*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

我が家

ワッフルの上掛

FullSizeRender


息子一家が横浜から帰ってくる。
真夏に帰ってくるのは、初めてかな!?

迎えるための用意をしていたら・・・
あれ〜っ、夏用の上掛的なものがない。

わたしの小さな頃は、タオルケットなんて使っていた。
今でもあるけど、もう少し軽い感じが欲しい。

ということで、買ったのは、ワッフル地の上掛2枚。
色は白にした。
白というより、生成りかな!?

持ち帰ってから、タグを全部取って、洗濯した。
肌触りがいい。
小さな孫たちにいいかも。

・・・

お盆なので、近所のお肉屋さん、お魚屋さんはお休み。
土曜日のうちに買って用意。
冷蔵庫は、ぱんぱん。

普段、たいしたこともできないから、
帰ってきた時だけでも、美味しいものを用意したい。

さ〜っ、忙しくなるよ〜っ・・・







いらないもの探しツアー

FullSizeRender


図書館で借りた本。

著者の中野佐和子さん、たぶん、わたしと同年代ぐらい。
だからだと思うけれども、
暮らし方、考え方、感じ方、などなど共感できることいっぱい。

料理研究家の人などは、調味料とかにこだわりの人も多い中・・・
中野さんは、フツーのスーパーで手に入る、身近な調味料を選択。

生活も、ご主人さんと二人、淡々とした生活が読み取れる。
ちょっと気になるから、しばらくは、中野さんの追っかけをするつもり。

・・・

彼女、今は、都心のマンションに住む。
本の中のお写真では、すっきりと住んでいる様子がうかがえる。

そのためには・・・

持つモノを厳選する。
自宅で料理教室をするから、調理道具やお皿などは、
ある程度は必要だが・・・

持てないものに(スペースの問題で)対しては、
諦める、そのことを納得する、ということも必要、とある。

確かに。

この歳になると、
そのあたりの「腹のくくり方」「心の落としどころ」
それらと向き合う年代となってくる。

そういう意味での、参考となるのが、最後のくくりの言葉。

【その時その時を大切に、心地よく過ごしていくためには、
 生活をハード面からもソフト面からも常に意識しつつ、
 品物だけではなく、家族や生活、
 さらには自分自身への不平不満なども含め、
 すべてにおいて「ため込まず、残さない暮らし」を
 心がけていきたいと思っています。】

「冷蔵庫から始める残さない暮らし」
 よりスリムに心豊かな生活へ  本書194ページより参照

       中野佐和子著 青春出版社

いい結びの言葉だと思う。

「ため込まず、残さない暮らし」

わたしも、まねしたい。

ただし、お金だけは、「貯め込み残す暮らし」にしたいけど・・・

・・・

本の中で、ひとつ、これだけは絶対にまねしようと思ったことがある。

3カ月に一度、家の中でいらないもの探しツアーをする、こと。

確かに。
わたしも、常日頃から、家にいらないものを持ちこまない、
つもりだが・・・

そう思っていても、ついつい、家の中に置きっぱなしで、
その結果、いろいろ溜まっちゃうの・・・

それを、3カ月に一度見直す。
なるほどな〜って思う。

ベッドルームに、ダブルベッドを処分し、シングルベッドを2つにし、
そのためのスペースを得るために、大きな棚をひとつ処分して、
その結果、そこからはみ出たものかなりある・・・

かなりは処分したけれども、まだまだある。
そのもののしわ寄せが、あちこちに出ている。

これらを、やっぱりどうにかしなくてはならない。
今後の生活、快適な生活のためには、
やはり、ある程度は処分しなくちゃいけない。

かなり厳しいー、泣く泣くの処分になるものもあると思うが、
それでも、やらなければ・・・

6月、今月は、「いらないもの探しツアー」月間としよう!

⭐️明日、6月3日(土曜日)広島のアルパークにて、
 「衣料支援プロジェクト」が開催される。
 衣類を集め、世界の必要な人へと送るプロジェクト。
 半年に一回のペースで、アルパークで開催される。
 
 わたしは、60歳のわたしに必要とは思えない服を、
 大袋に2杯分持って行く予定。
 
 なお、次回開催は、11月12日(日曜日)予定
 
 詳しくは、こちらから ⇦ クリック



連休、家仕事

FullSizeRender 3


今日は、土曜日。
でも、いつもの土曜日とは気分が違う。
休みの続く連休は・・・

「さいこーで〜〜〜すっ!」

朝から、山口県の方にオットと共に仕事。
その途中に寄った産直所で買った、カラーの花。

家に帰り、お気に入りの茶色の水玉のベースに活ける。

他にも、黄色の小さな花(名前不詳)と、しゃくなげを買う。
お花は、産直所だから、新鮮だし、なによりも安いのがうれしい。

お昼前には山口から帰ってきたので、あるもので簡単昼ごはん。

昼からは、少しばかり録画していた、お気に入りの番組、
「チョイ住み・リスボン」を見る。

リスボン、いいなぁ〜〜〜
干しタラ、食べたいなぁ〜〜〜

その後、食品庫の掃除。
割り干し大根、切り昆布、大豆の乾物を取り出す。

割り干し大根と切り昆布を少しずつ取り出し、
甘酢・ポン酢・鷹の爪などと漬ける。

割り干し大根は、エビ入りさつま揚げと煮る。
切り昆布は、塩麹に漬けておいた豚ヒレ、筍と煮る。

大豆は、水に浸し、明日、煮る予定。
煮たら、五目豆を作る予定。

休みが続くと、こんな仕事がゆっくりできる。

あ〜、月に一度とは言わないけど・・・
月に二度ぐらい、連休があるといいなぁ〜〜〜






作る人

FullSizeRender


オット、
「お弁当っていいね! 
 何を食べるか考えずに済むし、すぐに食べられるしね。」

だってさ。。。

そりゃ、だれか朝から、作る人がいるからね・・・

それにね、
作るには、買い物をしなきゃいけない。

そしてね、
いろいろ考えなきゃ、お財布のこと、栄養のこと、手際のこと・・・

ボーとしてちゃ、魔法みたいに毎日お弁当はできない。

朝から、卵焼き焼いて、
それで、自分もお弁当作っている気になっている。

毎日、卵焼きだけ弁当、持ってけぇ〜〜〜
って、↑この日の卵焼きは、わたし作。

昨日も書いたけど、4月のこのイライラってなんだろね。。。

IMG_3596


写真が、湯気で曇っているけど・・・苦笑

鶏むね肉、塩麹、または、塩と酒に浸けておいたもの。
圧力鍋に、水を入れ、少しの塩、または、コンソメを入れる。

だいたい10〜12分の圧力をかける。
ほっておく。
すると、この状態↑

あくが固まっているから取り除く。

FullSizeRender


あくを捨て、鶏肉を3〜4つに手でざっくり分けて、
スープに浸けたまま、冷蔵庫に保管する。
今の季節だと、4〜5日は、十分持つ。

蒸し鶏状態の鶏むね肉。
圧力鍋で仕上げているためか、繊維に沿ってホロホロ崩れる。

サラダでも、なんでも使える。

我が家の最近のブームは、黒酢ドレッシング。
これをかけて食べるのが好き。

新玉ねぎ・缶詰のオリーブ(身のみ)などなどの極々みじん切り、
黒酢・オイル・白だし・醤油少々のドレッシング。

黒酢が、なかなかいい仕事をしてくれる。

ちなみに、豚をカリッと焼いたのにかけてもおいしい。




4月のいらだち

IMG_3584


4月、今年はなぜか、1・2・3月が速かった・・・

充実していたから、速く感じたのか!?
いやいや、そうでもない。

最近、少しばかり、だらけている。。。気持ちが。。。

なんだか、パリッとしない。
理由は、よくわからない。
けど、パリッとしない。

なんだかなぁ・・・ そう、なんだかなんだよなぁ・・・

・・・

そんな日々、昨日、ちょっと用事で家に帰るのが遅くなった。

先に家に帰っていたオットから電話。
「スーパーに行って、ステーキでも買おうか!?」

ちょっとキレた! 今から、スーパーに行くのっ!?

「冷蔵庫の中にあるモノで、どうにかしてください」
と、電話を切った。

冷蔵庫の中、そんなにいろいろ入っていないけれども、
どうにか晩ごはんを2〜3食作れるぐらいの材料はある。
☆2〜3品じゃないよ。夕食2〜3回分だよ。

そもそも・・・話しは、ちょっと前に戻る。

お互い、フルタイムで働いているんだから、
週のうちの2〜3回とは言わないけれども、
せめて、1回ぐらいは、晩ごはんの当番をしてちょうだいっ!

オットいわく、うん、わかった!

☆このわかった! じぇんじぇんわかってないのである(怒)

週一回、ステーキか、お刺身でも買えば済むと思っている。
我が家の食費、知ってんのかぁ?って言いたくなる。

話しは戻って、昨日。
しょうがないから、もう一度電話を返す。

「冷蔵庫に塩豚の塊があるから、
 圧力鍋で15分かけておいてください。
 後は、冷蔵庫の中の野菜で副菜を何か考えて。」

家に帰ったら、豚は圧力鍋の中に入っていた。

が、オットは、テーブルで何かやっている。
「仕事、やってんだぜぇ〜」のオーラ―、満々。

ブチ切れる。

「野菜は!?」
「帰ったらごはんの用意、できてると思った」ブツブツ・・・

着替えて、エプロンつけて、
フライパンに火をつけて、それから、フライパンが温まるまでに、
野菜を切って、次々に入れていく、炒める、切る、入れる、炒める。

なんとか10分でごはんの用意。

ほんま、腹が立つ。







Profile
Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ