*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

着ること

ほんの少しのクリスマス気分

IMG_7914


先日出かけたときに、
PARCOの通路で、ふと目に留まったピアス。

今、ぶらんとぶら下がったピアスが流行りみたいだけど、
きゃしゃな感じの、ぶらんとしたのは、似合わない。
わたし自身が、どこからどー見ても、きゃしゃじゃないから。

これなら、しっかりしている雰囲気なので、いいかな?と。

少しグリーンがかった色で、
ピアスだけ、そう、ピアスだけ、ほんの少しのクリスマス気分。

・・・

月曜日から金曜日まで仕事をしている。
土日は、家のことなどなどで費やし、
たまに、街中へとお出かけ。

なので、普段着以外の服が、ほとんどいらない。

でも、クリスマスシーズンになり、街がキラキラってなり、
そんな時には、普段と違う服も、着たくなる。

ほんの少しのお金と、気持ちに余裕が出たら、
「遊び」の服を、ゆっくり選んでみたい。

と、言いつつ、
普段着のまま、ふら〜っと街に出ていく、のです  笑














街とトレンチコートと

IMG_7759


横浜、日本大通り。
すごい名前の通りだ!

紅葉には、少し遅かったかな?

我々が行った時は、寒かった。
行き交う人は、コートを着て、すっかりの冬支度。

思わず振り返った、トレンチコートの女性。
長年着たであろう貫禄のあるトレンチコート。
それを、さらっと着こなして、さすが横浜。

新しいコートだと、あんな風格はでない、だろうな〜

あ〜、トレンチコートが欲しくなった。

・・・って、トレンチコートは、ずっと欲しいのに、
いまだに、買えてない・・・

今年こそはと、何度か買いに行くが、
あの、パリッとした新しい感じが、嫌なのね・・・
少し着古したような、そんなトレンチが欲しいのね・・・

って、トレンチコートって、自分で育てるものかもしれない。

IMG_7760


横浜のこの景色だから、
トレンチコートが似合うのかもしれない。

広島の庶民の街で暮らしている、わたし・・・
トレンチコートは、合わない、わ・・・タメ息。。。




ダンガリーのシャツ

IMG_7592


シャツを一枚買った。

セーターの色、カーディガンの色、など、合わせる服から、
以前より、ブルー系のシャツをずっと探していた。
しかし、思い描いたようなシャツは見つからなかった。

ダンガリーシャツなら、合うかな?と、思い、これにした。
今のところ、他の服にも合わせやすく、重宝している。

IMG_7591


洗濯しても、そこまで、シワシワにならず、
アイロン無しで着ている。

こげ茶色のパンツと合わせたいところだが、
その色は、持っていない。
ウールツィードのこげ茶のパンツが、いいな〜と思う。

これまた、思い描いたのを探しても、見つからない。
ある日突然、出会うかもしれないので、
それまでは、茶のパンツで合わせるつもり。

・・・

8月に喘息になり、少し痩せた。
見た目には、ほとんど変わりない。

サイズ的には、ウエスト周りの肉が少しばかり減った。
残念ながら、下っ腹の方は、そこまで減ってない。

パンツを履くと、ウエスト周りが緩くなっている。
ので、
パンツを履くと、少しズリ下がる。

このズリ下がり方が、なんとも気持ち悪い下がり方で、
履いていて、なんか、ムズムズする。

サルエルシルエットのパンツが、今は主流。
だから、ズリ下がっても、いいのかと、も、思うけど・・・

普通のパンツが、ズリ下がっているのは、やはり、変。
と、思いつつ、妙にズリ下がっているパンツを履いている。





似合うのはトラディショナル

IMG_7564


衣替えをしたので、セーターにブラシを入れる。

今回の衣替えで、似合わないものを処分。
また、家着に降格したものなどがあって、
ニットの数が少なくなった。

のでので、着る予定のものに、ていねいにブラシ。
大事に着なくちゃ!

・・・

パンツは似合う、と、思ってきたけど・・・
シビアに見つめ直すと・・・

パンツの中でも、
似合うパンツと、似合わないパンツがあることが判明。

一番似合うと思うものは、ストレートなワイドパンツ。
それも、フルレングスのパンツがいい。

テーパードパンツ。
こちらは、靴にかかる丈のもの、少し短めのもの、両方オーケー。

この二つ、ウエスト周りは少し余裕があるもの、
タックがあったり、ジョッパーズ形の、少しゆとりがあるのがいい。
ノータックのピチッとしたのは、似合わない。

その次に似合うのは、くるぶしより上の丈のパンツ。
こちらは、ストレートでも、ワイドでも大丈夫。
ただし、少し、裾広がりのは、あまり似合わない。

と、似合うと言えるのは、ここまで。

逆に、絶対に無理なパンツもある。
スキニーは、ダメ、無理、論外!
若い頃は履いていたけど、年齢的に、すっごく「痛い!」

お腹&お尻周りを隠すために、長めのトップスとの組み合わせだと、
「痛い!」を通り越して、「悲しい」・・・

サルエルも、ダメ。
どう表現していいかわからないけど、「滑稽」に見える。

最近流行りの、コクーン形、バルーンのような形、モンペの形、
これも似合わない。
お家着としてなら、履けるけど、外には出られない。

と、似合うパンツを突き詰めていくと、
普通のトラディショナルな形が似合うんだな〜、と、分析。

そういえば・・・

トップスも、トラディショナルな形が似合う。
上下とも、トラディショナルなんだ。。。

ふぅ〜む・・・

上下の似合うテイストが、同じでよかった。
というか、
上下合わせての、わたしだから、それでいいのか???

・・・

似合う服だけにしたいと思った。
のでので、違和感のある服は、取り除いた。

残った服を仕分けして、分析した結果、わたしはトラディショナル。
面白さに欠ける気もする、が、なんとなく納得もした。

いやあ、これって、20代の頃から、わかっていたことだ。
それなのに、40年間、あちこち寄り道や遠回りをした。

で、結局、振り出しにもどる、へと行き着いた。



違和感のある服の原因

やっと、衣替えをした。

今回の衣替え、
着るたびに、なんとなく違和感を感じていた服を選び出した。
一山ぐらいの量の服が、違和感のある服に選別された。

それらを、次々と鏡の前で、着てみた。
そして、考えてみた。
何が違和感の原因なんだろう、と。

着て、見て、考えてを繰り返すうちに、
違和感の原因は、ラインと長さだな〜と、自己分析した。

Aラインのシルエットの服は、似合わないんだと、自覚した。
はっきりとAラインなら、わかりやすいが・・・
(というか、はっきりのAラインの服は持ってない)

最近のオーバーサイズの服、特にトップス。
身ごろがテントのように広くて、ザクっと着るよう服。

脇下から、裾に向かい、広がっている、Aラインはダメだ。
脇下から、裾に向かい、まっすぐに落ちていれば、大丈夫。

それから、腰より下の丈は、要注意の着丈だ。
以前から、太ももの真ん中あたりの長さの服(チュニック丈)は、
ダメだとわかっていたが・・・

お尻がやっとこさ隠れる程度まではいいけど、
それ以上の中途半端に長い丈はダメだと、はっきり認識した。

丈は、腰丈、お尻の隠れる丈なら似合う。
この丈なら、オーバーサイズのトップスはダメで、
適当に体にフィットするサイズ感が、ぴったり合う。

膝より長い丈の服なら、
ストンとスリムなのもいいし、うんとオーバーサイズもいい。
長さのある服は、わたしの一番得意な服かも、と思った。

それから、襟周りが寂しい服は、絶対にダメだとわかった。
襟周りは、ぐんと高い方がいいとわかった。

パンツも、次々と履いてみた。
これは、また・・・







記事検索
Profile

kinotable

Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ