*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

着ること

こげ茶と赤と

IMG_5972


この秋のわたしのテーマ色、こげ茶!

と、思っていたら・・・
意外と見つからない。

↑ これは、やっとこさ見つけた、無印のカットソー。
タートルネックだけど、首のところがゆるっとしていて、
そこが、お気に入りのポイント。

首のところが、フィットするタートルネックは苦手。
こんな風に、首から離れているのが好き。

さてさて、本当は、こげ茶のゆるっとセーターとか欲しいけど、
店頭に並ぶのは、今年は、明るい茶が多い。

明るい茶が流行なんだろうか?

店頭でさらっと見てみただけだけど・・・
今年は、どこも明るい茶のオンパレード。
それに、マスタード色も多い。

明るい茶もマスタード色も、わたしにはイマイチ似合わない。

ではでは、こげ茶は諦めて、濃いカーキなどは?と思うが、
こちらも、今年のカーキは薄めの色。

はぁ〜、また、この薄めのカーキが似合わない。
他にもよく見かけるのが、変に地味なピンク。これも似合わない。

今年の色は、わたしじゃないかもなぁ・・・などなど思ってみるのである。

・・・

↑ 赤いサイザルバッグ、お誕生日にいただいたバッグ。

還暦(去年だけど・・・一年遅れってことみたい!?)の赤。
そして、
カープの赤、ということで。

こげ茶によく合う赤だと思う。

ネックレスも、赤つながりで、赤。

流行色とかあるけど・・・
似合わない色を、無理して着る必要もない。

自分の好きな色、似合う色、
そして、何よりも、今の気分の色を着たい。







着るものない9月

やっと、涼しくなった!?

9月に入り、半ば頃から、10月の今の時期、
日々、着るものに困っている。

暑いんだけど、季節は秋へ移る、この季節に着るものがない。
去年、何を着ていたんだろうと、思う。

昨日の様に、最高気温が26度ぐらいであれば、
わたしは、半そでのTシャツ一枚で十分。
タンクトップだって、へっちゃら。

昨日は、フレンチスリーブのTシャツを着ていた。
季節的には、NGなんだろうけど・・・
いちおう、薄茶っぽい色だったから・・・

9月になって、着るものがないから、
まずは、自分のクローゼットの中を、全部見た。

季節的に合うのは、
2年前に買った、ダークグレーの七分袖の綿麻のサマーニット。

InkedIMG_5894_LI


それ、しか、ない・・・

↑こちら、それを着て行ったとき。

もしやと、処分を迷った保留するクリアケースを開けてみたが、
15年ぐらい前に買った、黒の綿の七分袖のブラウス、
それだけが見つかった。

実は、イマイチな感じで、保留ボックスに入っていたモノ。
なんとか、着られそうな気もしたので、復活!
人から褒められたから、もしかして、いいのかも・・・

で、後は、クローゼットには、服あるけど、
全部、春夏モノの雰囲気。
今の季節じゃないよね・・・って感じ。

9月から、お店を見てはみるけど、
お店のモノは、もう、秋冬のウールモノとかで、
とてもじゃないが、暑くて着られない。

お店は、9月に入ると、もう、完全に秋(暖かい)モードなのね。
だから、9月に、9月に着るものを買うなんて、ありえないのね。

だから、来年の春には、
9月を意識して、少し、色が秋色のモノでありながら、
涼しい素材のモノを、見つけなければ・・・

と、心に、強く誓った、最近一か月なのである。

☆などなど、今は、そう思うけど・・・
 春になったら、そんなことは、桜吹雪と共にどこかに吹き飛び、
 春の気分のモノ、買うんだろうなぁ・・・

 









この秋の衣料計画書

携帯画面のメモのところに、次のような覚書を書いている。
☆実際のメモには、買ったお店名やブランド名を書いている。

・・・

2018 秋冬モノ購入計画

9月初めの秋色、
薄手の引っ掛けモノ、
絶対に必要❗️

パンツ 
コットンパンツは、ある、が、
茶、カーキは、ない
サルエルは、ない

ウールのパンツは、
ネイビー、茶

シャツ
白 
ブルーギンガム
ブルー、買い替え時期
買うなら、シャツ襟


セーター、カーディガンは、
それぞれ1枚ずつ更新予定(見つかれば)

セーター
ベージュタートル
チャコールハイネック
チャコールクルーネック ぼろぼろ!
白タートルネック

カーディガン
ブルーグレー 圧縮ウール
ネイビーVネック
ベージュVネック  ややぼろ

茶 2枚は、ぼろ

厚手コートは、いらない
ベージュ
カーキグレー Vネック
グレーダッフル

薄手コートも、いらない
グレー
ネイビー コットンガーゼ
ベージュ
ブルーグレー
ネイビー トレンチ

秋モノ 短めの軽い羽織りもの ない
色は、カーキ、ネイビー、茶あたり
やんちゃ、ライダース系の形が理想

短めジャケット 厚手
ネイビー 圧縮ウール ライダース形
グレー コールテンジャケット細身
ベージュ ジャケット

大きめブローチがあれば、
よりいいかも

・・・

コート類、ジャケット類は、
20年以上かけて、少しずつ買い足していったモノ。

好きなモノ、自分でも似合っていると思うモノ、
そんなものは、ずっと残る。

その反面、バーゲンとか、ファミリーセールで買った、
妥協の産物は、残らない・・・お勉強しました。。。

・・・

9月初めに、このメモを作って、頭の中がさっぱりした。

この秋の、一番は、9月初めの薄手の羽織だったけど・・・

結局、見つからないまま、夏のぺろんぺろんを着て、
どうにか過ごしてしまった・・・笑

頭に、何が必要かが、しっかりインプットされてるから、
まー、忘れたとしても、
携帯のメモを見ればいいから、すぐに思い出すし・・・

だから、例えば、お店に行けば、
一番先に、軽い羽織ものをチェック。

パンツなら、サルエルか、または、茶とかカーキ色をチェック。
シャツなら、ブルーのシャツをチェック。

カーディガンとセーターは、見つかればと思っているから、
優先順位は、その次。

長いコート類は、厚ても薄てもいらないから、
チェックしなくていい。
まー、一応、見るだけは見るけどね・・・笑

自分のいるもの、欲しいものがわかれば、
たとえ少々お高くても、そちら優先で買える。

・・・

今までの悪いパターンは・・・

「去年、何着てたっけ・・・?」
って、全部を思い出せなくて・・・

それでもって、「好き!」とかで、「流行り!」とかで、
パッと飛びついて、買っちゃうこと・・・苦笑

で、失敗する。。。








見た目・外見の大切さ

IMG_5852


「すぐ死ぬんだから」 内館牧子 著 講談社

年を取ったら「見た目ファースト」。
くすんだバアサンなんて大嫌い!

終活なんて一切しない。それより今を楽しまなきゃ。

78歳の忍ハナは、
60代までまったく身の回りをかまわなかった。
だがある日、実年齢より上に見られて目が覚める。
「人は中身よりまず外見を磨かねば」と。
仲のいい夫と経営してきた酒屋は息子夫婦に譲っているが、
問題は息子の嫁(由美)である。
自分に手をかけず、貧乏くさくて人前に出せたものではない。
それだけが不満の、幸せな老後だ。
ところが夫が倒れたことから、
思いがけない裏を知ることとなる・・・

以上 本の帯より

・・・

ハナの心の声が、とにかく痛快でおもしろい。

「一般老人はなぜお金がないか。
 貯金するからだ。
 年金をやりくりし、生活を切り詰め、
 老後のためにと貯金するからだ。
 まったく、いまが老後だろうが。
 若いうちに切り詰めて蓄えたお金は、今が使い時だろうが。
 八十間近の、さらなる老後に何があるというのだ。
 葬式しかないだろう。」  本書16ページからの抜粋

「一番最低はね、頑張らないブス。わかる?
 同じブスなら、頑張らないブスが最低」
 わたしは「それアンタだよ」と言うように、しっかりと由美を見た。
「お義母様、わたしもブスだからわかるんですけど、
 頑張るブスは痛いだけですよ。
 同じブスならがん頑張らない方が笑われません」
「そうかもね。
 ま、ブスそれぞれでいいんだよ。
 しょせん、頑張るブスは痛いって笑われて、
 頑張らないブスは貧乏くさいって笑われてんだからさ。
 どっちみち笑われるなら、本人の好きがいいよ」
 本書 93〜94ページからの抜粋

読む端から、このような、ハナの心の声、
そして、痛快なやり取り。
読んでいて、楽しくなる。

あとがきには、このようなことが書いてあった。

あるとき、80代中心の集まりに出かけた。
すると、見事にくっきりと二分されていた。
外見に手をかけている男女と、そうでない男女。
外見を意識している男女ほど、活発、笑い、周囲に気を配る・・・

「人は中身」という声はあるものの・・・

「もう年だからいいや」
「自分にはおしゃれは関係ない」という気持ちでいると、
 それは、外見に現れます。
 中略
すなわち、その人の外見に、『意欲』が見て取れるのです。

確かに、外見に気を使っているお歳の方は、
見た目だけでなくて、はつらつとされている方が多い。

話しの展開だが・・・
60歳ちょいのわたしなんぞが、
まだまだ理解できない気持ちもあるが、
ハナの生き方は、小気味いい・・・

途中、落ち込むことがあるが、ぐっと巻き返すのである。
その時、頼りになるのが、「おしゃれ」なのである。
このあたりの心情を読むのがおもしろい。

さて、そんなとき、図書館で予約してた本が、
やっとこさ、わたしの順番となった。

IMG_5851


「洋服で 得する人、損する人」 霜鳥まき子 著 大和書房

40歳を過ぎると、生き方は装いにあらわれる

なんと言うタイミングだろう。
これを、ハナは読んだのだろうか・・・笑

「人は9割見た目であなたを判断しています。」

うっ・・・・・・・・・・苦笑

日々、選んで着る服。
同じ着る服なら、「得する人」になりたい。

そのためには、「幸せ服」を着る。
「不幸服」は、必要ない、ので、処分する。

わたしの服、
わたし自身が好きで買ったはずなのに、今の気分じゃない・・・

それは、買った時と、今のわたしとの「望み」にずれがきている、と、
著者は言う。

なるほど・・・

その人のクローゼットの中は、その人の生活のすべてを表す。

なるほど・・・

わたしの場合、
だいぶ、クローゼットの中身は、取捨選択したが、
まだ、心に引っかかるものはある。

迷えば、それは、「不幸服」と、なる・・・

なるほど・・・

今一段の、「幸せ服」を選ばなければ・・・

読書の秋、スタートに読んだ本としては、
なかなか興味深い本であった。













偽パールと偽ゴールド

IMG_5792


友だちが、ネイビーのTシャツに、
ゴールドのネックレスと、小さなパールのネックレス、
重ね付けしていた。

すっごく、すてきだった!

のでので、わたしも、さっそくまねっこして、
ゴールドとパールのネックレスを買って、つけてみた。

いい感じ〜〜〜

なお、タンクトップは、無印のタンクトップ。

で、
友だちは、本物のゴールド、本物のパール!!!
合計で、10万〜20万!?

わたしは、ゆめ〇ウンのアクセサリー売り場で、
合計で、3,000円からおつり・・・大笑
それも、500円のお買い物券での支払い・・・苦笑

それが、この写真↑

よおく、よおく、見ると、かなりしょぼい・・・

が、
お友だちと、隣同士でなければ、わかんない・・・と、思う。

☆お友だち仲間、みんな老眼だから・・・
 たぶん、わかんない!
 歳をとるのも、悪くないっ! 若い人にはバレバレ・・・笑

いや、わかっても、いいのだ。
しょぼくてもいいのだ。

遠目には、いいアクセントになっていると思う。

ただ、少しばかり、女の子度数が高いから、
他と合わせるときは、うんと、男の子にする。

IMG_5731


サルエルパンツ、茶のベルト、スニーカー、
シャンブレーコート、帆布の大き目トートバッグ。

全部、男の子要素を入れてみた。

いいか、どうかは、わかんないけど・・・

ま、今回は、こーゆーことで。

☆いちおう、首元のスカーフと、バッグの持ち手は、
 くすんだ赤つながり、の、つもり。



記事検索
Profile

kinotable

Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ