*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

縫い物

ずり下がりパンツを縫う

IMG_5532


暑いんやら、なんやらで・・・
もー、仕事に没頭できない・・・

これが、61歳の限界か、など、思ってもみるが、
冷静に考えれば、
暑さも、歳も、関係ない・・・気持ちの問題。

で、気分転換にと、
事務所で時間を見つけては、縫物をしている。

孫娘からのリクエスト。
ガウチョパンツ、作って!と。

ウエストはベルトで、後ろはゴム入りで・・・
ポケットも付いていて・・・
正直、めんどくさいデザインだ。

IMG_5531


これが、全体像。

めんどくさいデザインだと、思ったが、縫ってみると、
この夏の暑さの中、ボケている頭に喝!を入れる、
頭の体操のようで、それなりにおもしろかった。

IMG_5535


ひとりだけ縫っても、他の人も欲しいだろうと・・・
ままと、下の娘にも、涼しいお家パンツを、お揃いで作る。

IMG_5536


こげ茶にブルーの小花のリップル生地。
涼しさは抜群のはず。

・・・

友だちが、今年流行りのサルエルパンツの型紙を貸してくれた。
前から見ると、フツーだが、
後ろから見ると、パンツがずり下がっているようなデザイン。

先日、デパートの洋服売り場のお姉さんに聞いたら、
今年は、圧倒的にこのラインのパンツということ。

確かに、あれもこれも、ずり下がったようなパンツのデザイン。
不思議なデザインが流行るもんだ。

が、このずり下がりのデザイン、着ると涼しい。
身体に付かず、風を通し、
この酷暑の夏にぴったりのデザイン。

ファッション界もすごいと思う。

こんなずり下がったラインのパンツを流行らせるんだもの。
で、こんなパンツ持っている人、ほとんどいないと思う。

フツーのパンツだったら、
わたし、こんなのいっぱい持ってるからいいわ、って思うところ、
ずり下がりは持ってないから、じゃあ、買おうかってなる。

ファッション界は、すごいことを仕掛けるもんだ。

で、わたしは、買わずに、
友だちから借りた型紙で、せっせとパンツを縫っている。

パンツを縫う時間、他のことから気分が離れ、
ある意味、いい気分転換になっている。

暑気払い、わたしの場合は、縫物、かも・・・




白のダリア

IMG_5118


先日、熊本の産直所で買った花たち。
白のダリア、白のバラの組み合わせ。

農家の軒先、または、畑の隅っこで咲いたのかな?
あっちこっち、自由な方向を向いている。

産直所でお花を買うときは、
こんな、あっちこっちの自由な花たちが好き。
花屋さんでは、売ってないような、花を見つけるとうれしい。

・・・

夏物の服を全部出した。
出して気が付いたんだけど、家で着るタンクトップがない。
これは、急いで調達しなければならない。

なぁ〜んもデザインされてない、
襟ぐり袖ぐり開きすぎない、狭すぎない、
コットン100%のが欲しいんだけど・・・

探すと、意外と見つからない。
また、見つかったとしても、家でガンガン着られる値段じゃないと、
買えない・・・

ネットで買う手もあるが、
襟ぐり袖ぐりの感じ、布の厚さなど、手に取って見てみたい。
のでので、店舗で探さなくてはならない。

で、見つかるかといえば、簡単そんなのに限って、
なかなか、思うようなのが、見つからない。

あー、面倒だ。

だから、縫うかな・・・なんても思ってみる。

するとなると、布を、ニット布を探さなければならない。
あ〜、何をするにも、
「これっ!」と、納得するものを手にするには、手がかかる。





5分袖にリメーク

IMG_5080


破れたシャツ、補修しました〜〜〜♪

⭐️事務所だから、Xeroxが写ってる〜〜〜笑

破れたシャツについては、こちらから

このシャツは、30年もの。
補修して、後どれだけ着られるのか、???

でも、大事に、大事に着る予定。

・・・

ずぅ〜っと昔、このシャツ、ハワイに持って行った。

ハワイでは、上着がわりにひっかけるのに。
涼しくて、軽くて、洗濯しても2時間で乾くし、いいことずくし。

その時、滞在したのは、う〜んとお安いコンドミニアム。
キッチン付きのアパートホテルみたいなところ。
1泊家族4人で、9,000円だった。

4人で外食すると、結構お高くなるから、
スーパーで食材を買い、キッチンで自炊しながら滞在した。

それでも、たまには、外食に行きたいし、
ちょっと素敵なホテルも覗いてみたいし・・・

晩ごはんを食べたあと、一流ホテルに行く。
一流ホテルで晩ごはんを食べる、予算、は、ないけど・・・苦笑

一流ホテルのプールサイドで、ドリンクを頼むくらいはできる。
あの頃、ドルのレートの関係かしら?
オレンジジュース1杯で400円ぐらいの、おぼろげな記憶がある。

一流ホテルのプールサイドでは、生演奏があったりしていい雰囲気。
その時に、このシャツを着て行った。

すると、ホテルの人に、シャツを褒められた。

このシャツのおかげなのか、プールサイドのいい席に案内された。
その時は、シャツさまさま、と思った。

そんなこんなで、このシャツは、30年間、
わたしと共に、あちこちを旅した。

袖は短くなったけど・・・

また、チャンスがあれば、あちこち一緒に旅をしたい。









シャツ襟のリフォーム

IMG_5085


シャツの襟をリフォームして、スタンドカラーにした。

ビフォー写真、撮り忘れ・・・^^;

ビフォーは、かわいい丸い襟が付いていた。
それも、少しギャザーっぽい襟が。
これが、わたしには、可愛い過ぎた・・・全然、似合わなかった。

それでも、薄くて、夏場にさらっと引っ掛けるのに便利なシャツ。
シャツと書いたけど・・・
形的には、うす手のシャツタイプジャケット、かも。。。

襟がねぇ・・・と、思いつつ、4年間、そのままにしていた。

買ったのは、静岡で。
その時の様子は、こちらから

昨日、お昼ご飯を食べた後、襟をほどいて、
ミシンでがーっとやって、
あっという間に、リフォーム完成。

こんなに簡単なら、もっと早く、するんだった・・・

って、いつも、いつも、いつも、
ぐずぐず、ぐずぐず、ぐずぐず、して・・・
何年も放置・・・

で、いざ、やってみると、実は20分程度の仕事。
もっと早くやるんだった〜と、反省。

しかしながら、この反省が、ひとつも教訓にはなってない。。。

わたしとは、そういう人間なんだ、と、改めて思う。

久しぶりのミシン

IMG_4758


久しぶりに、事務所にあるミシンでカタカタ縫い物。
少し残っていた布を、あちこちつなぎ合わせて、
小さな袋を塗った。

IMG_4759


これ、会社の封筒がちょうど入るサイズ。
また、銀行通帳も入るサイズ。
長財布も入る。

のでので、近所で用事を済ませるときに、
財布・通帳・封筒・携帯程度を入れるのに使う予定。

・・・

家で布の整理をしていて、捨てられなかった布で作った↑
これは、ALDINの布。
すごく好きな布は、ほんの少しでも、なかなか処分しがたい・・・

で、処分しがたいのがいっぱいあるから・・・
事務所が暇なときに、やっぱり少しずつでも、
ちくちく、かたかたするかなぁ・・・

「いい加減」が、わかる人ならいいんだけど・・・わたし・・・

やり始めると、止まらないんだよね・・・
そのあたりの「いい加減」を見つけるのが、ねぇ・・・

いったん縫い始めると、暴走しそうで、怖い。。。



記事検索
Profile

kinotable

Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ