*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

わたし

ガッツリ九州味

IMG_6878


ガッツリ3色牛肉弁当。
錦糸卵の上に、左から、ミンチカツ半分、スジとコンニャクの煮物、
そして、牛そぼろが乗っかっている。

九州に行ったとき、途中で買った、お昼ご飯。

なぜか、九州に行ったときには、ガッツリ系のお弁当を買う。
なぜだろう・・・?

しかし、わたしのお腹の方は、ガッツリはだんだん厳しくなってきている。
ご飯は4分の1ほど食べた。

おかずは、ミンチカツと、コンニャク全部、
スジは半分ほど食べた。牛そぼろは全部残した。

IMG_6873


もう1日のお昼ご飯は、ちゃんぽん。
九州に行くと、必ず食べたくなる。

こちらの方も、上に乗っかっている具は全部食べたが、
麺は3分の1ほど食べて、後は残す。

IMG_6874


半チャーハン。
これは、オットが頼んだもの。
少しだけ分けてもらう。おいしいなぁ〜〜〜

・・・

生まれも育ちも九州。
親も九州人。祖父母も、その祖先も九州人。

わたしの血の中には、九州人のDNAがしっかりと根付いている。
だからかなぁ〜?
食べ物、九州のものが好き。

22歳で広島に来るまでは、ずっと九州あちこち。
若い頃、九州で食べた味が、しっかりと身体に染み込んでいるのね。

九州の産直所、食堂に行くと、
若い頃、食べ慣れた九州味が、食べたい。

懐かしいんだよね。DNAが食べたいと言うんだよね。

ガッツリ、九州味、いろいろ食べたいけど・・・
今は、お腹の方が、無理、無理、っていう。

まっ、しょうがないね。
これからは、少量ずつ、九州味を楽しむとしよう。

















10連休、遊んで疲れて

IMG_6833


月曜日、朝から、お弁当を作らなかったので、
カンパーニュと、ハムとサニーレタス持参のお昼。
パンは、フライパンにバターを溶かし、こんがりと焼く。

IMG_6834


10連休明け、どうも調子が悪い日が続いた。
ただの、怠け病だろう、と、思っていた。

が、微妙な微熱もあるし(7度ギリギリ程度の微熱)
それに、喉もガサガサするし、
先週末の土曜日、とうとう病院に行った。

なんでも、今、このような風邪の人が多いらしい。
薬を処方してもらう。
すると、まー、眠くて、眠くて・・・土日は、ほとんど寝て暮らした。

そうだよな〜、身体も心もちょっと疲れたよな〜と思う。

10連休、最初の4日間は息子たちが帰ってきて、
九州に行って、我々は車を運転して・・・

中2日は、お掃除、片付けでがんばり・・・

次の3日は、大阪にいって、もちろん車を運転して・・・
帰ってきて、最後の1日は、家の片付けをした。

休んだような、休んでないような・・・
少し疲れたんだろう。

それでも、少々無理をしてでも、遊びに行った大阪は、楽しかった。
大阪、どこ行くんだろう?何て思ったけど、
行ってみて、また、行きた〜いと思った。

もう少し、大阪の事、書いてみたいと思う。
次の時の参考にするためにもねっ!




人生最初の遠近両用メガネ

IMG_6695


人生初の、遠近両用メガネ。

眼鏡屋さんいわく、
もし、近視のメガネを使っている人ならば、
老眼が出てすぐの頃、オススメは40代らしい・・・
その時から、遠近両用メガネを使うのが一番いい。

なぜならば・・・

40代、まだ、若い頃に、
遠近両用メガネを使うと、慣れるのが早いらしい。
つまり、それほどの違和感なく、使い始められる。

わたしのように、60代になってからの使用は、
老眼も進んでいるし、慣れるのに時間がかかるらしい。

確かに!

メガネを買って、10日あまり。
まだまだ、使うのに、戸惑いがある。

遠くを見るのは、そんなに問題がない。
車の運転とかは、すら〜っと入っていけた。

が、近くを見るとなると、これが、なかなか。

IMG_6696


この前、英会話教室に行った。
教材のプリント、それを読む。
今のところ、2名のクラス。

もう一人の方と、交代にプリントを読んでいく。
このプリントの文字が、小さいの・・・
先生は、25歳ぐらいのお若い方だから、文字が小さいのかな!?

このメガネで、初めて小さな文字を読んだ。それも英文を。
顔を上下左右に動かし、「見える」ところに顔を固定して読む。

見える、見える、でも、見るの、大変だ。。。

⭐️もちろん、読むのも大変だ。
 目も問題だが、口も動かない。
(こちらは英語力の関係で^^;)

しかし、これに慣れていくしかない。

歳をとるってのは、
今まで考えもしなかった、新しい世界に、
チャレンジするってことなのねぇ・・・

・・・

なぜ、こんなにも遅くまで、遠近両用メガネを買わなかったか?

わたしの目は、眼鏡屋さん曰く、都合のいい目。
右目は近視、左目は老眼で、左右差が激しい。
どちらかの目で、遠くも近くも、見えてきた。

ということで、メガネがなくても、なんとかなってきた。
しかし、英会話教室のように、
遠くと近くと、交互に、正確に見る時には、必要。

補聴器も、耳が少しでも聞こえにくくなった時に、
使い始めるのがいいと聞いた。
若い頃から使った方が、慣れるのが早いと言う。

遠近両用メガネは、出足が遅れたけど、
補聴器は、少しでも聞きにくくなったら、使いたい。


女優鏡を買う

IMG_6687


鏡の写真を撮るのは、むずかしい・・・
あれこれ、映り込むからね・・・

たいした化粧もしないが、化粧鏡を買い替えた。

写真手前が、今までの鏡。100均で買ったもの。
後ろの3面鏡が、新しく買い替えた鏡。

100均のは、小さくて・・・
って、
そもそも、わたしの顔の大きさよりか、小さくて・・・大笑!

いやぁ〜、使いにくかった。

のにのに、そんなのをず〜っと使っていた。
わたし、なんて辛抱人、いや、ケチだったのか。

何かの記事で見た。
化粧用の鏡を変えたら、こんなによく見えるのか〜って。
なぜ、早く買い替えなかったのか、と、思ったって、書いてた。

それを読んで、
わたしも、100均の鏡をずっと使い続けていたけど、
それも、毎回、不便だな〜って思いつつ・・・

昨日、東急ハンズの鏡売り場に行った。
いろいろある。
1000円ぐらいのから、いろいろ。

100均のと比べたら、1000円のでも、すんごくいいっ!
使い勝手を考えて、2000円ぐらいのにしようと思った。

が、よくよく考えて・・・

今回買ったら、また、10年は使うかも。
ならば、一番納得のいくのを買おうと思った。

3面鏡で、LEDの電気がつくのにした。
ボタンを押すと、電気がつくので、よく見える。

芸能人の楽屋にあるみたいな、女優鏡だ!

今朝、意気揚々と使おうと思ったら、
電池別売り、って書いてある。
単四電池4個いるって・・・ないっ。。。 がっくり・・・

今日は、必ず、電池を買う。
なので、明日から、女優鏡が使える〜🎵






生活を少し変える

IMG_6642


広島の街の中心地、紙屋町。
ここにある銀行の本店が、建て替わるという。

先日行ったら、すっかりなくなっていた。
ぽっかりと穴が開いたよう・・・

見慣れた景色の中、すぽっと、今まであった建物がなくなると、
なんとなくの「寂しさ」を感じる。

見慣れたモノ、慣れたモノ、それが無くなり、
次に、新しいモノに取って代わる時・・・

す〜っと、抵抗なく入ってくること、
ずずずぅ〜〜〜っと、気持ちに抵抗感ありありで、入ること、
などなど、いろいろ。

・・・

この4月に入り、自分の生活を見直すことにした。

昨年末から、今年に入ってからも、ずっと気持ちの中に、
「もやもやとする苛立ち」のようなモノが、じわじわと出てきていた。

今年、会社勤め4年目を迎える。

4年前、それ以前の生活と、全く違った生活になり、
わたしなりに、それを受け止め、どうにかがんばってきた。

が、自由にならない時間、それに対しての不満も、徐々に溜まり、
心も身体も、昨年末あたりから、小さなSOSを出し始めていた。

できることなら、現実逃避して、どこかにふら〜っと行ってしまいたい。
そんな妄想が、次から次へと、くらくらと頭に浮かんでくる。

危なくないか!? と、自分で自分が不安になる。

いろいろ考えて、今できる、現実的な解決策を考えることにした。

まずは、今、やっていることの見直し。
日々の生活の中、時間的に、いっぱいいっぱいやってることは、
全てやめる、または、お休みすることにした。

そして、気分一新、新しいことを始めることに。

(正直、新しい「こと」が必要なのではなく、
 何か違う「世界」が、今の生活に必要だと、思った。)

選んだのは、以前習っていた、英会話。
正直、すごく、英語が習いたいわけでもないんだけど・・・
でも、何か一つ、新しいことのとっかかりに、まずは英語だ。

そして、運動に関しても、もう少し余裕を持ってやることにした。

フィットネスクラブに入っているので、
その時の気分で、あれこれ、気軽に参加してみようと、思う。

そして、家のことにしても、もう少し柔軟にやってみようと思う。

・・・

若い子育て中のお母さんを見ていると、
よくがんばっているなぁ〜と、拍手を送りたい。

わたしなんか、大変だと言っても、面倒を見る子供はいない。
オットと二人だけの生活を、どうにか維持すればいいだけ。

だから、子育て中の人に比べると、雲泥の差で、楽と思う。

が、残念なことに、パワーの源の「若さ」が、少々足りない。
踏ん張ろうと思う、力、すぐに息切れする・・・苦笑

チャリに子供二人乗せて、朝夕走っているお母さんを見ると、
「若さ」だな〜って思う。

なんだかんだと、60歳を過ぎて、
まだまだ、だと思う自分と、
少し休息したいという自分と、
いろいろ、ぐじゃぐじゃと、踏ん切りも悪く、
それはそれで、自分に腹がたつ。



記事検索
Profile

kinotable

Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ