*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

「おいしいテーブル」

6−7−4「おいしいテーブル」

P1110903


おいしいテーブルの用意ができました。
さあ、ノンアルコールビールを注いで、乾杯です^^

P1110905


「砂ずりのソース煮」ですが、
個人的には、かなり気に入っています。

市販のウスターソースで砂ずりを炊いただけです。
しょうががいい仕事をしています。

✴︎ウスターソースでレバーを煮てみました。
 こちらも、かなりのものです。
 普段、ほとんど使うことのないウスターソースですが、
 こんな風に使えばいいんですね。。。

P1110911


デザートは、豪華です。

にんじんケーキ、マンゴーババロアをお持ちいただきました。

にんじんケーキは、アーモンドプードルを使っているので、
しっとりして、そしてコクがあり美味しいです。
これは、作ってみたいっ!!!

マンゴーババロア、これは、お店で作ったみたいな出来栄え。
すごいなぁ〜、こんなものが家でできるなんて。
これは、作って・・・みぃ〜〜〜ません!!! 作れません^^;



6−7−2&3「おいしいテーブル」

P1110898


3月の「おいしいテーブル」2回目です。
かわいいお花をお持ちいただきました。

P1110888


チュンピンです。
このように、焼いた皮に具を乗っけて、
あとは、くるくる巻いていただきます。

P1110875


具は、何でもいいんです。
お肉やお野菜、お好みのもので。

P1110883


にんじんのラペです。
今回は、缶詰のツナを混ぜてさっと炒めました。
塩味だけです。

山本さんのにんじん、甘みが違います。
ぜひぜひ、おいしいにんじんで作ってください。

P1110884


かぼちゃとクリームチーズのサラダです。
にんじんラペとかぼちゃ、この二つだけを挟んだチュンピン、
優しい味がします。

P1110885


味のアクセントには、砂ずりのソース煮です。
お鍋に入れて煮るだけです。
これは、保存もきくので、作り置きするといいです。

P1110878


白ネギを使った、白雪姫ドレッシングをかけて、
ベビーリーフとルッコラをいただきます。

P1110879


春野菜のジュレです。
今回は、ブロッコリーとアスパラです。

ジュレは、少ししっかりめの味にします。
このジュレが調味料となります。

P1110873


春野菜のスープです。
キャペツです。春キャペツです。
これは、絶対に、「春」キャベツで作ります。

✴︎普通のキャベツだと、美味しくできません・・・

・・・

今回は、午前「おいしいテーブル」の参加希望者が多く、
急きょ、午後「おいしいテーブル」を開催しました。

午後の人のために、午前の人が、野菜を刻んだりの下準備、
頑張っていただきました。

そのため・・・

まあ、速い速いっ!

下準備をしていると、どんどん料理ができます。
午後からの方は、時間的に中途半端でしたから、
できたものは、すべてお持ち帰りいただきました。

晩ごはんに、足りたかしら!?

6−7−1「おいしいテーブル」

P1110859


3月の「おいしいテーブル」
ノンアルコールビールを注いで、さあ、いただきましょう。

P1110853


「春野菜のジュレがけ」です。
菜の花とアスパラ、ジュレ仕立ての出しと供に。
春らしい一品です。

P1110849


「春のスープ」
鶏肉とキャベツだけの、シンプルなスープ。
あれこれ野菜を入れたいところですが、あえて、キャベツだけ。
春キャベツです。

鶏肉のスープ、弱火で煮込んで、クリアスープにします。
昆布と鰹のだしも加えます。
出しのためか、「和」の要素が強いスープです。

P1110852


メインは「チュンピン」です。
薄く焼いたクレープのようなチュンピンに、いろいろ巻いていただきます。

肉味噌といろいろな野菜を挟みます。
人参はツナと軽く炒めています。

P1110844


「白雪姫ドレッシング」をかけたサラダ、
山本ファミリー農園さんのルッコラによく合います。

原木しいたけのいいのが手に入ったので、ささみを乗っけて、
「しいたけのホイル焼き」も作りました。
簡単だけど、おいしい〜。

今回の参加者はお二人。
ですので、アーコールの丸テーブルでいただきました。
雰囲気がいつもとはちょっと違いますね。

P1110858


チュンピンは、ビールとよく合います。
あれば・・・
紹興酒が、いいかな〜〜〜!?
焼酎の湯割りも、なかなかいいです。

P1110864


デザートは、「きなこプリン」です。
白玉とあずき(缶詰)の上に、少しきな粉をふりかけました。

お持ちいただいた、デニッシュのお菓子も、コーヒーと供に。
美味しくいただきました。ごちそうさま^^

・・・

チュンピンですが、丸く伸ばしながら、フライパンで焼きます。
この焼く作業が、楽しいのです。
わいわい言いながら焼きました。

ロシアンパンケーキの時もそうでしたが・・・
わいわいと何かを焼くのって、楽しい!


6−6−4「おいしいテーブル」

P1110819


ちょっと日にちを空けての「おいしいテーブル」
今回は、デザートから紹介。

「ノンシフォンケーキ」です。
オイル全くなし。でも、焼けます。
カロリー、多分、かなり控えめです。

オイルなしなんだけど、しっとりふわふわです。
カロリーを気にする方には(大人はほとんど!?)
いいお菓子ですね。

卵・牛乳(低脂肪牛乳)・砂糖・粉だけですので、
和菓子のようなシフォンです。
⭐️普通の牛乳でもできます。

生クリームを少々加えると、おいしいです。
生クリームには、砂糖が入っていません。
甘くない生クリームは、大人味です。

アメリカからのお土産のチョコレート(うっふふ・・・好き!)
それに、イチゴもお持ちいただいたのを、添えました。

P1110814


「牡蠣のグラタン」です。
リクエストに答えて、今回は、牡蠣のピカタの代わりに。

みなさん、あまりの簡単さに、びっくり!

このグラタンを作った日は、歯が痛くて、
ご飯の支度をしたくなくて・・・
そんな日に生まれた、「大」手抜きのグラタンでしたが・・・

その簡単さが、受けました! 後日、レシピ公開しますね。

P1110813


グラタンでしたので、簡単なサラダを作りました。
外の赤い大根、これもお土産でいただきました。
それを切って、サラダに添えます。
この少しの赤が春ですね〜〜〜

ドレッシングは、「白雪姫ドレッシング」です。
これは、3月の「おいしいテーブル」で紹介予定です。

P1110810


「春菊のちぢみ」と「砂ずりのお醤油漬け」です。
それと、お持ちいただいた野菜をさっと胡麻和えに。

何て名前だったかなぁ・・・
紫色の菜の花のような・・・

これ、ちょっと苦味があって、でも、甘くて、
わたしは大好きな味です。
このグラタンも美味しくできそう〜〜〜♪
⭐️ただし、色に気をつけないといけないかも。。。

P1110817


「冬の肉団子」です。
今回は、ご飯はなしです。
グラタンでボリュームがいっぱいと思ったので。

後、写真撮り忘れですが・・・メインだったのに(^_^;)
リエットとバゲットも。

・・・

2月の「おいしいテーブル」も無事終了。

3月の「おいしいテーブル」のメニューをいろいろ考えます。
3月のメニューは、4月に作っていただけるようなもの・・・
と、考えますが・・・

野菜など、4月の野菜を3月に調達するのは、なかなかです。
そのあたり、いつも悩むところですね。



6−6−3「おいしいテーブル」

P1110738


牡蠣のピカタ、今回が一番上手に焼けました。
焼いたのが、わたしではなく・・・💦
ma〜さんでしたから。

お持ちいただいた、ノンアルコールのワインを添えて。

P1110743


今回のご飯は、炊き込みご飯。
牡蠣のコンフィ(オイル煮)を作ったオイル、
これを入れた、炊き込みご飯です。

P1110744


冬の肉団子、レンコンの団子です。
広島産の生ワカメが手に入りましたので、少し入れました。

P1110747


自家製白菜のお漬物です。
お家で少しづつ作ります。
ですから、手間も要らないし、場所もいらない。

P1110754


チョコケーキをお持ちいただきました。
バラの花の型、綺麗に焼けてますね。
チョコがいっぱい詰まった、ゴージャスなチョコケーキでした。

実は、甘いものは苦手だけど・・・
チョコは、好きなんです^^

・・・

今日は、バレンタインデー。
お菓子屋さんやデパートは、すごいことになっているんでしょうね。

我が家!? チョコはなし・・・

その代わり、お昼のお弁当を作りました。
基本、土曜日は、お弁当は作りません。
お弁当を作ったら、もう、1日帰ってきませんから。

今日絶対に済ませなくてはいけない仕事があるから・・・

↑毎土曜日、そんな風に言って仕事に行きます。
で、行ったら、帰ってきません。

ですから、土曜日は、せめてお昼には帰ってくるようにと、
お弁当を作らないのです。

しかし、帰ってくるのは、たいてい3時ぐらい。
お弁当なしでギリギリまで働くのです。
働くのが悪いとは言わないけど、「キリ」がないのです。

今日は、マンションの用事で出かけるのが遅れたから、
お弁当を作りました。
また、帰ってこないでしょう・・・

6−6−2「おいしいテーブル」

P1110703


家飲みをテーマに、2回目の「おいしいテーブル」です。

昨日は、生きのいい小イワシが手に入りましたので、
「自家製オイルサーディン」を作りました。
オイルも塩気も控えめ、小イワシの味が引き立ちます。

P1110708


「リエット」
今回は、ココット皿に入れて固めてみました。
バケットを添えてお皿に。

「リエット」と聞いて、ハードルが高そうなイメージ・・・
しかし、作り方は、実はすっごく簡単。
ざっくり作ればできる、それでいて、非日常のおごちそう感があります。

昨日の参加者も、
「これなら、わたしにもできるっ!」と、おっしゃっていました。

P1110719


〆には、肉団子のお汁と、ちょっぴりの卵かけご飯。

飲んだ後、どうして、汁物、そしてご飯が食べたくなるのでしょうか!?
ですが、
飲んだ後ですから、ご飯はちょっぴりです。

P1110727


「ノンオイルシフォンケーキ」です。
すごくふわふわ、しっとり・・・
ノンオイルとは信じられない〜〜〜との感想。

P1110728


今回も、無事に焼けました。
ただ、やはり、気泡が出るんですよね・・・

・・・

お家での「おいしいテーブル」ですが・・・
6回目ともなると、少しばかり慣れてきました。

お家でのメニューの組み立ては、
火をどのように使うか、オーブンはどの段階で使えるか、
水回りの関係は・・・と、考えることがいっぱい。

プラス、
月に4回開催ですので、同じような材料が手に入るかどうか、
そこが、一番の問題です。

今回は、
「リエット」「春菊のちぢみ」「冬の肉団子」
そして、「ノンオイルシフォンケーキ」は、必ず。

あとは、前日の材料によって違う・・・としました。
これなら、ちょっと気持ちに余裕が出ます。

・・・

公民館で開催していた時に比べ、少人数が4回となると・・・

材料費が,思いのほか高く付くことがわかりました。
まとめて15人分買うのと、3〜4人分を4回買うのとでは、
かなりの差が出ることがわかりました。

6期を半分過ぎましたが、いずれの回も予算はオーバーです。
かなり苦しい予算の中で動いています。

少人数のお料理教室の参加費が高い理由、
少しばかり、なぜなのかがわかりました。

やってみなければわからないこと、気がつかないこと、
いっぱいあります。

・・・

以前行っていたお料理教室ですが・・・
翌月の予約をして帰ります。

我が家のように、仕事がらみの出かけがあり、
翌月の開催の日時が合わずに、欠席の月もありました。

そのお教室は、それでも、参加費をお支払いするシステムでした。
参加しないのに、7000円近くのお金を払うのは苦痛でした。

数回、どうしても行けなかったことがありました。
それでも7000円・・・
続けられず、とうとうやめてしまいました。

その時は、7000円、7000円と、思いました。

が、
わたしの人数を含めての、お教室の「維持管理費」・・・
そのように、違う視点があったのだと、最近気がつきました。

「おいしいテーブル」は、4人の4回で16人の計算をしています。

重荷にならずに、気軽に参加して欲しいと思っていますので、
欠席の方の参加費はいただいていません。
ご都合のいい時にだけ参加していただくシステムです。

先月は、1月で、ご都合のつかない方も多くいらっしゃったのでしょう。
参加人数は、11人でした。かなり厳しいことになりました。

本当に、なんでも、やってみないとわからないことだらけです。

・・・

「おいしいテーブル」を、人生に置き換えるのは、
変な話ですが・・・

人生、なんでも、やってみるまではわからない・・・
         やってみて、初めてわかることもある・・・

     そして、

          やってみても、わからないこともある・・・!?









6−6−1「おいしいテーブル」

P1110683


「リエット」です。
バケットに乗っけていただくと、
ワインによく合います。

今回のテーマは、「家飲み」です。
一番寒くなる時期、お外に出るのは寒い。
だから、お家で、家飲み。気の合う仲間と一緒だと楽しい。

リエットは、一晩マリネしておいた豚肉をコトコト煮ます。
お肉が柔らかくなったら、それをフォークでざっとほぐします。
フードプロセッサーを使わず、お肉の繊維が残る感じが好きです。

P1110677


「春菊のちぢみ」は、今おいしい春菊を焼きます。
中には、ナッツなどミネラル分の多いものがいっぱい。
これは、ビールかな〜!?

P1110674


「牡蠣のピカタ」です。
2月の寒い時期の牡蠣が好きです。

牡蠣ピカタには、大根おろしがよく合います。
白髪葱も合うけれども、大根おろしの方が、作るの簡単^^;

こちらは、冷酒・ワイン・ビール、う〜ん焼酎もいいですね。

P1110688


「砂ずりのニンニク醤油漬け」です。
砂ずりをコロコロに切るのがポイントです。食感がいい。
簡単なのに、美味しい。

これは、作り置きできるので、付き出しにいいですね。

P1110691


「冬の肉団子」です。
レンコンを使ったレシピです。
こちらは、〆の汁物です。

肉団子、一人一個という大きさ。
子供の「グー」ぐらいの大きさです。
大きいと嬉しいのは、わたしだけ?

P1110694


「黄身ごはん」です。
お醤油に浸けた黄身、密かに「貧乏人のウニ」と呼んでいます。

ウニじゃないけど、そんな気分が味わえます。
いい海苔をパラパラちぎって乗せても美味しいです。

P1110698


「ノンオイルシフォンケーキ」です。
全く油を使っていません。
ですから、ちょっとしたコツが要ります。
ときどき失敗するのが、困ったところです。。。💦

今回は、上手に膨らみました。やれやれです。

P1110701


気泡もあまり出ずによかった・・・
生クリームとイチゴのジャムを添えました。
⭐️ミントがあれば、完璧だった。。。
 セロリの葉ならあるよ〜と言ったけど、即却下された。。。

・・・

テーマは「家飲み」ですが、車で来られる方もいるから、
乾杯は、ノンアルコールビールです。
正直、少々盛り上がりに欠ける・・・かな!?

が、おしゃべりで盛り上がります。

ノンストップおしゃべりイング・・・です。

ノンが付かないものを用意して、
家飲み、お家で楽しんでくださいね。






6−5−2「おいしいテーブル」

P1110544


ロシアンパンケーキ、
今回は、「おままごと」のように盛りつけを楽しみました。

↑プレートに、生き生きとした感じが出てますね。
ベビーリーフを真ん中に置いているからかしら!?

では、では、他のみなさんの作品もどうぞ〜♪

P1110537


左下のパンケーキを、ワックスペーパーで包みました。
アクセントになって,かわいいですね^^
「おとな」の雰囲気の一皿。

P1110541


同じ包みかたでも、ちょっと雰囲気が違います。
ベビーリーフのサラダがたっぷり。
カフェランチのような盛りつけですね^^

P1110539


こちらは,きちんと感があります。
性格がでるのかなぁ〜〜〜
余白の使い方、レースペーパー使いが上手ですね。

P1110546


ざ〜っと盛った,いい加減感・・・笑 
わたしです^^; 性格、出ますね・・・💦

「おままごと」のようで楽しい〜〜〜と、言いながら・・・
いや、
みなさん、無言で,しんけんに盛り付けていました。

P1110527


今回は,こんなステキなパンケーキパンをお持ちいただきました。
すごっいっ〜〜〜 こんなものが,あるんですね。

さっそく,ネットで調べてみたら、4〜5000円ぐらいでした。

P1110529


同じ形が焼けます。
ちょっとうれしくなりますね。
そして、
買いたくなりますね・・・

P1110549


ロシアンスープ、シーです。
今回は、かぶを加えてみました。

上には,手作りのサワークリームをトッピング。
酸っぱさが,さわやかさになります。

P1110553


デザートは、もものヨーグルトゼリー。
それにパンケーキ。

前回、りんごジャムを乗っけて食べたのですが・・・
ジャムが全部なくなったので、
今回は、りんごをバターで軽くソテーしました。
サワークリームを乗っけて。

今回は、「大人のままごと」で,多いに盛り上がりました。
あ〜,楽しかった!

楽しい盛りつけ&妄想

P1110495


桜の花びらの抜き型(京都・有次)で、かぶを抜いたもの・・・
これを使って,盛りつけていただきました。

見にくいかも・・・
もう少し大きくします。

P1110497


手前のお花、それと,小さなスプーンに乗せたひとひら・・・
☆手前のお花、花びらが5枚あればよかったです。
 わたしが,ひとり5枚しか用意しなかったのがいけなかった。

この器に入っているのは,茶碗蒸しです。
牛乳で作った茶碗蒸し。
レシピは,また,アップしますね。

P1110489


こちらは、同じ前菜ですが、茶碗蒸しはなく、
甘酢レンコン入りのポテトサラダが左に盛られています。
花びらを,あちこちに散らしていただきました。

花びらが、黒い塗りのプレートに映えますね!

そうそう、
レンコン入りのポテトサラダ,おいしいんですよ!
わたしのかなりのお気に入りです。

P1110500


豚を焼いたものに、ねぎみそたれを添えたものです。
ポークは,カリッと焼くのがポイント。

ポークも,同じお店でも、大きいのあり,小さいのあり。
その日によって違うんですよねぇ・・・

・・・

今月の「おいしいテーブル」も先週、終了。

月に4回ですから、ちょっと悩みがあります。
毎回,同じようにできないのが,最大のフラストレーション。

例えば・・・
今月で言えば,最後の回の「おいしいテーブル」ですが・・・
雪のため、イカが手に入りませんでした・・・

そんなこともあろうかと、イカを冷凍していました。
ですから、
食感は,生とは、ちょっと違います・・・ごめんなさい。

お刺身で食べられるようなイカが手に入る時、
冷凍のイカしかない時、
悩むぅ〜〜〜

豚肉も、大きい時あり,小さめの時あり、
悩むぅ〜〜〜

そんなフラストレーションと戦いながら、
なんとかやっています。

・・・

わたしの思う、自由な発想の『夢の「おいしいテーブル」』は・・・

前日に買い物に行き,その日の一番おいしい食材で、
レシピなんてなくて、思いつくままに料理を作る、
そんな「おいしいテーブル」です。

でも、そんなんだと、レシピもないし、
その日,その日で,作るものもちがう・・・

それに、お値段も,毎回違う・・・
たぶん,今よりも,参加費が高くなるだろなぁ・・・

☆美味しいものを見ると,お財布のこと忘れちゃうから(苦笑)
 あっ、でも・・・
 小心者ですから、がんばっても,買うものはしれてます。。。

そんなのは、ないよなぁ・・・タメイキ・・・

でもでも、思い切って、やっちゃうかっ〜!?

などなど、妄想は広がるのです。。。


6−4「おいしいテーブル」その2

P1110472


今月2回目の「おいしいテーブル」です。

盛りつけの全体を,写真で撮ってみました。

テーブルセッティングは,お任せしています。
箸置きは,富士山。
お正月らしいですね・・・

テーブルクロス、アイロンかけてないの,バレバレですね。
まぁ〜、家では,こんなものでいいと思っています。

そのかわり,毎回使った後は、洗濯します。
☆あたりまえかぁ・・・笑

気軽に,テーブルクロスを使うために、
我が家は、洗いっぱなし・・・です。

ドイツの主婦だったら、主婦失格かもしれない・・・

・・・

しわが目立っても,テーブルクロスは,麻が好きです。
ポリエステルの入った,しわにならないテーブルクロスが嫌いです。
撥水コーティングしたテーブルクロスも,嫌いです。

もっと嫌いなのは、テーブルクロスが汚れるからと、
その上に,透明のビニールクロスをかけることです。
そんなだったら、何もない方がいいと,わたしは、思います。

コットンのテーブルクロスも好きです。
でも、同じしわなら、麻の方がいいような気がするのです・・・
あくまでも、「気」です。好みの問題かな!?

しわが「いい感じ」に出る麻布を買って、テーブルクロスを作りたい。

もしかして,買い置きの布の中にあるかもしれない・・・
お正月前,ちょっと探してみましょう。

☆テーブルクロスのアイディア
 もし、もし、もしですが・・・
 麻のシーツのいいのが,安く手に入ったら、
 それは,それで,とってもいい,テーブルクロスになります。
 
 話しは,ちょっと違うのですが・・・
 昔、すごく上質のコットンのシーツが,一枚1000円。
 それも、すごく広いシーツでした。外国ものだったと思います。
 それで、
 オットと、2人の息子のパジャマを縫いました。
 すっごくいいパジャマができました。
 子供たちは,パパとお揃いと、すごく喜んでいました。
 今考えると、写真を撮っておけば,よかった・・・

 インドやインドネシアのバティック調のテーブルクロス、
 あれは、夏のコットンパンツを作るといいです。
 涼しくて,安くて、ちょっとエスニックで。
 


6−4その1「おいしいテーブル」

P1110441


12月の「おいしいテーブル」は、
ちょっぴりですが、お正月を意識してみました。

黒い塗りのお皿に盛りつけてみました。
アンダープレートはゴールド,お箸は朱色を用意しました。

「イカとセロリのサラダ仕立」です。
イカの「白」と、赤かぶの「赤」で、紅白のつもりです。

これといって特別なものはありませんが・・・
赤と白で,めでたい気分!?

P1110448


「牛肉の昆布巻き」です。

昆布は苦手・・・という方が多くて・・・
あらら、どうしましょ・・・と思いましたが・・・
結果は,評判がよくて、よかったです^^

ポイントは,和牛を使うことです。
和牛の切り落としですが、和牛は,いいお味を出してくれます。

お正月、ご主人様の里に帰るのに,作って帰るという方も。
嫁の株が上がるでしょうか?

P1110445


「ほうれん草のニョッキ」です。

こちらは,どちらかと言えば、クリスマスでしょうか。
今からおいしくなる、ほうれん草の緑が,きれいです。

パルメザン、今回は,大きめにスライスして乗せてみました。
パルメザンで,コクが出てきます。

P1110449


「豚のねぎみそたれ」です。

豚ロースをカリッと焼いて、ねぎみそたれを添えます。
大根を煮てバターで焼いた、大根ステーキも添えました。

P1110457


「きらきらゼリー」です。

きらきらと輝くゼリーが,クリスマスやお正月っぽいかしら!?
クリスマスの飾り,ちょっとつけてみました。

P1110456


きらきらゼリーのしたは、オレンジゼリーです。
100%のオレンジジュースを固めただけです。

きらきらの秘密は、白ワインのゼリーです。
ちょっとだけ大人味^^



6−3「おいしいテーブル」その2

P1110398


「たこの和風カルパッチョ」 盛りつけ by  お花さん
 お花さんのセンスが光ります!

 ☆この後、ドレッシング、お皿の周りの余白にかけました。
  もちろん,これも,お花さんです^^

同じカルパッチョも,器が変わり・・・
そして、
盛りつける人が違うと、出来上がりの雰囲気も違います。

今朝の「あさイチ」でやっていたのが,盛りつけ。

「高さ・彩り・余白」がポイントだそうです。
↑この盛りつけ、パーフェクトですね^^

P1110392


こちらは、オットが盛りつけたカルパッチョです。
彩りはいいけど・・・ 
余白と高さは、ないです。

が、黒い焼き締めの大皿が、和風の雰囲気を助けている・・・
と、わたしは勝手に思っています。

☆オットの盛りつけは,なかなかユニークです。
 楽しんで盛りつけているようなので、ときどき任せます。
 8割り褒めます。(褒めてオットを育てています・笑)
 2割ダメ出ししますけど・・・

P1110403


「es koyama」のクッキーをいただきました。
オットが,とっても気に入ったようです。
おごちそう様でした。

6−3「おいしいテーブル」その1

P1110383


「感謝祭のチキン」です。

11月は,感謝祭(収穫祭)の月です。
アメリカでは,毎年11月の第4木曜日が感謝祭。
今年は,11月27日木曜日になります。

本当は,七面鳥(ターキー)を食べます。
理由は、チキンだと家族で食べるには小さすぎるから、らしい。。。

日本でしたら,チキン丸ごと一羽で,家族4人は大丈夫かな!?
でも、今回は,もっと手軽にできるようにと、
骨付きもも肉を焼きました。

付け合わせは,栗入りのマッシュルームごはん。
七面鳥や鶏、丸ごと焼くときには,お腹に詰め物をします。
スタッフィングと言います。

スタッフィングの詰め物はいろいろありますが、
わたしは,お米の詰め物が好きです。
パンの詰め物は、びちょびちょして・・・ちょっとだめ。

ごはんは,炊飯器で簡単に作りました。

グリーンは、エンダイブ・春菊のサラダです。
今の季節,生で食べる春菊がおいしいですね。

P1110374


前後しますが・・・

前菜は,「たこの和風カルパッチョ」です。
ポイントは、カルパッチョのドレッシングです。
家にある簡単なもので,簡単にできます。

色とりどりの大根や野菜を,きれいに盛りつけていただきました。

P1110375


里芋の季節ですね。
「里芋のお焼き風」です。

冷蔵庫に残っている、ふりかけ・漬物等々を入れて作ります。
ので、毎回お味が違う・・・それが楽しい!?

里芋のコロッケもおいしいのですが,こちらは,焼くのでお手軽です。
里芋は,いっぺんに蒸してマッシュして,冷凍しておくと便利です。

P1110385


デザートは、「カラメルりんごのデザート」です。

お鍋でカラメルを作ってりんごを煮ます。
簡単だけど、ちょっと大人味でおしゃれ・・・だと自負しています(笑)

・・・

今回は,下準備しておくと,簡単にできるメニューばかりです。
鶏肉は,前日からの仕込みが必要ですが,後は簡単です。
仕上げは,オーブンでするので、前菜をいただいている間に、
メインのチキンが焼ける・・・という手順です。

ホームパーティー(この言い方、古いですね・笑)をする場合・・・

全部のお料理をテーブルに並べて、
「さあ,いただきましょう・・・」というのもいいのですが・・・

わたしは、メインだけは,温かく熱く,いただきたいと思うのです。
その時,オーブン料理は便利ですね。

前菜をいただいている間に、オーブンが仕事をするので。

今回は,オーブンでチキンを焼き,炊飯器でスタッフィングを作るので、
料理を出すほうも、ゆっくり前菜をいただけます。

サラダだけは,盛りつける直前に,ドレッシングと和えたいですね。
そのタイミングさえ押さえれば,簡単に熱々をお出しできます。

今から,お客さまの多い季節。
お料理を出すタイミングを考えながら、メニューを考える・・・
頭の中で,何度もシュミレーションしてみます。

頭の中のシュミレーションと,実際のタイミングが合えば、
「ヤッター!」と、心の中で,ひとりバンザイをします(笑)


6−2「おいしいテーブル」その2

P1110284


「サンマのイタリアン」
今旬のサンマを、イタリアンで。

P1110292


お家での開催、熱々を食べていただけます。
こんなお料理は、やっぱり、熱々がポイント。

P1110278


「牛肉の前菜」

前回と同じお値段のお肉を使用。
今回の方が、柔らかくし上がったのは、なぜ?
お肉が、微妙に違うのか・・・

とにかく、薄〜く、薄〜く、切りました。

いいお肉だと、厚めでもいいのですが・・・苦笑

P1110280


「スタッフドマッシュルーム」

ブラウンマッシュルームの中に、詰め物をして焼きます。
今回は、お魚グリルで焼いてみました。
いい感じに焼けます。

P1110282


「秋の小さなグラタン」

さつまいもに、生クリームと牛乳をかけて焼いただけ。
200度のオーブンで30分焼きました。

さつまいもをつぶし、生クリームとまぶしながらいただきます。
見た目より、うんと簡単にできます。

これ、かぼちゃでもいいねぇ〜〜〜と。
そうだね、ハロウィーンも近いしね・・・

P1110290


「秋のミネストローネ」

きのことレンズ豆で作りました。
レンズ豆は、ピンク色のを使います。
が、煮たら、ピンクじゃなくて、クリーム色になります。

P1110294


タルマーリーのバケットとカンパーニュです。

今、話題のパン屋さん。
たまたま、先週行ったので買ってきたものをお出ししました。

パンの先生方の評判もよかったです^^

P1110301


デザートは、お持ちいただいたロールケーキをいただきました。
栗入りです!

ふわっふわっです。
クリームも、ちょうどいい量。
ぺろっと食べちゃいました。

P1110274


KOYAMA ROLL なかなか買えないロールケーキです。
なんでも、2時間ぐらい並んで買うらしいのですが、
たまたま、運良く、そんなに並ばずに買えたらしいということです。

人気の理由がわかります。
子供から、大人まで、女性も男性も、好きな味だと思います。

我が家のオットの分もいただきました。
オットも、ニコニコで、ぺろっと食べました(笑)

タイニーさん、おごちそうさまでした。

6−2「おいしいテーブル」その1

P1110261


10月の「おいしいテーブル」の始まりです。

↑「牛肉の前菜」です。
これは、うんと昔、暮しの手帖に乗っていたレシピの応用です。
前もって作っておけるので、便利です。

このお料理は、牛肉のお値段の勝負!というところでしょうか。
いいお肉を使えばおいしくできます。
でも、普段は、そんなお高いお肉は買えません。

ですので、それなりのお肉で作ります(笑)

今回もそれなりのお値段のお肉で作りました。
作って少し時間がたった方が、切りやすくおいしいのですが、
時間がないので、すぐにいただきました。
やはり、味がなじみません。時間が必要なお料理かもしれません。

P1110271


「小さなグラタン」です。
さつまいもで作ります。
簡単です。

ただ、焼き加減が・・・

実は、試作で作った時、焼き過ぎて、こげこげになって^^;
ということで、今日は早めに出したのですが・・・
早すぎて、もう一度オーブンに入れ直しました。

一緒に作ったマッシュルームの前菜は、写真のとり忘れです。。。

P1110268


「秋のミネストローネ」です。

きのこをたっぷり入れます。
それに、レンズ豆を入れます。
今回は、ピンクレンズ豆を入れました。

さっぱりとした味です。

お店でしたら、これに、オリーブオイルをたらしたり、
パルメザンチーズをかけるのでしょうが・・・

・・・

メインのお料理の写真の写りが悪くて・・・
サンマでしたが、ちょっと・・・

それから、デザートの写真も撮り忘れです。

次は、ちゃんと写真を獲らないと・・・



6−1「おいしいテーブル」その2

P1110154


↑「グレープフルーツゼリー」です。
グレープフルーツの皮を器にしたいという要望が多かったので、
みなさんでがんばって、容器を作り、ゼリーを固めました。

グレープフルーツですが、ホワイトの方が実離れがいいようです。
もし、器を作るなら、ホワイトがいいでしょう。

☆もしかしたら、今回、たまたまホワイトかもしれません・・・
 これは、少し、実験を続けなければいけません。

P1110146



この9月から、
「おいしいテーブル」は、お家開催になりました。

いっぺんにたくさんの参加ができませんので、
4名参加の会を,今月は4回します。

同じことを4回、ちゃんとできるのでしょうか?
これが、わたしが、開催前、自問したことです。

う〜ん、まあ、無理でしょ・・・と、結果思いました。

ですから、「逃げ」を作りました(笑)

毎回のお料理、プラス、「もう一品」です。

今回は、↑簡単なおつゆを作りました。
塩こうじ入りの鶏ミンチのお団子、それに、アサリのおつゆです。

その日の気分、家にあるもので、作ります。

4回とも公平にできるといいのですが、差は少し出ると思います。
そこは、参加者のみなさん、おおらかな気持ちで、お願い〜♪

☆野菜たっぷりマカロニサラダ、ハムを入れるの忘れました(苦笑)
 はぁ〜〜〜っ・・・

・・・

今回、前日に作った「しめ鯖」が冷蔵庫にありました。
話しをすると、食べたい〜〜〜コールが・・・

車じゃない方には、少しの冷酒とともに、
少しだけ、味見していただきました。

しめ鯖と冷酒「合う〜〜〜♪」ということでした。

☆次の会の方々へ
 次もしめ鯖があるとは限りません。スミマセン・・・
 何か、あれば、味見していただく・・・
 そんなで、許してください。



6−1「おいしいテーブル」その1

P1110100


「おいしいテーブル」とうとう6年目に入りました。

6期は、お家での「おいしいテーブル」の開催を予定しています。
お家にした理由は,いろいろですが,それはまた。

↑ からしをとかしたポン酢,揚げたてを食べます。

P1110093


「大分名物とり天」と「がね」です。

とり天,いろいろな作り方がありますが、
こちらは,お家で作りやすい,少しソフトな食感のとり天です。

とり天には、かぼすを絞り、からしポン酢でいただきます。

「がね」は、九州の言葉で「かに」のことです。
正体は、かに、じゃなくて、さつまいもです。

両方とも、庶民の味です。
すごいおごちそうではありませんが、私は、好きです。
なにせ庶民ですから^^

P1110095


野菜たっぷりのマカロニサラダです。

あっ、野菜、ではありません。
今は、「お野菜さま」です。
お高いのです。でも、たっぷりです。

ゆであがりのマカロニ、ここに下味をつけます。
冷えたときに食べるマカロニに、下味がいい仕事をすると思います。

マカロニの量に対して、3倍の量の野菜が、ポイントです。
今は、本当に、贅沢な贅沢なマカロニサラダです。
☆そのくらい、お野菜がお高いです。。。

P1110096


まいたけごはんです。

まいたけ、だけを炊き込んだ、炊き込み御飯です。
シンプルですが、おいしいのです。

銀杏を入れたかったのですが、まだ、見つかりませんでした。
もう少し秋が進めば、銀杏入りがおいしいです。

P1110104


豚ソーメンです。

冷たいソーメンに、熱々の豚のつけ汁を用意します。
ねぎと、しょうが(これ必須!)をたっぷりと乗っけて。

P1110099


ノンアルコールですが、ビール付きです。
みなさん、大好きのようで、よかった(笑)

P1110109


デザートは、ブレープフルーツゼリーです。
たっぷりの実を入れた、ゼリーです。

P1110105


スウェーデンのビスケット、クネッケも作りました。

薄〜く焼くのがポイントです。

これは、クリームチーズが合います。
ワインにも、いいです。
こちらは、お土産でお持ち帰りいただきました。

・・・

家で開催する「おいしいテーブル」ですが・・・

わたしの一番やりたかったことは・・・
美味しいものを、一番おいしい状態で食べていただく、ということです。

とり天ですが、みなさんが席についてから、熱々を揚げます。
熱々を食べていただきたいのです。

おソーメンも、茹でたてを食べていただきたい。

できたてのおいしさ、これは、何ものにも代え難い、と思っています。

公民館では、それがなかなかできませんでした。
揚げ物、パスタ、焼き物、などなど、
「できたて」のタイミングがポイントの食べ物がいろいろあります。

それを、タイミングを外すことなく出したい・・・

今回、少しバタバタしましたが、揚げたてを出すことができて、
少しばかり、ほっとしています。



5-11「おいしいテーブル」

P1100675


「トルコ風ムサカ」
夏に向けて、なすがおいしくなるこの季節、
なすをたっぷり使ったオーブン料理です。

ムサカには、ギリシャ風の方が一般的です。
ギリシャ風には、ホワイトソースを一番上にかけて焼きます。
夏には、ちょっと、重たいんです・・・

それに、ホワイトソースを作る、このひと手間が、
正直なところ、手間。。。

その点、トルコ風は、簡単でいいから、好きです^^

わたしのおすすめは、トマトソース味ではなくて、塩味。
これって、トルコ風ではなくて、わたしの勝手なアレンジです。

P1100694


なすと、塩味の野菜たっぷりのミンチ炒め、これを重ねます。
一番上に、パン粉を乗っけるのも、わたしの勝手なアレンジです。

今回は、パン粉・ハーブ・アーモンドの砕いたの・オリーブオイル、
そして、最後にパルメザンチーズを振りかけました。

一番上のパン粉が、サクサクでおいしいです^^

なすをたっぷり使うので、なすが安いとき、
または、なすを大量に頂いたとき、などなどに作るといいですね。

P1100660


「とうもろこしごはん」
とうもろこしを、半分に切って,炊くだけの楽チンごはん。

米2合に対して、塩小さじ1強、とうもろこし1本、バター親指の先ぐらい
これでごはんを炊くだけです。

P1100669


炊けましたっ!

とうもろこしの甘い匂いと、バターの香りが、ぷぅ〜んといい感じ。

P1100670


ごはんが炊けたら、とうもろこしを取り出します。

P1100671


とうもろこしを立てて、包丁で実を削ります。

セレブの方は、贅沢な切り方をし・・・
そうではない方は、芯に近いところまで、ざっくり切り取り・・・

などなど、お互いに、冷やかし合いながらの作業です。

P1100672


おっ、これは、セレブ切りですね(笑)

・・・と思っていたら、
最後の芯に残った実の部分、かじっていました・・・

☆わたしも、かじりました・・・苦笑

P1100677


ごはんに戻して、混ぜます。
お好みで、ブラックペッパーを振ってもおいしいです。

これ、残ったのをおむすびにして食べてもグー。
我が家のオットは、これをお弁当にすると、とっても喜びます。
簡単なわりには、喜びの大きなごはん・・・です^^

P1100691


「カリカリポテト焼き」
新ジャガを切ったのを、ささみにまぶし、フライパンで焼きます。
オイル多めで焼くと、揚げたようになります。

これは、絶対にびーるでしょ!

P1100684


とうもろこしごはんを、コーヒーカップで、“ぱっかん”しています。
お子様ランチの要領ですね^^

P1100699


「干しズッキーニのごま風味」
グラスに入れています。ちょっと見えにくいですね・・・

ズッキーニを千切りにして、切り干し大根のように干します。
干すと、ズッキーニがカリカリしておいしいのです。
ズッキーニは、生より、干した方がおいしいかも・・・です。

P1100704


「はと麦のデザート」です。
はと麦を茹でたものを使った、台湾のスウィーツです。

本来は、豆乳で作るのですが、ちょっと癖があるので、
今回は、牛乳で作りました。

牛乳の中に、杏仁霜(きょうにんそう)の粉を入れて煮ます。
沸騰しないように煮て、後は、冷ますだけ。

食べるときに、缶詰のあんこを入れました。
ミントは、持ってきていただいたのを使いました。

これは、冷たくても、熱くてもおいしいです。

杏仁霜を買っても、使い切れない・・・という声も。
これなら、簡単に作っていただけそうです。

はと麦がなければ、大麦でもおいしくできます。
白玉団子でもおいしいです。

P1100703


「スフレチーズケーキ」(四角)です。
こちらは、小さなバッドを使って作る、お手軽おやつです。

本当は、生クリームを使うともっと滑らかにできるのですが・・・
今回は、お家で手に入りやすい材料のみを使って、作ってみました。

「洋梨のタルト」手前
こちらは・・・
「おいしいテーブル」のスウィーツ部長の手作りです!!!
腕前は、プロ級です。

来週の月曜日がわたしのお誕生日だということで・・・

お誕生日ケーキにと、みなさまから用意していただきました。
ろうそくもいっぱい立っていて・・・

こちら、歳の数ではなく、HAPPY BIRTHDAT!でした。

他に、サプライズのプレゼントも頂いて・・・

ありがとうございました!  感謝!

・・・

第5期の「おいしいテーブル」 今日で終了。

ひょんなことからスタートした「おいしいてーぶる」ですが・・・
何と5年も続きました。

自分でもびっくりの5年間です。

9月からの第6期は、少し違うスタイルを考えています。
こちらは、ただいま、いろいろ考え中です。

それにしても、ここまで続いたのは・・・
会員のみなさまの,あたたかいエールがあったからです。

ありがとうございました。

5期最後として、8月には「番外おいしいテーブル」も。
こちらは、宴会部長と新飲み番長に、丸投げしました。
どんな計画を立てていただくのか、楽しみです。

5-10「おいしいテーブル」

P1100540


今回のおいしいテーブルは、カレー。
夏になると、食べたいメニューNO1!

昭和っぽいお鍋で、カレーを煮込みました。

☆カレーをよそおう方の手、きれいですね。

P1100516


「夏野菜のカレー」です。

お肉を使わず、野菜のみのカレー。
オイルもちょっぴりですので、すごくヘルシーです。
ちなみに、小麦粉も使いません。
全て、野菜のとろみです。

「黒豆ごはん」を炊いて、カレーに添えます。
1時間ほど弱火で煎った黒豆を炊き込んだごはんです。
押し麦も少し混ぜました。

P1100527


「簡単ラッシー」です。

本当の作り方とは違いますが・・・
それでも、それなりの味がする、お手軽ラッシーです。

ひとりの方が、ミントを持って来てくださいました。
グッドタイミングです。

ストローを持参しました。
黒いストローです。
白いラッシーに、緑のミント、黒のストローで、大人!?

P1100531


たくさんできました。
「チキンナゲット」です。

市販のタンドリースパイスを使った、お手軽なチキンナゲットです。
ささみを包丁で、いい加減にたたいて作ります。
ちぎっていれた大葉が、味のポイントになります。

P1100519


チキンナゲットに添えたのは、「キャベツのザブジ」です。
インドの家庭料理、インドの野菜炒めです。
クミンシードを使って炒めただけの、シンプルな炒め物です。

P1100522


「セロリのピクルス」です。

セロリを刻んで,ラー油やごま油と混ぜただけのピクルス。
今回は、カレーのお供に作ってみました。

P1100523


「はと麦のサラダ」です。

本当は、キヌアで作りたかったのですが・・・
何でも、テレビでキヌアを特集したらしく、
今、市場から消えてしまって・・・

代わりに、はと麦を使いました。
ひじきと野菜と一緒に,さっぱり味に仕上げました。

夏は、ひじきの煮物よりも、こんなさっぱり味のひじきの方が、
食が進むような気もします。

P1100534


簡単なサラダを作りました。
生わかめも添えました。

コス○○で買う、焼いてあるカリカリベーコンをトッピング。
長いベーコンを、キッチンはさみでちょきちょき切って使います。
これ、このままで食べられるので、便利です。

P1100543


「梅酢利用の梅ドレッシング」をかけていただきます。

梅干しを漬けた梅の汁、これを利用したドレッシングです。
野菜、はちみつで、味を柔らかくします。
粒マスタードを入れて、少しだけパンチを効かせます。

市販のドレッシング、おしゃれな瓶に入って、1本700円ぐらい。
どばどばかけると、あっという間になくなります・・・

でも、手作りドレッシングだと、その点、安心&安全、そして、安い!
残り野菜で簡単にドレッシングができます。
味もお好みにできますし、オイルも控えめにできます。

P1100537


「バナナケーキ」です。

これは、わたしが朝から焼いて持っていきました。
久しぶりに焼きました。

ボウルの中に材料を入れ、どんどん混ぜていくだけのケーキです。
家で焼くケーキは、こんなケーキが一番だと思っています。
何たって、お気軽ですから(笑)

写真にはありませんが・・・
チャイも作ってみました。

ピンカートン・スークのアイロン印のチャイで作りました。

なぜ、アイロン印・・・なのか・・・?
聞かれたけれども、わかりません。
次、スークに行ったら、聞いてみます。

あ〜、スークのカレーが食べたい。

誰か、スークのカレー、食べにいきませんか〜っ!?
・・・って、わたし、食べたくなったら、
ときどきふら〜っとひとりでも出かけます^^

・・・

写真は、ありませんが^^;
「らっきょう」の付け方の実演もしました。

・・・

「おいしいテーブル」では、
「イラン風ヨーグルトカレー」「アルネカレー」と作り、
今回の「夏野菜のカレー」が3回目です。

どのカレーも、カレールーを使いません。
スパイス使いのカレーは、その出来が毎回違うから、楽しい!

今回使ったスパイスは、
ホールクミン・クミンパウダー・チリパウダー・コリアンダー、
それから、最後にガラムマサラを加えました。

今、ちょっと大きめのスーパーで手に入るスパイスです。
自分で調合してもいいし、ガラムマサラだけでも、
おいしいカレーができます。

・・・

市販品を買うってことを、否定するつもりは全くありませんが・・・

家でできるものは、作ってみるってのも、ひとつの手だと思います。
作ってみると、以外と簡単ってこともありますし。

カレー、ラッシー、チキンナゲット、ドレッシング、らっきょう・・・
買えば簡単に手に入るけれども・・・

あえて、作ってみるってのも、ある意味の「楽しみ」です。

失敗しても、明日があるさ。
明日、作れば、おいしいのができるかもしれない。
または、できないかもしれない。

そのときは、楽しみが先延ばしされるだけと、考える。

あくまでも楽天的に(笑)

お家は、そう言う意味での、懐の深い「実験センター」でもあります。

おいしいテーブル5−9

P1100442


前回は、静岡行きで、わたしの「おいしいテーブルは」お休みでした。
ので、2ヶ月ぶりの「おいしいテーブル」です。

お魚,それも、手に入りやすいサバを使ったお料理です。

「サバのカリッとムニエル・ラビコットソース添え」です。
サバは、一匹ごと買って、頭とお腹を出したのを持っていきました。
それを、みなさんで切り身にしていただきました。

P1100439


付け合わせは、ズッキーニです。
生のままのズッキーニをリボン状にしてフレンチドレッシングで和えたの、
それと、炒めたのと、両方を添えています。
↓ちょっと長めだったアスパラの根元も、むだなく使っています。

ラビコットソースは、少しゆるめだったので、
このように、グラスに入れていただきました。
おしゃれになりますね。

P1100450


レストランのような盛りつけです。
日頃の食べ歩きが役に立っているようです(笑)

P1100446


「アスパラのオーブン焼き」
今とってもおいしいアスパラを焼きました。
世羅のアスパラ、おいしい〜ですよ^^

上には、チーズを乗せて焼きました。
ブラックペッパーも少し振りかけています。

P1100459


卵は半熟です。
オーブンでの火の入れ方の加減が難しいのですが、
ちゃんとできました。花まるです。

これは、朝ごはんにいいですね。
また、じゃがいもの茹でたのなどを添えて一緒に焼くと、
ブランチにもいいですね。

P1100452


「新玉ねぎのドレッシング」
今、新玉ねぎがおいしいので、それを使ったドレッシング。

今回は、豚しゃぶとベビーリーフにかけてみました。
さっぱりしています。

P1100445


「トマトの冷たいパスタ」
完熟トマトをオーブンで焼いてソースを作ります。

残念ながら、今の季節、完熟ではなかったので、味は薄め。
梅雨から夏、真っ赤に熟れた完熟トマト、
それがうんと安くなったら作りたいトマトソースです。

冷たいパスタは、カッペリーニを使います。
これ、ソーメンでもおいしいです。
その場合は、バジルのかわりに、青じそが合います。

P1100455


「にんじんのしりしり」
くるみ入りのしりしりです。

これ、クリームチーズとよく合うんです。
それに、ブラウンのパンがよく合うんです。

偶然にも、
町田パン工房さんが、胚芽粉入りのパンを持参くださいました。
ですから、一品増えました^^

P1100466


「ミルクゼリーのぶどうシロップ」
はちみつ入りのゆるゆるのミルクゼリー。
それに、種無しの皮も食べられるブドウでシロップを作ります

ゆるんゆるん、とろんとろんのゼリーに、
レモンの利いたぶどうシロップが、ちょっとおとな味です。

P1100475


花かんざしさんが、イチゴを持参くださいました。
甘〜いイチゴです。

今回は、季節をちょっと前どりした、夏向けのメニューでした。
昨日は、気温が28度あり、ちょうどよかったです。

来月は、ぐうぅ〜んと暑くなるんでしょうね。
夏に負けないメニューを考えないと・・・




5−7「お家おいしいテーブル」

P1100003


先週の土曜日は、「お家おいしいテーブル」でした。

花レンコンを、工作のように作ってみたり・・・
薄焼き卵を、おっかなびっくり作ったり・・・

そして、無事、テーブルの用意ができました。

春だから、金のプレイスマットと金の箸置きで、キンキラ(笑)

P1100012


ちらし寿司、春の野山のように盛りつけます。
ロマネスクも飾ってみました。

P1100007


ホタテのカルパッチョです。
こちらにも、ロマネスクを。
飾りに使うと、かわいいですね。

P1100011


ロール白菜、トッピングは、糸唐辛子。
これは、まねっこです^^

P1100017


菜の花の白和えです。

P1100019


清美オレンジ使いの酢の物です。
柑橘によって、味が変わります。
はっさくだと、もう少しパシッと下味になります。

P1100016


今回は、お家ということもあって・・・

スペインのブリュット(スーパークリングワイン)や、
白ワインが並びました。

5人で2本空けちゃいました^^

プラスαメニューとして、牛のたたきを作りました。
お酒と、合います(笑)

お家だと、少人数ですので,いろいろなおしゃべりができます。
今回は、お酒も入って、夕方5時頃まで、ぺちゃくちゃしゃべっていました。


5−7「おいしいテーブル」

P1090954


おひな様には、間に合いませんでしたが・・・
春のちらし寿司を作りました。

今回のポイントは、錦糸卵をきれいに焼くこと。
それから、もうひとつのポイントは、盛りつけ。
立体的に盛りつけをすることでした。

母たちの盛りつけは・・・
ちらしのごはんを、まず、お皿に盛って、
その上に錦糸卵を全面に散らして、
その上に、えびだの、さやまめだの、散らすスタイル。

最近、よく見かけるのは、ちょっと違った盛りつけの仕方。

P1090971


公民館に、たまたまあった黒い器(プラスチックですが・・・)
それに上手に盛っていただきました。

まず、ごはんを盛って、その上に、錦糸卵の山を3カ所作ります。
錦糸卵の山に立てかけるように、
酢れんこん、花にんじん、えび,さやまめなどを盛ります。
あくまでも、立体的に。

サラダ水菜をさっとゆでて、水気を絞ったのも,飾ります。
春らしさを出すためにです。

最後に、いくらで、飾り付けの仕上げをします。
これで、一気に、春の野山のような「風景」が出来上がりました。
イメージ通りの「春のちらし寿司」になりました。

P1090955


みなさん、真剣な顔で、盛りつけています。
楽しい時間ですね。

錦糸卵も、家では茶色になるぅ〜〜〜なんて方もいたけれども・・・
ベテランの主婦さんの指導のもと、きれいな錦糸卵ができました。

錦糸卵を、いかにきれいに焼いて、それを、糸みたいに切るかどうか!
これが、ちらし寿司がおいしそうに見えるかどうかの、「分かれ目」
だと、わたしは思っています。

P1090981


ホタテのカルパッチョです。
ホタテをさっと湯に通します。
冷凍のホタテ、生だと、エッジのところが、ぐにゃ・・・となるのですが、
湯通しすると、形がちゃんとなるので、好きです。

ほんの少しの手間ですが、湯通しすると、端がちゃんとして、
盛りつけたときに、お皿にべちゃ・・・とならないのです。
お皿に、べちゃとなったホタテ、見かけ、悲しいですからね。。。

ドレッシングには、
ゆずの絞り汁、それにはちみつ、塩こうじを使いました。
優しい味になります。

上には、ベビーリーフを盛りました。
が、買ったベビーリーフが、ベビーじゃなくて・・・
中学生ぐらいのサイズだったので、盛りつけが大変みたいでした。

それでも、きれいに盛っていただきました。

P1090967


菜の花の白和えです。
この季節、菜の花のちょっとした苦みがいいですね。
豆腐・すりごま・白みそを混ぜただけの、簡単白和えです。

プロの作る、まろやかな白和えとは違いますが、
お家では、こんな5分もあればできるような,インチキ方法、
これで十分だと、わたしは思っています。

今日は、久しぶりに寒くなったけれども、
そんな中にも、春を感じさせる、菜の花です。

P1090975


柑橘を使った酢の物です。
今回は、紅はっさくを使いました。

この季節、はっさく、伊予柑、もう少しすると、夏みかん、
ときどき、酸っぱいのに当たります・・・
そんなときは、酢の物にするといいです。

はっさくの色を大事にしたいので、にんじんはほんの少し入れます。
今回は、大根の量に比べて,はっさくの量が多すぎました。。。

P1090964


白菜ロールです。
白菜をオーブンで焼いて、甘みを出し、きのこやささみを巻きます。
だしで煮て、とろみのスープをかけます。

ローカロリーの一品です。
オーブンで焼いているので、白菜が水っぽくなりません。

いくらをトッピングして、おしゃれになりました!

P1090989


錦糸卵用に、卵を20個買いました。
きっと、茶色い失敗の錦糸卵が、少しできるから、
スペア用の卵が必要かな!? なんて思ったからです。

が、パーフェクトにできました。
ので、卵が余りました。

白菜ロールのささみときのこも余りました。
時間があれば、茶碗蒸しを作りたかったのですが・・・
少々時間が厳しい・・・

ので、スパニッシュオムレツ風に、卵を焼きました。
直径30センチのフライパンで、弱火でじっくり焼きます。

和太鼓の達人がいます。
その方の腕力!?にお願いして、ひっくり返してもらいました。
手を痛めている、わたしには、無理な作業でした・・・感謝

じっくり弱火で焼いたので、きれいに焼けました。

・・・

お料理は、お料理自体・器・盛りつけ・出すタイミングなどなど、
いろいろな要素が全部合わさって、美味しくなると思っています。

公民館では、器は限られますし・・・
出すタイミングも、なかなか難しいところがあります。

ので、お料理自体を丁寧に作ること、
そして、最後の盛りつけを、いかにきれいにすること、
このことに、結構力点を置いています。

みなさん、公民館の数少ない器の中から、
それでも、その中から、一番合うと思う器を選び、
それに合った盛りつけを、一所懸命に考え、盛りつけていただきます。

本当に、厳しい条件の中で、きれいに盛りつけていただきます。

お家に帰られたら、器のチョイスも違うでしょうし、
お料理のタイミングも、もっとよいタイミングで出せると思います。
ですから、もっと、もっと、素敵になっていると思います。

たかが、器、たかが、盛りつけ・・・かもしれませんが・・・

されど、器、されど、盛りつけ・・・だと思っています。

普段のサラダも、普段のお漬物も、普段の煮物も、
器をちょっと変えるだけでも、また、盛りつけをちょっと変えるだけでも、
全然違う「景色」が見えてくると思います。

・・・

何でも「旬」があると思います。

例えば、洋服です。
今、肩パットの入ったジャケットは、恥ずかしくて着れない・・・
でも、一時は、ソバージュのくるくるヘアーに、
肩パットのジャケットを着て、それが、「旬」だったんですよね。

器や盛りつけにも、「旬」があると思います。

器も「旬」のない、ずっと使い続けられるものもあると思います。
が、
時代から、取り残されたような、器もあると思います。

昔、結婚式の引き出物でいただいたような器、
ドーナッツ屋さんからもらった器、景品の器などなど・・・

そうそう、以前流行った、ヨーロッパブランドのメーカー、
無地ならいいけど、花柄のとか、イチゴ柄のとか・・・
あれも、今じゃないかも・・・

好き嫌いもあると思うけれども、器一枚、「旬」があれば、
食卓がだいぶ変わると、わたしは思っています。

が、先立つものがねぇ・・・ないとねぇ・・・・・
そこらが、難しいところですねぇ・・・
我が家にも、「旬」から、取り残された器が・・・ありまっす。。。
はぁ〜、全部とは言わないけれど、少し入れ替えたい。

春ですものね・・・




5−6「おいしいテーブル」

P1090552


☆広島では、プロフーズ(祇園店・五日市店)にて、
 竹の皮の取り扱いがあるようです。

寒い寒い中、「おいしいテーブル」にたくさんの方が集まりました。

寒い中ですので、湯気がばんばん立つ、そんなお料理、
「中華ちまき」です。

う〜んと昔、たぶん、雑誌オレンジページが創刊された頃、
記載されていたレシピをヒントに、作り続けているちまき。

竹の皮で包むのがポイントかな!?
今回は、九州の都城で、竹の皮を買いました。

P1090562


竹の皮を開けてみると・・・
もち米もっちりのちまきが見えます。

具材は何でもいいんです。
今回は、豚・干しえび・タケノコ・にんじん・干し椎茸、
白ネギ・グリンピース入り。
グリンピースが、見えてない。。。

銀杏とか入れると、おいしさが増します。

P1090558
「あぶら鶏」を煮ました。

酒・醤油・油(オイル)を1:1:1の割合で入れて、
しょうがスライスを加え、鶏もも肉を煮る、
それだけの簡単レシピです。

今回は、あぶら鶏で出た、煮汁、これをちまきの味付けに使いました。
市販の顆粒コンソメでもいいのですが、
このような自家製の煮汁があると、よりコクが出ておいしくなります。
煮豚の煮汁でもいいですね。

P1090553


付け合わせには、「炒めなます」です。
フライパンで、ちゃちゃかちゃ〜と作るので、簡単です。

普通のなますだと、野菜に軽く塩を当てて水分をしぼって・・・
この手間が省けます。
炒めて、自家製すし酢を入れるだけです。
めちゃ、簡単です。

あっ、あぶら鶏も簡単だけど、こちらも簡単です。
簡単すぎて、レシピに書くのも、ちょっと恥ずかしい(笑)

「白菜のとろとろスープ」持つくりましたが・・・
写真、取り忘れです^^;

しいたけの戻し汁に、白菜とごはん少々を入れてとろとろに煮ます。
それをフードプロセッサーにかけて、ポタージュ状にします。
その中に、鶏ミンチの団子を入れるだけです。

鶏ミンチは、塩こうじで下味をつけます。
塩こうじの、こうじがつなぎの役割をするので、片栗粉とかは入れません。

ミンチの中には、えのき茸・ねぎ・きくらげを刻んでいれます。
団子の食感をよくするために野菜を入れるのですが・・・
実は、これは、カロリーをうんと低くするための、増量でもあります。

このスープ、評判がよかったのに、写真がない。。。
ちょっとショックです。

P1090564


「チョコシフォンケーキ」です。

たっぷりの純ココアを入れます。
ですから、シフォンにしては、しっかり目のシフォンになります。

生クリームをゆるく泡たてたのを添えます。

これ、できたて、ちょっと温かいのを食べるとおいしいです。
もちろん、冷めてちょっとしっとりしたのをいただいてもグーです。

・・・

今回、中華ちまきの、竹皮で巻くの、わいわい言いながら作りました。
両手で「まち」をつまみ、くるっとひっくり返すのですが・・・
そこのあたり、文章にしにくいのです^^;

でも、やってみると、以外と簡単・・・かな!?

三角形の形のもできますが、めんどくさければ、
竹の皮のおにぎり包みのような形でもできます。

でも、やっぱり、三角の形がかわいいですね。

このちまき、3合のもち米で、大きめのちまきが10個出来ます。
これを冷凍しておいて、チンして食べるのもいいですよ。

我が家は・・・

朝寝坊した朝、冷凍庫から、このちまきを2個出して、
「お弁当だよ〜」って、オットに持たせます。
あはは・・・の超手抜き弁当です(笑)

5−5「お家おいしいテーブル」

P1090486


引き続き、土曜日は、自宅での「おいしいテーブル」

公民館と違うのは、少人数ということ。
3名の参加ですから、お話しがいっぱいできます。

それと・・・ノンアルコールですが、ビールがつきます(笑)

P1090495


たいしたものは持ち合わせていませんが・・・
器が違うので、お料理もちょっと違った雰囲気になります。
こちらは、小田鹿焼です。こんな素朴なお料理に合うと思います。

こちら、「水で煮ただけ・スペアリブ」です。
白髪葱、カッターを使って切ったのですが・・・
なかなか旨くできません^^;

P1090489


昨日と同じメニューです。

P1090493


のっぺい汁です。

P1090492


大根めしです。

P1090496


自宅では、もう一品、プラスアルファメニューがあります。
昨日は、「キッシュ」を焼きました。

これは、イギリスに行ったときに習った、素朴なレシピです。
お家にある材料でできるのが、ポイントかな!?

こちらは4分の一ずつ、お持ち帰りいただきました。

・・・

自宅では、少人数だから、いろいろなおしゃべりができます。

昨日、まずは、ディープなスーパーについて、大盛り上がりしました。
聞くところによると、いいものが、お安いらしいです。
これは、行ってみなくては!

その後、お食事のときも、ゆっくりと時間を気にせずにおしゃべり。
片付けて、コーヒーを入れて、また、おしゃべり。
おしゃべりがつきません。

そして、お家では人数が少ないので、お持ち帰りのお料理が多めにあります。
皆さん、少しずつお持ち帰りいただき、夕食の一品にしていただきます。

公民館で、がやがややるの楽しいし、お家での少人数も楽しいです。
それぞれの形の「おいしいテーブル」です。

5−5「おいしいテーブル」

P1090467


お正月明けの最初の「おいしいテーブル」
今回のテーマは、和食。
地味なお料理が並びます。

「のっぺい汁」です。
いりこと昆布でとっただしに、
干し椎茸・里芋・にんじん・大根・ごぼう・こんにゃくを煮込みます。

味付けは、塩と、たらりとお醤油のみ。
しっとりとした味付けです。
派手さは、ありません。

いわゆる、ぱっぱっぱの粉のだしになれている口には、
かなり薄い、と感じる味だと思います。

P1090469


「大根めし」です。
今、おいしい大根を大きめに切ってごはんに炊き込みます。
こちらも、かなり地味な味です。

P1090479


写真右奥、「白菜の胡麻和え」です。
白菜のおいしい季節、ぜひ作っていただきたいおかずです。
地味ですが、おいしいです。

手前、「芽ひじきと豆苗のおかず」です。
こちらは、シンプルに塩味です。
食べるときに、レモンをしぼります。

これは、何かの本で見たのを、再現してみました。
最初、塩味のひじき!?と思いましたが、これがいけるんです。
レモンをしぼると、おとな味になります。

その手前、「カリフラワーのカレーマリネ」です。
旬の野菜カリフラワーをピクルスにします。
カレー味です。

P1090465


「ささみの煮物」です。
ささみと固めの豆腐に片栗粉をまぶし、フライパンで焼きます。
そこに、かつおだしのとろみのつゆをかけます。

芹の茹でたのと、ゆずの刻んだのを乗せました。

こういう上にのせるものですが・・・
その切り方に、美しさが出ると思います。
きれいにゆずを切っていただきました。美しいです。

P1090463


「水で煮ただけのスペアリブ」です。

これ、皆さんが聞かれます。
えっ、塩も何も入れないんですか・・・って。

はい、水とスペアリブのみです。

上には、白髪葱を乗っけて、お醤油とからしでいただきます。
これ、簡単すぎるけど、旨すぎる!のです(笑)

白髪葱、去年暮れ、白髪葱カッターというのを買いましたが、
上手に使えませんでした・・・(涙)

で、教えていただきました。
さすが、「白髪葱部長」は、上手でした!
経験値が高いですねぇ〜♪

今回、デザートがなかったので、金時豆を煮豆にして持って行きました。
残念ながら、写真がありません。。。忘れました。

・・・

和食ですから、今回は、見た目に派手さはありませんでした。
そのせいかな?・・・参加者も少なかったです。

実は、年初め、かなり「力」を入れたメニューのつもりでしたが・・・
やはり、地味だったのでしょうか・・・

ひとり「力」を入れすぎました。
こういうもの、いけませんね・・・笑

こういう中、さすが!に目がいきました。
白菜の胡麻和え、ザクザクと切れば、いいのですが・・・

白菜の葉っぱと白いところと分けて・・・
白いところを繊維に沿って、縦方向に丁寧に切ってくださる方いました。
これで、水分の出方が違うんですよね。
その結果、食感が違うんです。

こういうところを、丁寧にしてくださるのを見ると、
すごくうれしくなります。
・・・かなりマニアックな世界ですが、わたしは好きです、この世界(笑)

そんなこんなで、今年の「おいしいテーブル」もスタートです。





忘年会

IMG_0281


土曜日は、「おいしいテーブル」の忘年会。
この会は、食べることが好きな人が集まる会ですが、
飲むのが好きな人も、多いです^^

デザートは、わたしの大好きな「プラリネのアイスクリーム」
これを用意していただいておりました。

が、このお店でわたしが好きなのは、実は・・・
「ピスタチオのアイスクリーム」だったのです。。。
オーナーの思い違いかな!?と思いましたが、
その好意は、ありがたく思います。

で、「プラリネ」ってなんですか?って聞かれて、
生チョコ、って答えたんですが、どうも違っていたようです。

アーモンドやヘーゼルナッツのクリームのようです・・・苦笑

ベルギーで、プラリネという種類の生チョコを食べました。
甘い物にあまり興味のないわたしですが、これは別格です。

ベルギーのあちこちで、チョコレート店に入っては、
2粒ほど、手のひらに乗っけてもらって、生チョコを買いました。
で、すっかり、プラリネは、生チョコと思っていたのです・・・
間違ってすみませんでした。

さてさて、忘年会ですが、総勢11名の参加で行いました。

皆さん、楽しい方ばかりです。

会の途中、ふと思って、質問をしてみました。
「どうして、知り合ったのかな!?」

もう、ずっと昔から知っているような気分の皆さんですが、
実は、出会いの最初が、あったはずです。
それって、なんだったけ!?

出会いの場は、「このブログ」を通じての方がほとんどでした。
ありがたいことです。

これからも、ずっとずっと、仲良くして行きたいですね。

IMG_0276


お料理は、カジュアルフレンチなのでしょうか?
でも、これは↑アヒージョのようなお料理でした。

☆後の写真は、うまく撮れていませんでした^^;

・・・

この会には、たくさんの「お得意」を持った方々がいます。
今回提案したことがあります。

「美のテーブル」をしてほしいと、お願いしました。

皆さんに聞いてみると、お化粧、わからないことがいろいろあるみたいです。
でも、デパートとか、お化粧品店では、薦められ、売り込みをされること、
これがいやって思っている方が多いのです。

そこで、売り込みいっさいなし、自分の持っている化粧品でどうにかする・・・
そんなお化粧教室を開きませんか、と提案しました。

ここで、びっくりしたのですが・・・

アイシャドウ、アイライン、マスカラをしない人、したことない人、
そんな人が、結構いたことです。

まあ、わたしも、つい最近まで、何もしませんでしたが(笑)

でも、歳とともに、だんだんと「さみしい顔」になるのです。
本人は幸せなんだけれども、「不幸顔」になるのです。

今更、今以上に美人に見せたいとか、そんな思いはないです。
ただ、暗く沈んだ顔は、自分のみならず、人もいやでしょ。

ですから、わたしの目指す「美のテーブル」のモットーは、
「目指せ、しあわせ顔!」です。

来年は、この分野にも、力を入れて行きたいと思います〜♪

・・・

この美についての話しの中で、大間違いをしました。

まつげを上げるビューラーのことを、ピーラーと言ったのです。
あ〜、次から、「おいしいテーブル』で、ピーラーを使うたびに、
みんなから、からかわれそうです。

・・・

アイラインを引くのが、難しいです。
その話しをするときに、例えた話しですが、大笑いされました。

「干し椎茸、あれを水で戻すじゃろ・・・
 あの上にアイラインを引くような感じなんよね・・・」と。

悲しいかな、57歳のまぶたにアイラインを入れようとすると、
干し椎茸を水で戻した状態のシワシワがあるところに、
まっすぐな線を引かなくてはいけないのです。

これ、想像するだけで難しいでしょ。

皆さん、大笑いでしたが、これが、現実難ですよね・・・


5−4「おいしいテーブル」

P1090315


12月の「おいしいテーブル」は、やっぱりクリスマス!
今回は、お手軽にできる、そんなメニューを考えてみました。

↑「チキンマリネのオーブン焼き」
鶏の手羽先をマリネして、それをオーブンで焼くだけ。

ポイントは、手羽先にキッチンはさみで切り込みを少し入れ、
食べやすくするってこと、ぐらい・・・

新じゃがもマリネして、一緒にオーブンで焼きます。
オーブンで、チキンとじゃがいもと両方いっぺんにできるから、
忙しい季節、便利ですねっ^^

P1090299


↑「タリアータ」牛の薄切りのイタリアン前菜
牛もも肉を焼いて、薄切りして、盛りつけただけの、
こちらもお手軽お料理。

上にかけるのは、バルサミコ酢とはちみつを煮詰めて作るソース。
これは、作り置きができるから作っておくと便利かも。

パルメザンチーズの薄切りが、おいしさを増してくれます。

P1090303


↑「白いスープ」
白インゲン豆や、白い野菜を入れたスープです。

今回、野菜屋さんから教えてもらって知ったことですが、
カリフラワーって、冬野菜だそうです。
知りませんでした。

スープは、鶏手羽先を煮込んで作りました。
手羽先は骨付きですから、コラーゲンたっぷりのスープが取れます。

P1090275


スープを取った手羽先で、簡単なサラダを作りました。
きゅうりとセロリ、それに、手羽先をほぐしたのを、
にんじんドレッシングで和えました。

手羽先って、お安くて好き。
それに、
スープとサラダまでできて、ますます好き。

P1090291


↑「ピンクりんご」
紅玉を煮ただけです。
煮ただけですが、これを3日ぐらい冷蔵庫に入れておくと、
りんごが、かわいらしいピンク色に染まります。

皮から色が出てくるんです。
その皮は、手でもつるんとむけます。

P1090318


こちらのような、かわいいピンク色になります。
バニラアイスクリームを添えました。

アイスクリームの上には、タリアータで作った、
バルサミコソースをかけています。
大人味のデザートになります。

P1090286


こんな素敵なデザートをご持参いただきました。
アプリコットを使った焼き菓子です。
買ったみたい!

お誕生日の方がいらっしゃったので、みんなでいただきました。
masakoさん、おごちそうさまでした。

P1090280


これ、手作りのお漬け物です。
こちらもご持参いただきました。

ツユマメさん、おごちそうさまでした。

これは、ごはんが欲しかったぁ〜〜〜
これで、お茶漬けを「しめ」にしたら、おいしかっただろうなぁ・・・

・・・

今年の「おいしいテーブル」もこれで終了。
後は、うふふ・・・忘年会です。

こちらは、飲み番長のKちゃんが手配してくれました。
秋の飲み会は、宴会部長のSさんが手配してくれました。

こんな風に、いろいろな会を提案していただいて、
わたしは、楽ちんさせていただいています。

わたしは参加しませんが・・・(疲れちゃって・・・ーー;)
放課後部長もいて、「おいしいテーブル」の後の放課後活動もあるみたいです。
たいていは、どこかにお茶に行かれるようです。

「おいしいテーブル」であれだけ食べて、よくまた、甘い物を・・・
と、思いますが・・・
甘い物は、別腹なんでしょうね(笑)

・・・

さて、来年は、何をしようかな〜ってもう考えています。

和食が世界遺産になったということ。
「あたりまえでしょ!」って思います。

1月は、基本の基本で、和食にしようかな?
考える時間が、また、わたしの楽しみでもあります。


5−3「お家おいしいテーブル」

IMG_0065

昨日は、家での「おいしいテーブル」
3名の方の参加でした。

お片づけをすませた後、
コーヒーやミルクティーなどお好みの飲み物を入れて、
ゆっくりとデザートタイム。

いろいろなお話が飛び出します。
昨日は、すっごくうれしいお話が飛び出して、
みんなでお祝い気分!

↑「ほうじ茶プリン」です。
容器が違うと、また、雰囲気が変わります。

IMG_0054

お料理は、同じく蒸し物。
盛りつけも、昨日の盛りつけを参考に^^

IMG_0062

「豚とレンコンのコンソメ蒸し」
これは、お食事を始めてから蒸し始めます。
ですから、熱々です。

こういうところが、公民館でお料理するのと違います。

「お家」でするときは、もう一品作ります。
夕飯に一品添えていただけるような、そんなメニューを考えます。

昨日は、「里芋コロッケ」を作りました。
全部で31個できました。

6個の人、8個の人、12個の人、
家族の人数に合わせて、それぞれ都合のいい数もって帰ります。

ゆっくりおしゃべりを楽しんで3時頃解散。
11月の「おいしいテーブル」が終了です。


5−3「おいしいテーブル」

P1090209


11月の「おいしいテーブル」
今回のテーマは、「蒸す」
せいろを使って蒸して、蒸して、蒸しました。

↑写真左下から時計回りに、
「さといもの和風サラダ」 
 皮付きのまま蒸した里芋の皮をむいて、
 柚子胡椒と合えた、お酒に合う里芋。

「きのこのマリネ」
 エリンギ・エノキ・しめじを蒸して、
 塩こうじとオイルにつけたもの。

「じゃがいもサラダ」 
 じゃがいも・にんじん・ブロッコリーを蒸して、
 ついでに作ったサラダ。

「紅芋の蒸したの」
 島根の実家にできた紅芋、持参していただいたのを蒸したもの。
 おしゃれなポイントになっています。

P1090225


「蒸し鶏(鶏むね肉)とちんげん菜」
 蒸した鶏肉をごまたれでいただきます。

P1090231


「蒸し鶏(鶏もも肉)の塩たれ添え」
 長ネギ・しょうが・ごま油・塩・白だしを合わせた、
 塩たれでいただきます。
 
ちんげん菜をくるくる巻いて、おしゃれに盛りつけました。
小松菜のゆでたのも、一緒に盛っています。

P1090223


おなじく「蒸し鶏(もも肉)の塩たれ添え」です。
盛りつけが違うと、うんと違う印象ですね。

今日は、2班でお料理しました。
それぞれに、蒸し加減、盛りつけ違います。
その違い、実は、わたし自身、すごく楽しみです。

P1090213


「豚とレンコンのコンソメ蒸し」
これからの季節、レンコンがおいしくなる季節、
大好きな蒸し物です。

大好きな理由は、すごく簡単・・・
その割には、ちゃんとしたお料理に見える・・・ところです。

P1090226


「缶詰中華ごはん」
市販の貝柱の缶詰と干しえびを炊き込んだごはん。

P1090236


「ほうじ茶プリン」
ほうじ茶を煮込んで作ったプリンです。

これは、わたしの好きな味。
他の人は、どうかなぁ・・・?

・・・

今回も無事終了。

前回の巻き寿司は、正直、大変でした。
でも、その後、多くの方、巻き寿司を巻いていただいたみたい。
それ、うれしいです!

今回の蒸し物も、少しでも参考になったらと、思っています。

次は、何をしましょう!?
クリスマスかな・・・




お家で

P1090133_1





















初めて、「お家おいしいテーブル」をしました。

お家でできる、一番のメリットは!
ノンアルコールですが・・・ ビールが飲めること、かな!?
公共交通機関で来られた方なら、ノンが付かないビールでもいいかも^^

そして、なんたって、熱々の状態でのお料理が出せることです。

↑オーブンから出したばかりの「はちみつチキン」です。

冷めてもおいしいんだけれども、やっぱり熱々は、もっと美味しい!

P1090127_1





















おつゆも、熱々をお椀にはって出せます。
おつゆは、冷めてもおいしいってことはないから・・・
やっぱり、熱々がいいです。

P1090130_1





















巻きずし、いろいろなのを作りました。
写真撮影用に、きれいに盛り付けていただきました。

☆ただし、写真があまりよくないです(残念)

少人数ですから、ゆっくりとお食事ができます。
公民館では、調理台でお食事ですから、何か落ち着きません・・・

それに、後の時間を気にしなくていいので、
ゆっくりお食事、その後、ゆっくりコーヒータイムが持てます。

昨日は、いろいろなお店、レストランの情報交換ができました。
こんなお話しも、ゆっくりできるからです。

公民館でみんなでワイワイやる楽しさもあります。
自宅でゆっくりやる楽しさもあります。

どちらも、一長一短、かな!?


Profile
Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ