*青空食堂*

晴れても雨でも、おいしいものいっぱい。 そんな食堂「青空食堂」

介護

要支援、受けるほどではないです

IMG_4399


先日、雪を見に行った帰り。
花の駅公園での様子。
ちょっと山間部だから、梅は、まだまだ。

そこに、高齢のご夫婦。

いいなぁ〜〜〜 梅見のご夫婦。
 このご夫婦にも、いろいろあったんだろうな〜と、
 わたしの年齢になると、思うこと、あれこれ・・・

・・・

実家の母、88歳、この6月には、89歳になる。
今のところ、母は、要介護5、寝たきりの父の、介護をしている。

二世帯住宅の弟夫婦も、
共働きをしつつ、感謝以上に、両親の生活を、支えてもらっている。

そして、ヘルパーさん、訪問看護さんにも、
言葉に表せないぐらいに、親身に、お世話になっている。

そんなサポートをもらいながらの母だが・・・

159センチ(これ昔の身長)で、35キロの体重。
もう、痩せっぽちで、背中は曲がっていて・・・
この、88歳の母自身に、お手伝いがあってもいいのでは?

そのように、わたしは、常々思っていた。

先月、わたしが、実家に行っていた時、
父のケアマネージャーさんが、来られた。

父の話の後、わたしは、切り出した。

「母、母自身に、要支援がいただけませんか?」と。

それに対してのケアマネージャーの答えは、
「はい、申請してみましょう。
 要介護は無理でしょうけど(介護を受けるほどでもない)
 年齢的に、見てる感じで、要支援は、たぶん、取れます。」と。

それで、申請の方向でお願いした。

そして、1週間後、母からの電話、では・・・

だめでした・・・

なぜなら、要介護5の父の面倒を、実際に診ている。
それだけ、頭も身体も、動いているから。

支援は必要なし! との行政判断。

母以上に(たぶん)わたしは、ガッカリきた。
というか、なんといっていいのか・・・
言葉で言い表せないぐらいの、怒り、失望、涙・・・

88歳の母が、必死で、寝たきりの父の介護をしているのである。
この母を、少しだけでもサポートして欲しいと思っている。

例えば、週一の買い物手伝い、週一の掃除機、
それだけで、十分、なんだけど・・・

わたしが、近くにいたら、もう少し手伝いもできると思う。

いやいや、娘なんだから、そーしなさいよっ!
ってのが、世間的に「当たり前」な、ことかもしれない。

わたしの事情として・・・
我が家は、家族経営の零細な会社。
事務全体を担当している、わたしが、仕事を抜ける訳にはいかない。

だから、仕事をしながらの、介護の、
「微力」な手伝いしかない。
「たまに」の手伝いしかない。

介護、そこには、その介護の数だけの、悩みがあるんだろう。

 100歳まで生きる、と、思っていた、わたしだが・・・
 最近は、歳なんてどうでもいい・・・
 介護を受けない、そんな生き方ができれば、と、思う。








バタバタの中の食事

IMG_4373


先週末は、九州の実家へ。
月曜日の夜、広島に帰ってくる。

⇧ 夜は、オットが買っていた、連子鯛、
 唐揚げにしていただく。
 切れ目の方向が、違う気がするが・・・ま、いいか。

火曜日は、怒涛の1日で、ばたばた、ばたばた。
そして、水曜日、祝日でほっとする。

IMG_4374


今朝は、いつものようにお弁当を作って、
さっ、今日も1日がんばらなくっちゃ。

今日も1日、あれこれと忙しいが、後二日でお休み。
やれやれ、やれやれ・・・




実家ごはん

10379C78-22CC-4A3F-AC41-6668FFFA4E46


実家ごはん、弟が作ったもの。
海老芋と牛肉の炊いたん、甘辛味。

93245593-ADD4-411E-87B6-CB3B5FC26FA7


サラダ、生ハム入り、ドレッシングは義妹作。

73309D13-6C22-48DE-A0F9-CDA22922C87E


豚とほうれん草のオイスターソース味、中華風。

5B1C2F30-6089-410B-80BD-A13CAE182655


ばら寿司。
買ってきたものを組み合わせた、みたい!

242446AC-0722-40E2-A2C7-28DD45253813


わたしが作ったのは、アクアパッツァ、のみ。
で、写真撮り忘れ。
なので、鍋のみ 笑

A5C811B1-B3F0-4699-9F39-F14CA2EDFC7B


今朝は、煮豚を圧力鍋で作る。

・・・

寝たきりの父のワガママに、母は振り回わされている。
父に言っても、理解できない。
というか、ワガママいっぱいだったので、理解しようともしない。

母を好きに使って⁈
当たり前だと思っている。
昭和一桁の男は、使えない。

いや、全員がそーなのではないだろう。

我々世代、オットは、甘やかさない方がいい。

と、いうか、お互い協力して、歳をとらないと、と思う。





今年2回目の実家

123D0C93-6E9A-45D4-8398-F515CF83EC5E


木曜日の午後3時過ぎ、広島発の新幹線に乗る。
お正月以来の実家行き。

義妹に、何かお土産と思うが、
甘いものの苦手な、わたしは、チョイスに悩む。

今回は、資生堂パーラーのビスケット。
本当は、チーズケーキが欲しかったけど、売り切れで。

母へのお土産は、
なまこ、メバル、鯛やサワラの切り身。
プラス、冷酒の小瓶。

B47C365D-13DE-4DF4-8FBE-C5D32B47BC47


久しぶりに、おいしい煮魚を食べたと言う。
また、魚を持っていかなくては❗️

義妹には、何にするかなぁ〜
こちらは、本当に、迷う。

 父へのお土産は、八天堂のクリームパン。
 これは、父の大好物。










介護のお正月

IMG_3960


年末年始、わたし一人で九州の実家に行く。

お正月も、朝からヘルパーさんが来てくださる。
ありがたい。感謝!

朝からは、母と二人で、お雑煮。

 鶏肉、干し椎茸、里芋、かつお菜、お餅
 シンプルなお雑煮。

 昼は、残り物を食べる。
 
夕方、最後のヘルパーさんが来られる。
感謝以外のものはない。

その後、父への食事。

IMG_3966


ヘルパーさんが帰られた後、
母が父に、晩ごはんを食べさせている間に、
お正月のテーブルの用意をする。

広島から持っていったお節料理と、
後は、弟が作った、かずのこなどをテーブルに。

父の食事が終わってから、お正月料理をいただく。

・・・

8月に父が家に帰ってきた時、
主治医さんからは、後2週間、長くて1ヶ月と言われていた。

それが、お正月を迎えるところまでと、なった。

その間、88歳の母、弟夫婦が、がんばっている。
わたしも、たまには帰るが、なかなかだ・・・

これから、どうなるのか、どうすればいいのか、
考えてもわからない、日々の連続。

それでも、施設から連れて帰ってよかったというのが、
家族全員の思い。

一人、施設に入れておくのは、忍びない・・・

一人、施設に置いての、我々だけのお正月・・・

それは、ない・・・ そんなことで、ここのお節は、食べられない。







記事検索
Profile

kinotable

Recent Comments
Archives
  • ライブドアブログ