*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

縫い物

秋色の「夏モノ」

日曜日、SCへ、食料品を買いに行った。
少し時間があったので、食品の前に、他のお店をぶらぶら。

お〜、バーゲン始まってる!

若い人向けのSCで、
あと4日で、62歳になるわたしに似合うものなんてないのは、
重々承知しているが・・・

それでも、いちおう、ふら〜っと、見てみる。
⭐️いや、気持ちはふら〜っとだったけど、見るのは真剣そのもの(笑)

今年は、ワンピースが多いのね、スカートも長めでいいわね・・・
などなど、思いつつ、気になったのは、鏡で合わせてみる。

が、やっぱ無理〜〜〜

服そのものじゃないよ、組み合わせだよ、着方だよ、などなども思うが、
やっぱり、素材の持つ軽さ(重量的にの意味じゃなくての、軽さ・・・)
なんて言っていいのかなぁ・・・?

存在感の軽さ、とでも言えばいいのだろうか?

その軽さと、わたしの人生の重さ(単に長く生きているってことだけど)
そのバランスが、なんとも、アンバランス。

う〜む、南国ハワイのハワイ島だったら、ありえるかも・・・
などなど思いも膨らませてはみるが・・・ 

妄想中・・・・・・・・・・・・

SCの喧騒の中、ふと、現実に戻る。
着るのは、ハワイではない。
広島の庶民の町での普段着だ。
ハワイアンではない、演歌か民謡か、はたまた、童謡が似合う街。。。

普段着でも、62歳になるおばちゃんには、厳しすぎる、
SCの若い子の店の、「軽い」服たち。

それでも、妄想と現実の世界を、行ったり来たり、頭の中はする。

「今から、50パァーセントォーォー、オォ〜フゥ〜〜〜!!!」

なんての、お店の若い子の声を聞くと、
おばちゃんも、ついつい、声に引きずられ、店の中を真剣に見る。

で、根性で、そう、ど根性で、見つけた。
七分袖のTシャツ2まい、お家用のタンクトップ1まい。
3まい合計2,500円(税込)

七分袖のは、秋用にとっておく予定。

去年は、秋に着るもの、困ったんだ・・・
って、ちゃんと頭の中に残っていて、
9月用の、秋色の「夏モノ」として、七分袖を2まい買った。

家に帰って、秋色の「夏モノ」パンツと合わせると、
色のトーンもぴったし!

やったねっ!

手持ちのモノと合わせて、少なくとも5通りの着方ができる。
これで、9月の心配はなし。

⭐️一枚は、600円だった。
 あ〜、色違いも買っておくんだったと、後悔・・・
 いや、手持ちの服とは、色が合いにくいかな、とも思うが・・・
 いやいや、一枚600円だよ。
 やっぱ、買いに行くかな・・・
 いやいやいや、バーゲンは今からだよ。
 他にもいいものが見つかる、かもよ・・・

などなど、もうすぐ62歳になるのに、
脳みそを、こんなところに、必死に使っている、わたし、なのである。









小学5年生のミシン

IMG_5986


一番大きな孫は、みぃ〜ちゃん、小学生5年生。
学校の家庭科が大好き。
ミシンも大好き。

なにか、ミシンで作りたい〜〜〜って、学校帰りに事務所に来た。

事務所にある材料で、なにができるかなぁ・・・って、考える。
小さな巾着ならできそうだ。

学校のミシンと使い方が違うから、慎重にね、と声掛けをする。
返し縫も上手にできる。

IMG_5987


ハンカチが作りたい、って言う。

ハンカチねぇ・・・ 実は、簡単そうで難しいんだよねぇ。
端っこを縫わないといけないからね。

わたしは、目打ちを持ちながら、要所要所を押さえながら、
なんとか、ハンカチも完成。

巾着とハンカチを持って、
「楽しかったぁ〜〜〜♪」と、帰る。

・・・

図書館で、小学生のミシンの本を探す。
あれこれ見るけど、参考になるような本は見当たらない。

こんなの作っても、使わないでしょ、ってのばっかり。
困ったなぁ・・・

ままが、ピロケースを作ったら、使える、と言う。

確かに!

次は、ピロケースを作ろうかなぁ・・・





新しいアイロン

IMG_5818


やっとこさ、新しいアイロンを買った。

古いのは、かれこれ10年以上使った。
いやもっとかも・・・ 15年ぐらいかも。

古いアイロンでスチームを使うと、水がぽたぽた漏る。
おまけに、いつもではないが、
その水が、うっすらと茶色時もある。

何せ、バッグ作り、洋服作りでアイロンを使い、
もちろん、普段のアイロンかけも使う。

だから、よく使うほうだと思う。

新しいのも、コードレスにした。
服を作るときには、コードレスの方が、自由が利くから。

さて、新しいアイロンも来たから、
秋冬モノも、何か張り切って作りたい。


ネイビーサルエル縫った

IMG_5824


ネイビーのサルエルパンツを縫った。

今年、どこを見ても、パンツのラインの主流はサルエル、
または、サルエル気味。

流行をすっごく追いかける、ってタイプでもないが、
でも、
パンツのラインは、「今」を映し出すから・・・

やっぱり、サルエル欲しい^^

わたしは、どんなサルエルでも似合うとは思わないけど、
↑このデザインのサルエルは、似合う、と思う。
それに、抜群に履きやすいカッティング。

実は、同じ布の、白に近いシルバーグレーも、同型のサルエルを縫った。

ポリアミドという化学繊維が入ったコットン、イタリー製の布。
布代だと、2枚で4,500円(税込)値段。

多分、10月いっぱい、暖かければ11月半ばまでは着られる。
春は、3月から着られそうだ。

布のいいのが見つかれば、茶やカーキも欲しい。
予算は、4枚のサルエルで10,000円からお釣りがくるぐらい。

この歳になると・・・

ユニ⚪️ロや、Gのお店では、わたしに合うパンツを探すのは難しい。
若い子のお店も、なかなか、これといったパンツは見つからない。
たぶん、カッティングが違うと思う。

お高いお店だったら、
カッティングのいいステキなパンツはいっぱいあるけど・・・

このカッティングのサルエルが好きだし、
お手頃値段でできるから、やっぱり縫おう、と思う。





85歳のサルエル

IMG_5679


事務所で、午後からは、縫物をしている。
今は、サルエルパンツにはまっている。

↑ ポケット、数枚縫ううちに、だんだんと要領を得て、
だいぶスムーズに縫えるようになった。ニコニコ!

IMG_5678


今回は、少し伸び縮みする布で作ってみた。
縫うのは、少しばかり大変、だった。。。

小さめに作って、母に着てもらおうかとも、思っている。

このサルエル、母ぐらいの年齢の人(85歳)でも、
かわいく着れるかなぁ〜って、思っている。

お尻が、ずりっとずり下がるパンツ。
ぴったりとしたサイズ感のテーパードパンツとかと違って、
スキッとした、スマート感はない。

どちらかというと、「どんくさい」感もあるんだけど、
それが、「どんくさ?かわいい」に結びつく、気がする。

ずるっとした感じが、今かな〜って思う。

で、見た目、ずりっとした感じ、履きにくいか、と思えば、
これが、なんと履きやすいのである。

その理由は、たぶん、パターンがいいからだと思う。
友だちにもらった、このパターン、すごくいい。

わたしを含め、4人の人に着てももらったが、
みんな、似合う。

背格好も、年齢も、違うんだけど・・・

だから、次は、85歳の母にチャレンジしてもらいたい、
そう思っている。

・・・

85歳の母、昔のドレメ(ドレスメーキング教室)で、
洋裁を基本から習った人。

だから、
わたしの縫うものは、いつも、信じられない、と言う。
適当にジョキジョキ切って、がーがー縫うから・・・笑

このパンツも、たぶん、信じられん、と言うと思う。

まー、あの世への土産話に、
生きてるうちに、一度は、サルエル履いたら〜って、言うかな!





記事検索
Profile

kinotable

Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ