大掛かりな処分計画を立てた。

ちなみに、広島市で自転車を大型ゴミで出すと、
一台につき500円。

IMG_9476


処分代が無料のためか、処分方法が簡単なためか、
次々に、処分希望の自転車が集まる。

持ち主のわからない自転車、
たぶん、引越しする人がそのまま置いていったであろう自転車、
そんな自転車も、予告をして処分することにした。

BlogPaint


トラックに山積みの自転車。
30台以上あった・・・

これで、自転車置き場がスッキリした。

・・・

公園が隣のためか、裏が中学校のためか、
事務所のある場所は、
ヒョイとゴミを捨てていくのに、いい場所・・・なのか!?

⭐️よい子は、ヒョイとゴミを捨ててはいけません。
  ヒョイとでも、悪気がなくても、不法投棄となります!

とにかく、ヒョイと、なんでも捨てる人が、多くて・・・涙

自粛中、大っぴらに、運動ができないような人たちが、
公園で、野球をしたり、サッカーをしたりして・・・
(それは、それで、自己責任でやってくれればいい・・・)

その後、お弁当やファーストフード、ビールや飲み物を、飲み食いし、
そのゴミを、ヒョイと、事務所のゴミ置き場に、
全部まとめて、置いて帰ってくれるのである。

分別してないゴミを、市のゴミ収集車は、持って帰ってなくれない。
なので、全く関係のない、このわたしが、ゴミの分別をする。

とにかく、ここに来て、どれだけのゴミ処理をしただろうか?
もう、うんざりだ。。。

自転車は片付いたが、ゴミ問題も、どうにかしなければ・・・











記事検索
Profile

kinotable

Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ